スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンバータNo.60:聖エステラ学院の七人の魔女

2013年3月にアストロノーツ・シリウスから発売された聖エステラ学園の七人の魔女を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=8349560e-2c8b-49b2-ba03-7298b7405e95

※変換作業に入る前に必ず修正パッチを適用してください。



動作状況

・全キャラ、全ルート攻略可能。
・おまけモードは全て実装(一部、機能が異なります)。
・テキストの一部で文字化け、あるいは表示がおかしい箇所あり。
・効果音に一部再現されていない箇所あり。


変換方法

1:コンバータ全ファイル(赤.pngを含む)、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeを各.gxpファイルのあるディレクトリに置きます。

画像変換

2:1_画像合成_7witches.batを起動、立ち絵やシステム画像の合成、切り出しを行います。
3:2_画像変換_7witches.batを起動、画像ファイルを変換します。

ムービー変換

4:5_ムービー変換_7witches.batを起動して、ムービーを変換します。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
各ファイルの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

2_画像変換_7witches.bat

@set size1=1024
@set size2=800
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=768
@set size4=600
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=360 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=600



3_ムービー変換_7witches.bat

PSP        iphone、Android
scale=360:270 → scale=800:600


シナリオ変換

5:1kari1make_7witches.txtをimageutility061.exeにドラッグし、1kari1.txtを作成します。
6:7witches_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。
※7witches_2.plの変換には少々時間が掛かります。

サウンド変換

7:4_サウンド変換_7witches.batを起動して、全ての音楽、音声ファイルの音声変換を行います。


アーカイブ作成

8:arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

9:arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。





聖エステラ学院の七人の魔女とは?
7witches_x00.png
2013年3月にアストロノーツ・シリウスから発売された作品です。
同ブランドはアストロノーツの中心的な存在であり、普段はSLG、RPGを作ることが多いのですが、テキスト形式のアドベンチャーゲームに関してはこの作品のみ発売されています。
ただしアストロノーツは元々アトリエかぐや team HeartBeatの中心スタッフが独立して立ち上げたブランドなのですが、同ブランドは虜の姫、夏神、霧谷伯爵家の六姉妹・・・とダークな雰囲気の作品を何度も制作していて、最も得意なジャンルとすら言えます。

今回の聖エステラ学院の七人の魔女はその流れを受け継ぐ作最も新しい作品であり、随所に作りなれていることが伺える作品です。

すぽコン!とはうって変わってダークな雰囲気で展開次第で主人公やヒロインが死亡したり、過激な陵辱シーンになる事もあります。

・・・この辺りは前回の記事と殆ど変わらないですね。
ゲームの概要自体は変わらないので、ここまではほぼ同じになってしまって申し訳ないです。




7witches_k00.png
前回と異なり、上記の画面が本来の完全版のマップです。
こちらとしては、出来る限り同一のキャラを選び続けてもらえれば・・・・
基本的に、こちらもプレイヤーがそう選ぶことを前提に作らせて貰っています。

ちなみに・・・前回の中途版では一人分の立ち絵の合成処理が抜けていたため、中途版の段階で変換された方はお手数ですが画像変換処理を最初からやり直す必要があります。
お手数ですが、アーカイブ(arc,nsa)の作成手続きをやり直してください。






それでは、キャラクター紹介です。
ヒロインは多めですがキャラは割りと立っているので、混同することは無いと思います。


黒羽 鏡花
7witches_k02.png
聖エステラ学院の生徒とは全てが良家、名家に「買われる」ための商品であり、常に優良であることが実質強要されている。
このためか生徒達には活気が欠け、極めて大人しく振舞っているのが普通で学内は異様な雰囲気に満ちている。

その中で勝気な性格を保ち、それどころかいつかは商品になる自分を誇らしげにアピールしているのが彼女であり、その存在は際立っており、同時に少々浮いているとも言える。
学院に慣れていない主人公にとっては気楽に話しかけられる数少ない友人であるのだが、それは彼女にとっても同様のようだ。

彼女の勝気な面は、元が潔癖で抑えが効かない性格からきているらしい。
それが災いしてなかなか友達作りに苦労しているようだ。
だが彼女の場合はそれどころではないトラブルに過去に見舞われているようだが・・・・




滝沢 茉奈
7witches_k03.png
2人部屋が狭いから嫌いという理由で、主人公の寮の部屋の屋根裏に住みついている謎の先輩。
何事も規律重視の学院で、何故そんな事ができるのかは全くの謎である。

良く言えば大らか、悪く言えばわがままでやりたい放題の性格で、屋根裏にいることをいい事に主人公の生活は(恥ずかしい部分を含めて)覗かれまくりで、頭が上がらない。
・・・ただこれだけ謎めいた事ばかりやっている故か、学院の裏の事情にも詳しく味方に回せばかなり頼もしい先輩でもある。

彼女の性格も行動も、どうやら彼女にとっての一番の親友に影響を受けているようだが・・・
茉奈先輩も悪くは無いが、個人的にはその親友の方がさらに好みのため、もっと出番を増やして欲しかったと願う今日この頃であるわけだが・・・どんな人かは、製品版でプレイして確かめてね。




弓館 ドリス
7witches_k04.png
学院一の美少女と噂されている少女でその言動、仕草は自然と男性を惹きつけるものがあるらしく、中には勝手に誘われたと勘違いして言い寄る者も少なくない。
加えて歯に衣を着せぬ強気な発言が多く、このためか彼女の人間関係も荒れがちである。

・・・これで心身共に気丈ならばそれで良いのかもしれない。
だが実際には自分の発言や態度を気にしていて、それに傷つき戸惑いもする・・・心の中の在りようも、強さもどこにでもいる普通の少女である。
・・・・だが彼女の容姿も何気ない仕草も、普通とはかけ離れ非常に目立つせいか落ち着ける環境もなかなか望めなかった。

そんな彼女の心が選んだもの、望んだものは「逃避」である。
・・・幸が不幸か彼女以外では到底得られない、とっておきの逃避手段を得ることができた彼女だが・・・・




南 いすか
7witches_k05.png
聖エステラ学院の生徒は大人しい・・・とはいったもののそれは学内の雰囲気に依るものが多く、基本的にはメンタルは普通の生徒達である。
・・・・だが当然、実際にかなり人見知りで、線の細い印象が強い生徒もいる。

いすかは極度の人見知りであり、人間不信にも陥っているようで現在では親代わりの立場でもある礼拝堂の神父に心を開くのが精一杯の気弱な少女である。
だがそうなったのは事情があり、彼女の家庭は・・・・・・まぁ、何と言うか

超不幸系のヒロインっす!

まぁ・・・一時期のエロゲーが不幸度グランプリが行えるくらいの不幸系のキャラがいっぱい出てきましたから、彼女が特別・・・ということはないかもしれません。

それでも彼女には幸せになってもらいたい・・・そう思いました、まる。




天賀瀬 智美
7witches_k06.png
学院の中でもトップクラスの優等生であり、常に柔和な微笑を絶やさないことで知られる先輩。
・・・だがその裏で下級生に性の手ほどきを幾度となく行っているイケナイ先輩でもある。
この学院での不埒な行動は、過剰なまでの厳罰が待っているのを知っていながら、よくやるものでる。

それだけに留まらず、彼女は友人を引き連れてこんな儀式めいたことを・・・
その名も「黒百合の園」・・・・その名前のイメージ通りのいかがわしい行いも度々行っているようだ。

だが以外にもこの黒百合の園・・・やっている事はともかく、目指すものは意外と健全のようだ。
この会が結成された目的とは・・・・




城之園 杏里
7witches_k07.png
エステラ学院の、高齢になった学園長の代理を務める女性。
明確な役職で呼ばれることがあまり無いようだが、普通の学園で言う教頭の立場である。
正直言って・・・・

このゲーム以外で出ていたら悪役になりそうなキャラである。

聖エステラ学院は身寄りのない生徒を引き取り英才教育を施し、良家、名家に養子として高額で買い取らせるための機関であることを堂々と宣言している。
このため成績、素行の悪い生徒には容赦も迷いもなく厳罰を課すため、生徒からは畏怖の対象になっている。
だが主人公は彼女の決めた枠組みの中にいる限りでは扱いが悪くないと理解しているため、少なくとも畏怖の対象とはなっていないようだ。

生徒に厳しくあたるにはまず自分自身が誇れる存在であることが重要であると誰よりも理解し、生徒には無い魅力のある大人の女性であり、同時に屈強な精神を持った女丈夫でもある。
このためなのか・・・・全ヒロインの中で彼女のみバットエンドが存在しない。
心身ともに磨き上げ、鍛え上げてきた彼女にはバッドエンドフラグさえ寄せ付けないのかもしれない。

・・・そんな彼女ではあるが、こちらとしてはどうしても一言申し上げたい。

貴女がしっかりしていれば、そもそもこんな大事件は起こらなかったのですよ!

一体、どうしたらこれだけの大事の兆候を見逃せられるのか・・・
このゲーム最大の謎の一つである。




室山 和子
7witches_k08.png
この学院の寮母を務める女性。
聖エステラ学院は生徒を商品として売ることが目的である以上、食事に関しては一流のテーブルマナーを身につける必要もある。
彼女はそういった学院の意向をほぼ完全に満たすだけの料理の腕を持ち、高級料理を含めた殆どの料理を一人で受け持つことが出来る非常に優秀な女性である。

・・・ただそれだけのハードルをこなすだけあってか?
その労に見合うだけの下心もしっかりと持ち合わせている。

自分の欲望に素直というか・・・気に入った生徒を「つまみ食い」することにも余談はない。
そのためには搦め手も使うことも躊躇わず、学院側もある程度は見逃しているところもあるようだ。

・・・・そして彼女の狡猾な罠?に掛かりそうになるある主人公に対してある人物が忠告する。
「あの女にハマリすぎないことだ。 取り返しがつかなくなっても知らんぞ」
彼女には、一体何があるのか?



杏里と並ぶ中年女性のヒロインだが、アストロノーツ系(というより前身ともいうべきアトリエかぐや team Heartbeat)の頃もそうだが、こういった女性を無理に若作りするような描写はせず、代わりに非常に濃厚な描写を好んで入れる風潮がある。
この部分を高く評価するファンも存在し、中年女性を攻略するエロゲーの中でも髄一と言えるかどうかは解らないが(その手のジャンルの作品をあまり個人的にはやらない)、この点に関しては定評のある作品を多く作り出している。

あくまでメインの攻略対象は美少女キャラであることはユーザー、メーカー共に承知しているものの、こういった評価が与えられている事が納得できるだけの描写力はある。
中年女性を魅力的に描写したい方にとっては、参考になるかもしれない。

このソフトを入手しようとする多くの方が美少女キャラを攻略目的であることは解るが、この事を頭の片隅に置いておくのも、悪くは無いと思う。




しらせ
7witches_k01.png
エステラ学院では度々生徒が行方不明になるといった、奇妙な噂話が多くある。
・・・そしてそれらの噂の根源として出てくるのが「魔女」である。
いるかどうかも定かではない魔女だが、ある意味エステラ学院を精神的に支配している存在なのかもしれない。

そしてその中でも最も特別視されているのが、「はじまりの魔女」と呼ばれる少女である。

或る者は言う。
「魔女に会った者は、願いがかなう」

或る者は言う。
「魔女に会った者は、魔女にされる」

・・・そして或る者は言う。
「彼女に近づかないほうがいい。深入りすれば、殺されるぞ」

主人公が「はじまりの魔女」に会う時は、常に周囲に鳥や小動物の死体があった。
彼女は周りは常に、謎と死に満ちている。

一体、「はじまりの魔女」とは何者なのだろうか・・・・・




さてこの聖エステラ学院の七人の魔女・・・ゲームとしての評価ですが、実はどう評価すれば良いのか、なかなか難しい。

Amazon.comを見ていると結構低評価が多いのだが、こちらとしてはそこまで悪いとは思わない。
・・・ただ周囲に是非プレイして欲しいと強くおススメできる作品でもない感じです。

攻略キャラは七人プラス一人と多めですがヒロインにはしっかりと個性があり、「髪型が違うだけで中身が同じ」ということはなく・・・話のバリエーションも富んでいます。
少なくとも魅力に欠けるとは思いません。
話としても適度な長さでCG、テキスト共に描写のレベルは高く、話に付き合える方なら確かに面白いとは思います。
ただ・・・反面、緻密さには欠ける印象があります。

この物語の裏では大掛かりな悪事は働いているのですが・・・それを実行する者達は器量が低く、魅力に欠け、人数も十分にいるとは思えません。
目的も決して高みを目指す何かがあるわけでもないせいか連携も弱そうで実際、物語の中でも度々明るみに出そうになります。
それなりにフォローを加えた文章はあるものの、これだけの悪事を成し得た理由は「宝くじレベルの幸運」に恵まれていたとしか思えません。
いわば下衆な悪党が、大事を成そうとするわけですが・・・普通はここまでに至らずバレるはずです。

例えば非常に長編の推理小説を読んだ時、犯人が下衆な小悪党だったらしらけてしまうような気がしませんか?
犯罪者が人間的に魅力に欠ける人物であることは実社会ではよくある事なのである意味「リアル」かもしれません。
ただ読み物である以上、犯人の主張があまりに残念だったなら・・・読む方から見れば「こんな奴を見るために時間と金を投資したのか?」・・・と落胆する方はいると思います。
こういった残念な犯人を普通に出して評価を得られるのは、名探偵コ○ンくらいだとも思います。
・・・これがこの作品に対して適切な例えかどうかは解りませんが、何か強烈に足を引っ張る要素があると思います。
(陵辱シーンにはこれくらい下衆な方が雰囲気が出るというぶっ飛んだ擁護はあるかもしれませんが(笑)。)

元々魔女が七人いる必然性が無い(強いて言えばタイトルの語呂の良さ)ので、ヒロインを一人減らしてでも悪役側に重要な人物を入れて置けば違う評価になっていたかもしれません。
ダークでシリアスな作品では悪役が物語を締めるうえでは重要な役を果たします。
理由があれば人を殺しても良いというわけではないですが、それでもある程度の必然性、整合性なり何か納得できるものがあるかどうかはやはり重要で、それが無いためかどうしても締まりが悪い印象があります。

こう考えてみると、この作品を素直におススメできるのは「おっさんエロゲーマー」でしょうか?
振り返ればサターン時代の名作(河○崎家とか野々○病院とか)のような雰囲気がベースで、エロ要素をメインに2010年代にアップデートしたような印象があります。
確かに昔のエロゲーにはどうしようもない小悪党が跋扈していた印象があるため、そういった作品に慣れた方なら懐かしさを感じて馴染めるのかもしれません。
若手の方なら、とりあえずエロ目的で購入してあまり期待せずに雰囲気を試してみるのが無難かもしれません。
15年前に同じ作品を出していたら名作扱いされていても良さそうですが、今の時代では・・・という気がします。


・・・ただこれも全て終わらせてから言える外野の意見なのかもしれません。
ゲームに限らず、シリアスな作風で評価を得た作家が再び同様の作品を作り上げたのだが評価はイマイチ・・・よくある話ですが、そこで慎重に分析すればその差は「魅力的な悪役がいたかどうか?」・・・この一点だと思えたことが過去にありました。
ただ仮に魅力的な悪役がいたとしても同様の高評価、高い売り上げがあったかといえば別の話で・・時流に乗れなければ結果は同じという可能性は捨て切れません。

そういう意味では、この作品は不幸にも「人気の谷間」にあった作品と言うべきなのかもしれません。
製作したスタッフの素性は決して悪くはなく、話としては読めるとは思うのですが・・・・

ただ悪く言うとしてもこの作品は「描写が冗長で読むのに耐えられないタイプ」ではなく、むしろテンポは良いと思えます。
このため願わくばこの作品を変換を希望される方は最後までプレイする時間を「投資」していただければ・・と思います。
Amazonn.comでの評価の多くが「最後までプレイしていない」という印象があるので必ずしも満足頂ける保証はないものの、できるならそれを承知でプレイして頂ければもう少し高めの評価は得られたかもしれません。
さすがに悪評まみれに晒されるほど、レベルが低い作品ではないはずですが・・・・







とりあえず、アストロノーツ系の作品の移植はこれで一段落はついたということで・・・

そういえば先日のすぽコン!の件ですが・・・・
実は意外と商品化に恵まれています。

(えれくと!とセットとはいえ)画集、アニメ(エロアニメ:全2話)、香津美の枕カバー・・・・・
アニメはハーレムタイプのようですが話の尺の都合上、止むを得ないかと。
あとはフィギュア化されれば・・・・・さすがに苦しいか?

アストロノーツ系では最もメディア化されている作品だと思います。
よければ合わせてチェックしてみてください。




とりあえずは、No.61に向かって準備を進めようと思います。
・・・それでは。

スポンサーサイト

コンバータNo.59 妹のおかげでモテすぎてヤバい。

2014年6月にHULOTTE(ユロット)様から発売された、妹のおかげでモテすぎてヤバい。を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=8834ec36-8416-4725-bf12-b14f5daf6d7c

動作状況

・全キャラ、全ルートでクリアを確認。
・おまけモードは全て実装(一部、機能が異なります)。
 ※CGモードの立ち絵表示モードは、将来に渡っても実装予定はありません。
 ※おまけモードはデバッグを殆ど行っていません。
・一部で表示がおかしい箇所あり、また一部の演出は省略してあります。


変換方法

1:コンバータ全ファイル(添付画像ファイル含む)、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeを各.xp3ファイルのあるディレクトリに置きます。

画像変換

2:1_画像合成_moteyaba.txtをimageUtility.exeにドラッグして起動、立ち絵やイベント画像の合成を行います。
3:2_画像変換_moteyaba.batを起動、画像ファイルを変換します。
※オリジナルの画像の展開は、全てpngで行ってください。bmpには対応しておりません。

ムービー変換

4:3_ムービー変換_moteyaba.batを起動して、ムービーを変換します。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
各ファイルの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

2_画像変換_moteyaba.bat

md arc\image
@set size1=1280
@set size2=480
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=720
@set size4=270
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=480 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=450



3_ムービー変換_moteyaba.bat

PSP        iphone、Android
scale=480:270 → scale=800:450


シナリオ変換

5::moteyaba_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。
※moteyaba_2.plの変換には少々時間が掛かります。

サウンド変換

7:4_サウンド変換_moteyaba.batを起動して、全ての音楽、音声ファイルの音声変換を行います。


アーカイブ作成

8:arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

9:arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。


・・・・以上です。よろしくお願いします




妹のおかげでモテすぎてヤバい。とは?
moteyaba_00a.png
2014年6月にHULOTTE(ユロット)が第2作として発売した作品です。
メーカーとして活動して3年経って2作目と寡作な印象はあるものの、その分丁寧に作られていて・・・固定ファンを確実に獲得できるだけの地力を持っているメーカーという印象があります。
(曖昧な言い方で申し訳ないけど・・・ここ何年もエロゲー雑誌とか買ってないので、業界の勢力図なんて全然判らなかったりします、すみません。)

タイトルからして昨今のラノベの風潮を取り入れている印象がありますが、その名の通り最近の萌えアニメの影響を強く受けたハートフルで明るいラブストーリーです。

はい、以上。解説終わり。












・・・・・・・・・いくら何でもこれで終わりでは少々寂しいので、追記させてください。

この作品は正直な話・・・それ程個性が強いわけでもなく、悪く言えば凡庸で埋めれてしまう印象を受ける方もいるかもしれません。
では何か特徴は無いのか?・・・と言われれば、ひとつだけセールスポイントがあります。
それは・・・・

こちらが最近移植した作品の中では、トップクラスで評価が高い。

ソースはAmazon,comで平均評価は5点満点中4.5点。
60本近く移植していると即座に全作品を思い出すのは困難なのですが、少なくともNo.50辺りから比較すのなら、この作品よりも平均評価が高い作品は存在しません。

勿論、Amazon,comの評価などあてにはならないと思う方もいるでしょう。
例えば家庭用ゲーム機用のソフトは・・・どことは申しませんが特定のメーカーの作品だけが(特に発売当初は)異様に高評価が集まって・・・いざそれに釣られて購入してしまうと「うわぁ・・」となってしまったことは個人的には何度もあったり。

エロゲーはPC用なのでメーカーや流通側のテコ入れなどは少ないので多少は当てになりますが、それでもメーカー信仰のあるファンからの異様な応援やアピールもあったりするので、鵜呑みにするのは問題があります。

何より評価というものは相対的なものですしね・・・
例えばこちらが移植した作品でいうなら、No.55のフリフレとNo.56のイノセントバレットは点数で言うならほぼ同じです。
両方ともプレイしたこちらとしては良い所、悪い所を双方とも理解しているのでこの評価は十分に理解しています。
ただ・・・片方はハーフプライスの短編、片方はフルプライスの長編・・・これを同じ目線で比較するのはどこかおかしい気もするのは事実です。
長ければ良い、ボリュームがあれば良いというわけではありませんが、やはり大作を仕上げた労力というものはどこかで認めてあげたい・・と個人的には思います。
何より個人の好みというものがあるので、どんなに評価が高くても納得できない作品というものはいくらでもあるものです。

・・・こう考えると評価で作品を語ることにどれほどの価値があるのかは疑問はありますが、それでもこの作品がトップクラスの高評価を受けているのは紛れもなく事実ですし、それ程有名なメーカーでもない会社の第2作で・・・特定の信者からのヨイショがあったというわけでもありません。
実際、流通価格も5,000円と高めです・・・この点も注目すべきでしょう。


こちらがプレイした中でこの高評価を後押しする点があるとするなら、やはり丁寧に作られているところが大きいと思います。
全体的に特別に異彩を放つ要素も無ければ、クリエイターに高い才能を感じる・・こういうところはそれ程無かった印象があります。
ただその反面クリエイターが身勝手な強い自己主張をせず、時間を掛けて丁寧に作られた印象は最近の移植作の中ではかなり強く感じられ一本のゲームとしてバランス良く、共通、個別ルートと共に十分な長さを持った良作として仕上がっていると思います。
ある意味ギャルゲーとして当たり前のことを成そうとした・・・ただこれだけの作品と言えるのですが、その当たり前を一生懸命突き詰めた先がこの作品の高評価に結びついているという気がします。

勿論満点をあげられるような作品ではなく、気になる点も個人的には結構あります(個人的には絵的に指摘したい箇所が多いかな?)。
何よりハートフルラブコメディというジャンルが元からそれ程好きではないので、余計にね・・・
ただそれらを全て考慮に入れても、今まで移植した作品の中では上位に入る作品だと思います。
こちらが移植した作品はおとボク2やワルキューレロマンツェ、つよきす3学期など、十分な人気や評価を得ている作品もあるので三指、五指に入る・・・とは言いませんが、それでもベスト10には入れそうな気もします。

良くも悪くも今風の作品なので好みは分かれそうですが、とてもギャルゲーらしい作品でもありますのでこの手の作品が好きな方なら手に取ってみてはいかがでしょうか?


それではキャラクター紹介です。


白取 叶
moteyaba_01a.png
街角でばったり会ってから一目惚れ。
・・・というか主人公の惚れっぷりがヤバい。
このゲームのシステム構成はある意味極端で一言で言えば、叶と結ばれるため・・これが最終目的で、その他はそこから遠ざけるための障害・・・話としてはそこまではいかないものの、移植してソースを見た時の第一印象は、まさにそんな感じでヤバい。

・・というわけで、とにかく叶さんのラスボス感がヤバい。
このゲームは叶とメグリ(後述)の2人が中心のファンディスクが発売されていますが、パッケージ版のプレミア感がヤバい。
移植を熱望たれたら、こちらの財布がヤバい。
・・・本当にヤバい。




遠嶋 舞奈
moteyaba_02b.png
叶の親友で、真っ直ぐなストレートロングヘアがそのまま性格を表わしているような真っ直ぐな少女。
・・とはいうものの硬い性格ではなくゲームの話なども気楽に出来る気さくな女の子だが、寝相は悪いらしい(叶談)。
元々スポーツを嗜んでいたらしく、それを十分に伺える健康的な魅力がヤバい。

ただその直情的な性格のせいか・・・・ある意味、彼女は第一の被害者になってしまうのですが・・・・




世永 青葉
moteyaba_03b.png
ついに青葉ちゃんの紹介の番ですか・・・・一言でいうなら、

青葉ちゃんが曲者すぎてヤバい。

生粋のお嬢様ではあるものの・・・異様に丁寧な言葉遣いといい、独特の舌足らずな話し方といい、一体いくつヘアピンを付けているのか?と聞きたくなる髪型といい・・・特徴があるというより、鼻に付く印象すらあるかもしれない。
さらにこれで策士な性格・・・・最もこのゲームで好みが分かれそうな少女である。

・・・だが曲者だろうが策士であろうと、それが何だと言うのだろうか?
ゲームをプレイした方なら分かると思うが、彼女は策士であってもハメる側ではなくハメられた側の策士である。
彼女自身もそれを薄々ながら承知しているようではあるが・・・・
ハメられた側であっても、想いだけは消せない策士の恋の行方は・・・・・・・?




水梨 美也
moteyaba_04a.png
秘めたる想いが積み重なった先にあるものは着実な実りか、それとも悲恋か・・・・

文学少女、というイメージが強い主人公の先輩。
決して自己主張が強い性格ではないのだが、それ故に心の底では想いが募っていくようで・・・そんな健気さがヤバい。

やや内気な印象がある彼女だが、その背景には家庭の事情があることに主人公は気付きはじめる。
やがて主人公はある決断を迫られることになるのだが、その決断とは・・・・?




浅坂 メグリ
moteyaba_05a.png
ゲームの題名に唯一出てくる少女。その題名の通り、主人公の妹である。
で、どんな妹かといえば・・・・

妹があまりにもハイスペックすぎてヤバい。本当にヤバい。

大事なことなので、ヤバい。を2回言いました。
・・・ちなみに3回でも余計とは言えない程にヤバい。
まぁどれだけヤバい。・・・かは、ゲームで確かめてください。

それは置いておくとして、彼女のファッションは猫系で固めているのですが、ヤバい。のはパジャマ。
・・・まぁ、可愛いとは思うのですがそれ以上に、本物の猫と同様に長い尻尾が付いているのがヤバい。
もしこんな物が付いていたら・・・俺なら絶対に転んでしまいそうで、そこがとにかく気になってしまってヤバい。

・・・・よく考えてみると、妹の紹介に全然なっていないのがヤバい。
でも疲れてきたので・・・そんな事どうでもよくなっている自分がヤバい。

でもこれだけは言っておく。
メグリを攻略できるは、5周目以降である・・・これだけは言っておかないとヤバい。




相坂 紗理奈
moteyaba_06a.png
学校の保健医。
割りと天然の性格だが、乙女力は53万(本人談)とF様もビックリの数値がヤバい。

・・・・でもこんな先生にも影響を与えてしまう、アレは確かにヤバい。
ちなみに先生だから、という理由ではないが攻略可能なのは6周目以降であるというのもヤバい。




姫宮 結莉夏
moteyaba_07a.png
美也先輩の親友にして、身体が悪いわけではないのに保健室の常連。
・・・その実態は、人助けが大好きな女の子。

自称、人助け系生徒と呼ぶネーミングセンスがヤバい。
人助けが好き・・・・というのはまだ判るが(俺とは真反対だけど)、彼女にとっては人助けが養分らしい。
・・・一体どういうことなのか、説明が必要なレベルのメンタルがヤバい。

・・・あと例によって、攻略可能なのは6周目以降であるというのもヤバい。



以上、キャラクター紹介でした。
ヤバい。が多すぎてヤバい。


さて、今回の移植ですが・・・・か~な~り、手を焼かされました。
ゴールデンウィーク中に完成させるつもりでかなり頑張ったのですが・・・ぜんっぜん終わらねーでやんの。
とりあえず、今回は移植話を長めに書かせていただきます。
なんか、自分はゲームをあっさりと移植していると思われる方もいるようなので・・・そんな事は、実際にはそんなことないです。
こういう話も、たまにはやらないと・・・



A.画像処理の多くがONSと相性が悪い。

moteyaba_09a.png
今回は、各処理がとても面倒で・・とにかくONSとは相性が悪い処理が多いんですね・・・・
例えば・・・上記の写真のアイキャッチの処理ですが、オリジナルでは画面上の4つの背景を一部だけ表示させ、それぞれ縮小させて同時に動かす・・・実質4重スクロールになるのですが・・・
これをONSでそのまま実行するのは不可能です。

実行させるうえで、より厳しい障害順にあげていくと・・・

1.ONS上では、画面の一部のみを表示させる命令が無い。
2.携帯機で多重スクロール処理は負担が大きすぎて、実用的ではない。
3.ONSでスプライト移動の際、多重処理ができるように作られていない。
 (一度に動かせるのは、基本は1つだけ)
4.ONS上での拡大、縮小処理のロジックは原始的であり(オーバーレイやアンチエイリアスのような補間処理は無い)、見映えが悪い。


・・・・うん、冷静にあげると結構あるね。

4に関しては変換時に使うツール次第で(具体的にはimageUtility等の調整他)結構緩和されるし・・・
3に関してもスプライト移動時のタイマーの割り込み処理にある程度知識のある方なら、ある程度の工夫は行えると思うので・・・それなりに何とかなる。
2に関しては、元々がインタープリタ並の処理能力しかないONSでは実際に厳しく・・・
1に関しては、そもそも機能として存在していない以上、不可能と言っていい。

・・・つまり、普通にやっても不可能である・・・少なくともこちらの知識ではそうなる。

ただ、普通にやってもうまく行かないのなら本来の処理に見せかけた、全く別の処理を行えばうまく行く可能性も出てきます。
実際ONSでは4重スクロールに見えるだけの、実際には1枚も画像を動かさずに処理を行っています。
(どうやっているか興味のある方は、配布されたプログラムを見てくださいませ。)
これに合わせて、2の速度の問題にもテコ入れをします。
「速度を上げる」とは、具体的にはCPUとメモリの負担を軽くする処理を行えば良いわけで・・・・・
まぁ・・・それでもAndroidタブ(Sony Tablet S)での動作は結構重いんですけどね・・・何とか4重スクロールっぽくは見えると思います。



B.立ち絵の処理が複雑。
moteyaba_08a.png
これが最大の障害ともいえる箇所。
・・・・とにかく相性が悪くて、複雑。

こちらの移植の際、時間の7割はこちらに費やしています。
時には画面いっぱい(6人)表示されるともうね・・・・・

上記の4重スクロール処理なんて、こちらと比べれば児戯にも等しい・・・とにかく面倒でした。



C.単純に話が長い。

殆どの作品に当てはまるのですが・・・元のスクリプトはどうあれ話が短い作品の移植は割と楽で、逆に長ければ大変です。
・・・・そしてこの作品はヒロイン一人分ならやや長い程度とはいえ・・・・ヒロインが7人もいるうえに共通、個別ルーと共に長めのため、結果としては大ボリュームです。
原文のスクリプトの量なら、従来の作品の倍くらい・・・・と結構ハードでした。

最近の作品は移植の障害となっている箇所がどこかにあるものが多いので、いろいろと大変ですね・・・・



D.スタッフロールが・・・・

最初の画像処理の一環と言ってしまえばそれまでなのですが・・・ただ、補足説明が必要な箇所もあるので追記。

とにかく実装に時間が掛かりました。
ここ1年作成した、各種コンバータでスタッフロールのプログラミングに要した時間は、下記の通り。

木洩れ陽のノスタルジーカ:30分(ムービーなので、mplayer用に変換バッチを作る作業)
フリフレ:30分
イノセントバレット:1~2時間
夏色蜜汗:30分
すぽコン!:20分

妹のおかげでモテすぎてヤバい。:15時間超

うん、圧倒的な差ですね・・・・
これは歌詞の同期の調整や、ヒロインごとに画像だけでなく画像のスクロール処理が全く異なるため、画一的な処理を模索していたり・・・
あと・・・スタッフはテキストで書かれているのですが、スタッフ名は0.txtに直接書かせてもらっています。
このため、スタッフ名を著作物を解釈されると厄介なわけですが・・・これしか方法が無かったので本当に申し訳ないです。
どうにかご容赦ください・・・としか言えません。
moteyaba_x0.png
ちなみに、コンバータ添付の画像ですが・・・これは全てスタッフロール実装のためです。
ONSでは、楕円とかを描画する命令が無いですし、ましてそれにα値を付加することも到底できませんので・・・・


moteyaba_20.png
あと、スタッフ名の表記も15x15ピクセルが最小サイズの限界ですね・・・これ以上小さくすると、字が崩れる可能性が高いです。
オリジナルではもっと小さいサイズで表記されているものもありますが、ONSで真似しないほうが賢明でしょう。
(ただし、PSPで表示させようとすると・・・こんな感じで一部読めなくなります。Android、iphoneならギリギリ読めます。)

あと、このゲームではスタッフロール用に調整された変数が存在します。
0.txtの2180行前後に下記の数値の記述があるので、各自調整願います。


;スタッフロール(携帯機用)で、以下の数値を調整に使います。
;PC(または高性能携帯機)に限り、0を推奨。

mov, %196, 500


上記の部分は、どうしても機種ごとで生じてしまう動作のタイミングのズレを埋めるためのものです。
デフォルトでは、Androidでベストの数値と思われる500で設定してあります。
ONS for Winのような高速な環境なら0、Androidよりも遅い機種の場合はさらに数値を上げてください。

・・・もしこのやり方で多くの方から不満が無い場合は、現在開発中であるワルキューレロマンツェMore&Moreのタイトル画面等にも同様の方法を取り入れようかと思っています。

スタッフロールの導入だけで数日も掛かるなんて、実に久しぶり。
おかげでエンディングテーマが大好きになりました(テストで100回は聞いているので・・・)



E.デバッグが作業量に比例して多い。

結果的にはこちらが移植した作品の中でも随分複雑な構成になってしまい・・・
そうなると、ツケが最も回ってくるのがデバッグ。
こちらの作業感もハンパないレベルで・・・
本当に悪戦苦闘させられました。

・・・・また元が複雑だと、それに合わせてデバッグも比例して複雑になります。

例えば、以下のプログラムですが・・・

lsp2 4,":a;image/CD02003M.jpg",400,450,100,100,0,255
for %1=1 to 5
mov %sn, 4:mov %st, 200:mov %sx1, 400:mov %sy1, 450:mov %sy0, 10:jump
next


上記のプログラムだと、拡張スプライト4番に"CD02003M.jpg"をロードし5回ジャンプさせるのですが・・・
これを実際にプレイすると、たまに永久ループします。
特定の場所で100%の確立で永久ループし、しかもONS for WinとONS for Androidでは起きる箇所が異なります。
しかも、テストプログラムを試験的に同じように組んでも全くエラーが起きません。
・・・・こういうバグは相当に厄介です。

原因として考えるのは、for~nextの二重仕様。
jumpというのはこちらがdefsub命令で定義したジャンプ処理専用の命令ですが・・・こちらでもfor~nextを使用しているため、こちらと何らかの形で干渉してしまうために、ループから抜け出せなくなってしまった・・・こんな所だと思う。
このままだといつ、どこでフリーズするか全く予想が出来なくなってしまうため、こちらでは可能な限りfor~nextを使用を制限するように書き換える羽目に。

あ・・・・・今思えばどちらもfor %1=1 to 5、for %1=1 to 999999と%1を使っているので片方を%2にすれば干渉は起こらなかったかも・・・?
でもそんな事は割とどうでもいい気も・・・

というのも・・・事あるごとにこの様なトラブルが多発するため、こういった改変処理を数十回に渡って行っているからだ。
いまさら1回くらい問題が解決したところで・・・・手間は殆ど代わりません。

・・・このゲームの移植の過程を詳細に書いたら、それこそ1冊の本に出来そうな作業量だった、ような気がする。
(誰もそんな本は読みたがらないだろうが・・・・)
勿論、これは良い事ではない。
これだけのトラブルを予測してプログラムを組めないのは、それだけこちらが未熟であるというだけなので・・・正直な話、有能な方ならこの記事を読んで鼻で笑われている可能性はある。

それでなくとも苦労話を適度ならともかく過度に話すのは野暮であり、無能の証と言える。
あえて苦労を語るなら、質は十分に吟味しないといけないのだが・・・・

でもぶっちゃけた話、こちらは優秀なプログラマーになるために移植作業を行っているわけではないので・・・・鼻で笑われていることは大して問題や障害にはならないんですよね・・・(それが良い事か悪い事かは別にして)。

確かに疲れはしたものの、丁寧に作られた良作を迎えられるのは嬉しい話なので・・・とにかく良い勝負だった、といったところでしょうか?





・・・2回に分けて、コンバータの製作状況を報告することになりましたがようやく完成しました。
作業量としては従来の作品の2~3倍ほどあるので・・・とにかく疲れました。
良作だと思うので、是非プレイしてみて下さい。




それでは。


コンバータNo. 57 夏色蜜汗(その他雑多記事)

今日は少々ごちゃ混ぜになってしまい、複合記事になってしまいました。
少々読みにくいかもしれませんが、ご了承ください。

・・・それでも今回はハーフプライスの商品とはいえ、新作のコンバータの公開がありますので、まずはこれから。




2014年11月にアンモライト様から発売された、夏色蜜汗を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=d36c1c5f-39fd-49fd-a55c-90c5d9315f46&viewtype=detail


動作状況

・全ルートでクリアを確認。
・エクストラモードは、全て実装。
 (一部の機能は、オリジナルのものとは異なります。)

変換方法

1.コンバータ全ファイル、、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)をゲームをインストールしたディレクトリ(展開したdataフォルダの一つ上の階層)に置きます。。


画像変換

2.1_画像変換_NatsuMikan.batを起動、無事終了すれば画像変換処理は完了です。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合1_画像変換_NatsuMikan.batの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

@set size1=800
@set size2=360
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=720
@set size4=270
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=360 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=600



サウンド変換

3.2_サウンド変換_NatsuMikan.batを起動して、全てのBGM、音声ファイルの音質変換を行います。


シナリオ変換

4.NatsuMikan_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。


アーカイブ作成

5.arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

6.arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。





夏色蜜汗とは?
nm_1.png

タイトル画面からして18禁要素があるので、テ○フォーマーズよろしく黒丸修正を・・・
あのアニメ、結構好きだったのに(主題歌は熱かった・・)、あの修正問題だけで・・あそこまで評価を落としたのでしょうか?
最近のアニメやゲームは、風評被害がキツすぎるぜ、まったく・・・・・
あ、そうそう・・・ゲームの話に戻ります。

2014年11月にアンモライトから発売された作品です。

アンモライトはハーフプライスの商品の専用ブランド(今のところは)で、これまでに7~8本のソフトを発売しているようです。
夏色蜜汗は恐らくは同社の最新作です。
アンモライト初のロリキャラ1人を攻略するシンプルな作品です。

原画担当の一河のあ氏の美麗な(というか、エロい)CGが最大のセールスポイントです。

言い訳がましいですが、個人的にはロリキャラを攻略するゲームは基本買いません。
ただ・・・この作品は、

nm_2.png
絵がめっちゃ上手くね?

単純に絵が上手い(デッサン力が高い)という方なら、他にも大勢いると思います。
ただ・・・何というか、人目を引くというか・・・とにかくエロいです。
フルプライスの作品のキャラの作品にも決して劣らぬ魅力があります・・・これから売れるかどうかは解りませんが、ちょっと才能を感じました。
絵を見て即座に欲しくなり、あっという間に購入に至った商品です。

プレミアが付く価格ではないですが流通価格はハーフプライスにしては結構高めで、現状ではDMMのダウンロードが知る限りでは最も安価です。

http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_074382/

この方はロリキャラのみでなく、普通の萌えキャラや熟女まで様々なキャラを描いているようですが・・・
アンモライトは複数の絵師を抱えているようですが、この方が担当した作品が最も好評のようです。
(ソースはAmazon.comでの同社ソフトの人気順)

恐らくはそれ程売れている訳ではこの作品に魅力を感じる方は他にもいるようで・・・攻略キャラのかりんちゃんは、既に抱き枕カバーも発売されています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E2%98%85%E5%A4%8F%E8%89%B2%E8%9C%9C%E6%B1%97-%E3%81%88%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%81%AA%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%82%8B%E5%8C%82%E3%81%84%E2%98%85%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA150cmx50cm-%E6%8A%B1%E3%81%8D%E6%9E%95%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%BF-%E7%B4%A0%E6%9D%90%E4%B8%89%E3%81%A4%E9%81%B8%E6%8A%9E%E5%8F%AF-%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00SMBGJIG/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1422184906&sr=8-4&keywords=%E5%A4%8F%E8%89%B2%E8%9C%9C%E6%B1%97

知名度、実績が少なめの会社から発売された作品で・・しかも発売されてから2ヶ月の作品としては異様の扱いです。
(少なくとも、個人的にはそう思う。)
さすがに枕カバーまで買う気は起こりませんが気になる方は買っていただければ、と思います。

一応キャラ紹介を・・・


猫堂 かりん
nm_4.png
主人公が突然、眠った状態で出合った少女。
目を開けた途端、教師でもない主人公を先生と呼んで聞かず、そのまま同棲レベルの生活になってしまう。
とにかく積極的に主人公に接してくるが・・・・


ONSへの移植は、使い慣れた吉里吉里であることもあって比較的スムーズに行えました。
(ただし流用部分は少なく実質、新規作成)。
最近の作品らしく、変換はExt・・・では展開は当然無理です。
この辺りは、各自で頑張ってください。

基本的はこちらの移植はフルプライスの作品ですし、ロリキャラ攻略の作品は精神的に何か堪えるものがあるので当分の間はこの手の作品の移植はしないとは思いますが・・・気が向いたら、よろしくお願いします。







さて・・・次は全開公開のイノセントバレット
まだおまけモードは未実装なのですが、修正版をアップしました。
URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=320c4502-40e5-4dc6-983a-573cffff44e1&viewtype=detail

修正点は、

・一部のPCで変換した場合、効果音が鳴りっぱなしの状態になる点を修正。

予備のPCでバックアップを兼ねて変換したら・・・何故かほぼ全ての効果音が鳴りっぱなしで・・・この作品は銃撃の効果音が多いので、うるさすぎてゲームにならないので・・・この点だけを修正。
今のところ、この点について報告は無いですが・・・・再アップさせていただきました。

それにしてもこの作品、あまり変換をする方がいませんね・・・
記事ではいろいろ書きましたが、もっと評価の声があっても良い作品では?、と率直に思って移植をしていたのですが・・・
結果としては何かと損をしているの印象がありますが、良ければチャレンジしてみてください。







あと最後に・・・全く余談になりますが、アニメの話です。

引っ越してから1年近くになりますがさすがに東京ほどの娯楽は無いので、コンバータ以外では一人でアニメ鑑賞が最大の娯楽になっています。

ちなみに去年最も評価したのは、Selecter Infected(Spread) WIXOSS。
原則「負けたら死ぬ」の仮面ライダー龍騎よりも遥かに極悪ルールのカードバトルでした。
心理描写がとにかく秀逸でした。

今まで記事に挙げたいと思ったことは何度もあったのですが、結局放送終了まで触れることは無かったです。
劇場版希望ナンバー1の作品ですが、さすがに無理でしょうね・・・・
ただ、WIXOSSのカード事業が当初の予定の5倍以上の売り上げになったことだけが、こちらとしては嬉しかったですね。
(自分自身は、カードゲームは全くやりませんが・・・・・)

この作品にはとにかくハマッたので、しばらくはアニメで驚くことは無さそう・・・と思っていたのですが、いきなりその予想が外れました。その作品は・・・・・

艦これ。

・・・あの3話は凄かったですね(話自体よりも周囲の反応が)。
3話だけで、最近一部のオタクで話題になった「結城友奈は勇者である」の最終回を遥かに上回るコメントの多さ・・・・ビックリでした。
(「結城友奈は勇者である」のあの展開にはかなりの意見があったようですが・・・あんなの仮面ライダーカブトの最終回の出来の悪さに比べれば、遥かにマシだと思うのですが・・・(両方見た方なら、共通点は分かるはず)。)

・・・話を艦これに戻しますね。
騒動の的になっているのは、艦娘の駆逐艦「如月」がいきなり轟沈(死亡)したことですが・・・

個人的には、高く評価しています。

何をもってこういうのかというと、見ているときのテンションの高さ。
3話は批判されている通り、前半は死亡フラグのばら撒きまくりで不安感で爆発・・「これで生きていたら、それはそれで凄いな」というレベルで、中盤は危機感の中、辛くも主人公の機転でホッとしたように見せかけて、終盤であっさり殺す・・・・

確かに批判する方の気持ちは分かります。如月のファンなら特に・・・
ただ・・・個人的には「艦これ3話」ほど見ていて気分の上下がこれほど激しかった作品はしばらくの間、見ていません。
ヤマも無ければオチも無い日常系のアニメなどと比べたら、ここまでこみ上げてきた演出を用意できた点だけは、評価したいところです。
ただ・・・深夜アニメでこんな展開をされたら、見た後寝れなくなりそうなのがちょっと・・・・
いっそのこと放送順は逆ですが、「ガンダムビルドファイターズトライ」を艦これの後で視聴すれば口直しには丁度良さそうな・・・

・・・・で、ここからが本題。

如月の死亡の展開で、良くも悪くもこの作品の先の展開が全く読めなくなりました。
こうなってくると、実はあまり想像したくない疑問について、一つの結論ができてしまいます。
それは・・・

なんでアニメ版の主人公は吹雪なの?

・・・吹雪は元々、それ程人気があるわけではないのに一体どうして・・・・?
今までこの点が良く解らなかったのですが、3話を見て一つの仮定が生まれます。
それは・・・

早めに死んでもらうには都合が良い。

如月が史実をなぞってW島で死亡するなら、しばらく後で開戦となるミッドウェーで赤城、加賀辺りも既に死亡フラグが立ったことになりますが、史実では1942年7月のことです。
ここで主人公3人の沈没時期ですが・・・

睦月 1942年8月
吹雪 1942年10月
夕立 1942年12月


・・・・3人とも早々と死ぬじゃんよ!
もしこのまま史実をなぞるなら、アニメの最終話はミッドウェーで、憧れの赤城たちだけでなくその最終回でメインの3人は共に死亡して、仲間たちに希望を託しつつ「第1部 完」という形を迎えるのでは?
・・・これで第2部の主人公を大和あたりに切り替えたとしたら、第1部を遥かに超える鬱展開・・・後世まで伝えられる鬱アニメになりそうですね。

・・・いや自分で書いておいて何ですが、さすがにこうはならないと思います。
(というかこんな事実際にやったら、スタッフの身が危険。赤城の弓の持ち方程度で「殺害予告」が出てくるわけだし・・・)
鬱アニメになるのは別に構いませんが、こういった推測が出来てしまうのはさすがに・・・・

元々、艦これのアニメそのものは批判票など無視して高めに評価しています。
(艦これに限らず、最近のアンチの風評被害は酷すぎるので、そのアンチテーゼ的な意味もあります。)
・・・しかしこんな想像をしてしまった以上、艦これには目が離せなくなってしまった。
アホみたいな自業自得ですが・・・・この作品は、無事な形で折りたためるのでしょうか?

・・・まぁ、あまりにも炎上が続くようなら、お詫びとして・・・・・

愛宕先輩のお守りを公式で販売するのはどうだろうか!(2話吹雪口調で)

・・これはこれで、ネタアイテムとして語られそうだし・・・・・・

え、中身は?
・・・・・・お守りなんて中身を見たらご利益を失うわけだから、誰も見ないので問題ないですよHaHaHa・・・・・






アニメを見ていない方には、さっぱり意味不明でごめんなさい。
・・・・それでは。



コンバータNo.54(予定):木洩れ陽のノスタルジーカ~Raggio di Sole Nostalgico~

2013年2月発売された、STREGA様の木洩れ陽のノスタルジーカ~Raggio di Sole Nostalgico~を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=320d2a89-270e-4300-99b5-f6eeaf4f0884



動作状況

・ノーマル、カヤルートのみクリアを確認。(中途シナリオで微妙に展開が異なる箇所あり?)
 (他キャラに関しては、全く確認が取れていません。当然のことながら、ラストエピソードにも行けません。)
・立ち絵、及び画像表示に一部不具合あり。
 (立ち絵に関しては・・現状の移植ではこれが限界かも?)
・メッセージの表示に一部不具合あり?
 (こちらも限界に近いかも?)


変換方法

※製品版と体験版は一部のファイル名が異なるだけで、基本的に一緒です。

1:コンバータ全ファイル、extract_qlie_b.exe(コンバータ付属)、imageUtility059d(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeを各.packファイルのあるディレクトリに置きます。
2:data0.pack~data7.packを展開。
3:1_bファイル展開_nostalgico.batを起動、.b(複合形式)ファイルを展開します。


画像変換

※今回の画像変換は、全てimageUtility059dで動作を確認しています。

4:2_画像合成_nostalgico.txtを、imageUtility.exeにドラッグして、画像ファイルを合成します。
5:3_画像変換_nostalgico.batを起動して画像を変換します。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
各ファイルの以下の部分(赤い部分)を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

※2_画像合成_nostalgico.txtの書き換え

*start

cal %size1=1280
cal %size2=800
cal %size3=720
cal %size4=450
cal $3=".png"
cal %8=240
cal %10=2
cal %11=0
cal %12=100

PSP        iphone、Android
cal %size2=480 → cal %size2=800
cal %size4=270 → cal %size4=450
cal %12=60   → cal %12=100



※3_画像変換_nostalgico.batの書き換え

@set size1=1280
@set size2=480
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=720
@set size4=270
@set resezey=100*%size4%/%size3%
@set size5=60
@set size6=300

@set size7=%size6%*1.5
@set size8=%size6%*3

PSP        iphone、Android
@set size2=480 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=450
@set size5=60  → @set size5=100
@set size6=200 → @set size6=300



シナリオ変換

6:scenarioフォルダ内に分割されている全てのテ.sファイルをシナリオフォルダにまとめてください。
7:nostalgico_1~4.plを順に起動し、(最終的に)1.txtを作成します。


ムービー変換

8:4_movie_nostalgico.batを起動、各ムービーファイルを分割、編集を行います。
 (mplayer.exeが必須になります。)


サウンド変換

9:9_サウンド変換_nostalgico.batを起動、各音楽ファイルを音質変換します。


アーカイブ作成

10:arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。

TIPS:arc.nsa作成時の注意
今回のアーカイブ化(arc.nsa作成時)は、どの機種でも一筋縄ではいかないようです。

iphone、Androidで起動する場合
今回の変換で、Android用のファイルサイズは2.7GBになります。
・・・が、今までの経験ではarc.nsaのサイズが2GB越えの場合は、ファイルの認識エラーが出てくる場合が多く、実質起動不可になる可能性があります。
このため、arc.nsaを分割する必要があるのですが・・・

PSPで起動する場合PSP用に変換した場合、ファイルサイズが1.68GBになるので起動ができそうなのですが・・・Ons for Winでのテスト時で・・・若干症状が異なるものの、ファイルの認識エラーが多発してやはり苦しいです。
ファイル数で言うなら、100,000を超えてしまうので、認識できる限界を超えているから?とか・・・原因不明。
(今回は、PSP実機で起動テストはしていませんが・・・・)
こちらの場合でも、arc.nsaを分割をお薦めしたいのですが・・・

ただ・・・Nscripterでのアーカイブの作成規則として、arc.nsa、arc1.nsa、arc2.nsa・・・と必ず数字を続ける形なら認識できる・・・という話でしたが、Ons for Winでの動作テストではこの通りに複数アーカイブを認識できていないんですよね・・・

結局、動作テスト時は・・・両機種とも全員ではなく、1キャラ分のムービーを入れて単数アーカイブ(arc.nsaのみ)での動作確認という形で作業を行っております。
何らかの形で解決できれば、追記していきたいですが・・・・・
(尚、この不具合は製品版のみでおこります。体験版では関係ありません。)

完了及び起動

11:arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。


・・・・以上です。よろしくお願いします。







木洩れ陽のノスタルジーカとは?
Nostalgico_t0.png
2013年2月発売された、元キャラメルBOXの主要スタッフが立ち上げた新ブランドSTREGAが製作した第1弾のソフトです。
ディレクター嵩夜あや、キャラクターデザインのり太の組み合わせは、かつての「処女はお姉さまに恋してる」シリーズを作った黄金コンビ(と個人的には断言する!)が作られた作品ということで、飛びついたように移植作業に入りました。

・・・・え?でもこのゲームって発売されてから1年半も経っているのに、その間自分は何をしていたかったって?
決まっている!!!!
こんな作品があったこと自体知らなかったんだって・・存在を知ったのは2014年7月、つまりは先月。
この所、本当に情報に疎くなってしまって・・・・本当にすみません。





今回の記事は体験版コンバータの配信がメインなので、ストーリーには触れないで、ゲームの第一印象レベルの感想を書いていこうかと。
Nostalgico_t6.png
気になったのは、この作品は西暦2488年・・・のはずなのに、現代の日本に比べても生活の様式があまり変わってないこと。
勿論・・・コンピュータ関連の技術や、人型機械(ヒューマノイド)の存在など、明らかに現代とは異なる部分はあるけれど・・・食べ物や娯楽、考え方など生活の基本的な所はあまりにも変化が少ない。
現代の日本人でも、そのまま溶け込めそうな感じです。

だからこそ、多少ならず疑問が沸いてくる。

100年程度の未来なら確かにあまり変化が見られないかもしれませんが、500年近く未来の世界でも変化がないというのは斬新というか・・・SF作品としては珍しい解釈ではある。
コンピュータ以外では、資材やエネルギー関連(可能な限りリサイクルや節約をすること)に関しては確かに結構進化が伺えること等から・・・恐らくはこの時代で重要視されているのは、「革新的な技術」よりも「限られた資源を有効活用する」ことなのかもしれません。
そう考えると、この世界観でもある程度は納得できるか?

・・・ただそうなると問題なのは500年もの間、宇宙開発関連には大きな発展は無かったのか、という点。

確かに資源の有効活用は現代社会でも最重要課題ではある。
その反面、地球上の資源が枯渇する前に宇宙に進出する・・・この考えは無かったのか?
例えば未来の電力として期待される、核融合に必須なヘリウム3は地球には殆ど無くても、月には豊富にあることが解っている。
他にもレアメタルを始めとして多くの資源を求めて、未来に於いては宇宙進出には大きな動きがあることは想像に難くない。

勿論、困難と思える点も多い。
考えられそうな問題としては(詳しくないので大ざっぱですが)・・・・

1.技術的に課題が多く、本格的な宇宙進出は現実的ではない。
2.宇宙進出するためにはレアメタルを始めとした膨大な資源が必要とされるが、十分な量を確保できない。
3.予想される天文的な金額を賄える国家、あるいは組織が存在しない。
4.その他の予想外の致命的なトラブルがあり、実現できない。

例えば予算面では他のSF作品で出てきそうなスペースコロニーとか作ろうとしたら、超大国の国家予算に匹敵するらしいですし・・・確かに現代の世界情勢では難しい。
でも500年もの年月があるのなら、多くの問題が解決できそうな・・・

1の技術面では大幅な進展が期待できそうだし、2や3の資源や予算に関しては・・資源等の枯渇が本気で心配になってきたら、相当強引な政策を打ち立ててでも確保はするだろう。(いざとなったら、数億人程度の犠牲を払うことになってもお構いなしに。)
結果的には、いくつかのスペースコロニーや惑星1つくらいのテラフォーミングに必要な物資や資金は、集められるのではないのだろうか?

こう考えると1~3に関しては最終的には障害にはなり得ない。
後は4の他の致命的な問題くらいだが・・・最後までプレイしていないのだが、今の所はこの点に関しての説明は無い。

ただ・・・・宇宙進出が何らかの問題で不可能になっているのなら、このゲームのような2488年の世界を迎える可能性はある。少ない資源で大勢の人間を平穏に暮らさせるためには、文化レベルをある程度抑えた方が資材やエネルギーの消費を制限できて良い・・と考えてのことかもしれない。

そういえば、この作品の主要スタッフがかつて製作した「あえかなる世界の終わりに」も、(昔プレイしたので記憶が曖昧、というか時代を特定しづらかったような気がするが・・それでも現代より100年は経っていた記述があったはずなので、22世紀以降であることは間違いない。)コンピュータ関連を始めとする一部の分野を除いては、現代と比べて殆ど変化がなかった印象があった。

もしかしたら両作品とも、現代(21世紀)の生活環境は人類が生存しうる限界点まで発達している、それとも倫理、道徳面等の見解で現代より進化させたら何らかの危機的状況を訪れる・・・といった考えから21世紀以上に大幅な文化の進化は望めないと思っているのかもしれない・・・事実、現代でも中国の全国民が先進国並みの消費社会をするようになったら、それだけで人類は滅亡すると言われているし・・・・

結局のところ、「木洩れ陽のノスタルジーカ」や「あえかなる世界の終わり」は従来のSF作品と比べれば地味な世界に描かれているわけだが・・・これはこれで一つの可能性として受け入れるのが正解なのかもしれない。
こういうSF作品もある・・・それはそれで良いのだろう。
言うまでもないが、こういう作風にすれば製作の際、最小限の手間で済むからとか・・・そんなことは微塵も考えてはいけない。

まぁ・・・・あれだ、「人類の未来に幸あれ」ということでこの議論は終了だ!!


延々とこんなことを書いておいて何だが、
・・・ものの見事にどうでもいいことですね。
・・・すみません、ごめんなさい。

話は変わって、この作品の評価ですが・・・・ものの見事に評価が分かれます。
神作や良作でもないし、駄作や凡作でもなく・・・つまりは賛否両論作といった所でしょうか?
部分的には高く評価できる箇所が散見するものの、ゲーム全体で見るならバランスが悪い箇所もあり・・・やや難あり、というのが総合的な評価と思えます。

つまりプレイする方によって評価が大きく変わるため、こういった作品こそ体験版を事前にプレイして自分に合う作品なのかを確かめるのが重要だと思います。
気になる方は、今更ながら体験版を(できれば変換して)お試し頂ければ・・・と思います。


それでは、今回の移植版の特徴です。
Nostalgico_t2.png
恋剣乙女の時にもそうでしたが、今回もimageUtilityの各種機能にお世話になっております。
上記のような画像にブラー(ぼかし効果)をソフトで画像を調整するような演出も、変換時にブラー処理済みの画像を挿入することで対応。
・・ただし、主に手間の問題で回顧シーン(セピア調)に変化する演出等、カットしてる演出も結構あるので期待されすぎるとツラいですが・・・


Nostalgico_t3.png
通話時のホログラム状の演出の再現は自分では無理なので(仮にできたとして、Onsでの再現は恐ろしく手間が掛かる)ため、上記の写真のような再現になります。
・・・あと、立ち絵表示のプログラムがQLIEの場合は特殊なためか、少々バグが度々発生しますが・・・申し訳ないですが、勘弁してください。


Nostalgico_t1.png
キャラメルBOX系のスタッフの作品(正確には嵩夜あや氏の作品?)といえば、名物である注釈。
あい変わらず良い味を出していますが・・字が小さめでそのままの移植では、読みづらそうなのでやや大きめに表示しています。
上記の写真はPSP用ですが・・・なんとか読めるかな?という感じ。
(動作テスト時はタブレットPCだったので、楽勝でしたが・・Android時では縮小せずに等倍なので、当たり前ではあるけど・・・)
PSPに特化するなら、さらに大型化して読みやすくする手もあるけれど、絵的にバランスが悪いので現状ではこのようにしてあります。大型化に関しては、要望次第かな?


Nostalgico_t7.png
この作品の移植で最も苦労している点は表面的な部分よりも、好感度を始めとするフラグ管理。
シナリオ分岐が思いの他複雑で、且つ分岐条件がかなり前に設定されていたりして・・・・テストプレイに時間が掛かったり・・・他の作品と比べて、とにかく解りずらいのが地味につらかったりします。
おかげで、もう少し早く公開したかったのですが・・・結果として中途版にも拘らず、公開がかなり遅れました。
製品版・・結構バグがあるはずです。
どこまで取れるかなぁ・・・まぁ、とにかく疲れたわ。





・・・とりあえず、今回はこんな感じで。
溜まったコメントの返事ですが・・・大変申し訳ありませんが、翌日にします。
もう体力の限界・・・寝ます。おやすみなさい。

生存報告・・・・では誰も満足しないよね?

皆さん、お久しぶりです。

他のコンバータの作者様のブログでは、よく行っている生存報告・・・なのですが、こちらは何もせずにすみません。
というのも・・はっきり言うけど、

このブログの読者の大半の方は、俺の生死なんでどうでもいいんじゃ?

・・・とか思っていたり。
このブログの利用者の方は、あくまでコンバータ関連がチェックであり、自分という人間には興味など沸かないだろうな・・とか思っている訳で・・・ぶっちゃけ自分自身が結構ドライな性格ゆえ、立場が逆ならその程度の価値しか自分に対して見出せない・・・そんな感じです。
(そうではなく、温かい目を向けてくれる方もいるかもしれませんが、そういった方の期待に応えていないのも事実なので、こちらからそういった反応を要求する資格はないと思いますし・・)

そういう意味では、個人的には生存報告ということに意義を感じません。
かえって期待する方をがっかりさせる行為のような気がしますし・・・
だからこそ、再び記事にするなら相応の成果は出すことは重要だと思います。
そう思いつつひと月以上経って・・・何とか記事が書く機会を得ました。


前置きが長くなって済みませんが・・ついでに、今までの近況報告を・・・

まず、こちらは家庭の事情で田舎の静岡に帰る必要がありました。
当然仕事も辞めて、引越し。
やたら部屋を散らかしていたため、死ぬほど大変でした・・・・

引越しが終わったら、荷物の整理。
できる限り、荷物を捨てたくなかったので積んでいたMG(マスターグレード・・プラモデルね、一応)を全て組み立て。これで箱とランナーは捨てられるので、省スペース化。
ちなみに、全て塗装しました。
ターンAとターンXは同じ作品のプラモデルなのに、製作コンセプトはある意味正反対(共に出来は予想以上という点は共通だけど)とか作って初めて気づくことも多く、これはこれで大満足。
でも、10体以上の製作はさすがに詰め込みすぎでしたが・・過密すぎて、シンナーにやられそうでした。
暇があったら、こういった製作記事を書いてみたい誘惑にも駆られたかな?

勿論、遊んでばかりもいられないので・・再就職を果たすものの、結構ブラックっぽい会社に。
時間は割りと取れるものの、きつく、遠く、安く、危険?
いつまで持つか・・・まぁ、明日があるさ・・・たぶん。

ゲームとかは金もないこともあって、滞り気味。
やりたいこと、やらねばならない事でとにかくな日々でした。

ともかく・・・一応は一段落したので、勘が鈍っていないかどうか不安になりつつも


さてようやく本題です。

今回は新作のコンバータである、STREGA様の木洩れ陽のノスタルジーカの中途版を公開することにしました。
「おとボク」の嵩夜あや&のり太の両氏の活躍を聞かないと思っていたら、こんな作品を作っていたのね・・(実は全然知らなかった)・・知ったら、衝動的に作ってしまいました。

ただ・・・いきなり全てを作る気力も無いが、体験版だけ作ってお茶を濁すというのも・・・
という訳で、体験版と、一部だけクリア可能な中途版の両方を用意してみました。
今のところ、これが精一杯ですが必ず仕上げますのでよろしくお願いします。

コンバータ本文の記事とこの記事とを一緒にすると、あまりにも煩雑になりまとまりが無いので・・・今回は2つの記事に分けて書かせていただきました。



・・という訳で、今更ながらですが復活宣言をしたいかな?と思います。
これから復活しても、昔と同じく付き合ってくれる方は多くはないと思います。
ただ・・・それでもお付き合いしていただける方は、頑張りますのでよろしくお願いします。


プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。