スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月はいろいろありすぎ・・・・・・・

え~~~と、このブログを読みに来ている方はあくまで、コンバータが目当てであり、コンバータの作者個人に興味はないはず。

百も二百も承知しておりますが、今月はあまりにいろいろありすぎて、ペースが落ちています。

今回は日記程度ですので・・かーるく読み飛ばしてください。


1:ディスプレイを新調

今までは15インチの液晶モニターを6年ほど使っていたのですが・・・
ヤフオクで、てきと~~~に12,500円で入札したら、21.5インチのワイドモニターを落札してしまった。

ワイドディスプレイには興味がなかったのですが・・・
今年の冬の大型電気店の目玉は大型テレビとは聞いていましたが、冗談みたいな値段だと思います。

・・・で、これでパソコンの印象が変わったのですが、大きく変わったのはPS3。
今まで適切なモニターがなかったので、発売日に購入したのに、リッジレーサー7しか持っていなかったので、
ここで、ソウルキャリバーIV、キング・オブ・ファイターズXII、メタルギアソリッド4を購入して次世代機の映像美をチェック。

キング・オブ・ファイターズXIIはあのドット絵だけが目当てなのでゲーム自体の内容にかかわらず、満足。
ソウルキャリバーIVは、映像はともかく・・・CPU戦があまりにもつまらない。

対戦格闘は廃れぎみだけど、ブームのときのゲームはCPU戦が面白いものが多い。
ネット対戦がメインとか、やっぱ人との対戦でしょ?という人もいますが。・・・CPUを一人でやる人は実際には多い。少なくともPSPでやる分にはアドホック対戦やるやつなんて、どんな暇人でしょ?て感じだし。

最近は対戦の設定にのみ重点が置かれているような気がしますが・・・
SNKの人気とかはCPU戦が面白いからキャラ人気につながっていた、と思うのですが・・・
最近の次世代機用のやつは、「対戦しないなんて、馬鹿じゃね?」と言われているようで食傷気味です。

格闘にかかわらず、ソロでプレイしても面白くない・・というジャンルは長続きしないと思うのだけど・・
せめてメーカーもネット対戦ルームが空のときは、ダミープレイヤーのデータを1000人くらいは用意しとかないと、廃れる一方ですよ?

メタルギアソリッド4はじっくりやれば面白そうだけど・・・コンバータが作れなくなるので、封印。


2:DSが見つかる。

実は2年以上前に失くしてしまったニンテンドーDSが見つかる。
2年前ものなのに、まだバッテリーも生きているのには感動。

しゃべるお料理ナビとかは、両手が食材で汚れていても、「オーケー」と喋るだけで、次に進めます。
その他の学習ソフトの感覚的操作は、革命的です。

DSは全体的には、PSPよりも良いハードだと思います。
安価で作れて丈夫だし、折りたたむから液晶も傷つかず、バッテリーも長持ち。
メーカーも二ーズに答えようと必死。

でも・・・でも・・・・どうして、こんなにやりたくなりそうなソフトが出ないんだろう?
RPGやるぐらいなら、コンバータ作ったほうが面白いので、ドラクエ興味なし。スパロボも興味はありますが、手が出ません。ラブプラスとかは面白いのでしょうか?かなり話題になりましたが・・・喋ってたりすんの?

別に無理にDSやる必要はないけど、一番面白かったのが漢字検定のソフトだった・・・というのが少し寂しいので、そこからは脱却したい気も(笑)。


3:ネットを光通信に。

正直、やって損しました。
一部の設定が回復しないため、前と同じ感覚でできないものが多く、不便になった、という感しかないです。
これが原因で回線レベルで故障したため、ネットそのものができなくなったし・・・

一応直っていますが、直った原因も不明。
・・・・無駄に体力と時間を消費してしまった。

オンラインゲームやyoutubeをよくやる方以外は、面倒なだけなので迷っている方は積極的に導入しない方向でいくことをおススメします。

・・単に自分が、次世代の設定についていけないだけ?


4:常用のハードディスクが破損。

ハードディスクが壊れるのは何度かあるけど・・・今回は派手だぞ~~~。
何せ、煙を噴き出した。

さすがにこんなのは初めてです。
日本国憲法では、ハードディスクを火葬する義務はないですし・・・このまま続けても意味がないので、データの復旧は素直にあきらめました。

今回のトラブルで、コミュの全データを損失。ステラシアターも同様ですが、体験版のデータが公開してあるので、こちらはまだ・・・・コミュはアーカイブから作り直しです。

体験版の公開の意味は、ユーザーの反応をうかがうこともありますが・・・公開、という形は最強のバックアップの方法でもある、というのも本音。
マシンがどう壊れても、公開済みのものは復旧しやすいです。

ほしうたSSはもう別のハードディスクにしてあったので、無事。
やっぱりバックアップは定期的にとっておかないと・・・今月は休みは4日以降はないので、この辺は後回しになってしまうんですよね・・・・


5:仕事の現場が異動。

来月以降の話ですが・・・コンバータの製作に影響が出るかも・・・



以上、ここ2週間の日記でした。全部実話。
さすがにこれだけあると、時間が・・・・
これからも続けていきたいですが、回復に多少かかるかもしれません。

申し訳ないです。
スポンサーサイト

もっとシグナルハート(第2回):より速く、より高精度に・・Onscripter for PSPテスト版の導入について

・・・体験版3本のコンバータは、拍手数とかを見るかぎりでは、好評のようですね。
拍手やコメントをもらえるのは、こちらとしても嬉しいことなので、やる気が出てきます。

コミュだけ体験版を作っておりませんが・・・別に仲間はずれにしようとかやる気がないわけではなく、こちらが最も難易度が高く・・・むしろ集中してつくるためには、他を全部作ってしまえば・・という考えです。

体験版を作ったものに関しても、必ず作りますので・・よろしくお願いします。


msh2_00.jpg
さて、大分遅れましたがシグナルハートの製品版を開発中です。
・・・が、現状のPSPでは動作速度や、一部のアイキャッチが上手く再現できないなど部分もありますので、ここですとーむ様が製作されたOnscripter for PSPテスト版を本格的に導入してみました。

ウリでの一つであるMJPEGムービーの対応に関しても、可能な限りこだわってみました。

今回の記事作成に関しては、すとーむ様に多大にお世話になっております。
感謝とともに、導入を検討される方のガイドになれば幸いです。




MJPEGムービーの変換に関して


今回のメインはこれです。

まずはほしうたやステラシアター、コミュで使われている一般的なmpgファイルのムービーによる変換方法です。



①変換するmpgファイルと、mjpeg.exeを同一のフォルダに置く。

②コマンドプロンプトで、
  
 mjpeg -RES 0 45.0 45.0 op.mpg ←ここはムービーファイル名
 mjpeg -RES 1 369 270 op.mpg

 上記のいずれかを入力して、映像のみのmjpgファイルと、tmp.wavという音声データを作成。

③tmp.wavをmp3またはoggに変換(個人的にはoggを推奨。)

④mjpeg op.mjpg tmv.ogg(or mp3)で映像と音声を結合。



・・・これで上手くはいくのですが、一部のパソコンではtmp.wavのogg化の過程で、


msh2_01.jpg


・・こんな感じでチャンクデータの異常、というエラーが出て失敗します。
こちらが試したのは3台のパソコンでしたが、成功したのはXP、失敗したのは例によってVistaです





今に始まったことではありませんが・・・・Vistaでなくても、同様のエラーが起こる方がいるかも知れませんので、どんなパソコンでも変換できそうな方法を書いておきます。(こちらの場合は、mplayerが必須。)



①変換するmpgファイルと、mjpeg.exe、mplayerを同一のフォルダに置く。

②コマンドプロンプトで、
  
 mjpeg -RES 0 45.0 45.0 op.mpg ←ここはムービーファイル名
 mjpeg -RES 1 369 270 op.mpg

 上記のいずれかを入力して、映像のみのmjpgファイルと、tmp.wavという音声データを作成・・・しますが、tmp.wavは使用しません。

③コマンドプロンプトで、

mplayer -vo null -af format=s16le,channels=2,resample=44100 -ao pcm op.mpg

・・と入力、audiodump.wavを作成します。

③audiodump.wavをmp3またはoggに変換(個人的にはoggを推奨。)

④mjpeg op.mjpg audiodump.ogg(or mp3)で映像と音声を結合。


・・・これで殆どのパソコンで変換が成功する、と思います。





さて、このMJPEGの特徴ですが・・・・

A:ムービーが非常にきれいに再生される。
30fps(1秒間に30枚の動画が再生される=市販のDVDと同じ再生速度)に達しているため、従来の動画再生と比べ、非常に滑らかです。

B:PSP-1000でも問題なし。
smjpeg形式の場合、メモリーの少ないPSP-1000で行う際は、320x240位に落とさないとメモリーの過負荷で落ちてしまいますが・・MJPEG形式では全く問題なくフルサイズで再生可能です。

「SMJPEG は画像と音声を同時に読み込んでいましたからね。しかも音声は無圧縮でサイズが大きい。独自 MJPEG は一番最初に音声を全てメモリに取り込んでしまうので、常時読み込んでいるのは画像だけ、これがかなり大きな差となっているのです。」

・・・すとーむ様の話によると、こういうことです。この辺りはさすがです。


C:サイズがやや大きめ。
デメリットというわけではないのですが、ムービーのサイズが大きめに感じるところがあるかも・・・
例えばシグナルハートのEDムービーはオリジナルでは49.3MB、MJPEGでは49.4MBと縮小した映像なのにサイズが大きくなってしまうことがあります。
(ogv形式はもともとサイズが小さめなので、この辺りは重箱の隅をつついているようなものですが・・)
・・・それでもsmjpegよりは小さいので・・・最近はメモステも大容量かつ安いので、気になるほどではないですが。




シグナルハート版ムービーのMJPEG化

msh2_05.jpg

さて、上記の方法で大概のゲームのムービーは変換できるのですが、シグナルハートはかなり特殊なものが多く、このままでは変換できません。・・・というわけでムービーのタイプに合わせて、変換方法を書くことにしました。
(これらの作業は、体験版でもできるので、興味のある方はお試しあれ。)



OP、EDムービーの場合


さて、シグナルハートのOP、EDムービーはogv(Theora形式)で収められていて、上記の方法では現在(2009年1月17日)の地点では、変換できません。

smjpegに変換する方法はffdshowをインストール後、Xmedia Recodeで変換する形をとっていましたが、残念なことに映像はともかく音声がMJPEGに対応していないため、この方法が取れません。
そこで、ogvムービーの現地点で最も効率のよい変換方法を書いておきます。
ちなみに、ffdshow、mplayerは必須です。



①変換するmpgファイルと、mjpeg.exe、mplayerを同一のフォルダに置く。

②コマンドプロンプトで、

 mplayer -vf scale=360:270 -vo jpeg -af format=s16le,channels=2,resample=44100 -ao pcm "signal heart demo.ogv"

・・・と入力し、分割した画像ファイルとaudiodump.wavを作成します。

②展開した画像を、imageutility -FMT JPG 24 *.jpgで変換。任意のフォルダに入れる。

③audiodump.wavを任意のツールでoggに変換。

④mjpeg -TMS 93224 フォルダ名・・・でjpg画像を結合。
 EDムービーは、mjpeg -TMS 127014 フォルダ名・・・で結合します。

⑤mjpeg demo.mjpg audiodump.oggで合成。


え~~~と、解説ですが・・・・つまるところ、smjpegと作り方とあまり変わりません。
上の変換方法で違うのは出力する音声がwav形式であることと、画像の変換処理にimageutilityが必須であることです。
-藤-Resizerなどを介したら、再生時にゴミが出てしまうことがあります。
MJPEGとimageutilityは、セットだと思った方が良さそうです。




Tips・・・他のツールを使った場合

さて、以上の方法で変換はOKなのですが・・・より高画質を目指す方、普段他のツールを使っている方向けにフォローを書いておきます。・・といっても、半分備忘録のつもりで書いているので、おまけ程度です。


A:より高画質で再生したい方へ

mplayerは抽出する画質を選べないので、より高画質を望む方はffmpegを使った方がいいかも・・・
以下が変換方法です。

1:ffmpeg -i "c:\signal_ogv\signal heart demo.ogv" -f image2 -vcodec mjpeg -qscale 1 -qmin 1 -qmax 1 "c:\signal_ogv\test\%08d.jpg" ・・でjpgを抽出し、縮小。

2:mplayer -vo null -af format=s16le,channels=2,resample=44100 -ao pcm "signal heart demo.ogv" ・・で音楽を抽出、ogg化。

3:mjpeg.exe -TMS 93224 test ・・でjpgを結合。

4:mjpeg.exe test.mjpg audiodumo.ogg ・・で映像と音楽を合成。

・・・この方法を使った方が彩度が高い映像を抽出できるので、より鮮やかになります。
(まぁ、較べてみれば・・・という程度の差ですが(笑)。)
ただこの方法の欠点は、全てのムービーで成功しないこと。
実際、シグナルハートのOPは成功しますが、EDはエラー終了します。
「ffmpegは独自のコーデックを持っているので・・」・・・すとーむ様の話によると、これが原因か?

ただffmpegを極めれば、「動画のうちの一枚をより綺麗に」とか、「動画の一部を再生したい」とかの願望を持っている方にはよいのかもしれません。
(おとボク辺りは、ムービーが全部つながってしまっているので、裁断が必須ですし・・・)
まぁ、動画の一部を再生したい方は、他の裁断ツールを使った方が効率は良いでしょうけど(笑)。


B:TMPGEncでは駄目なのか?

「TMPGEncでogv → mpgに変換して、あとは普通にmpgムービーとして処理をした方が簡単ではないか?」

こう思う方がいるかも・・・結論としては、これは正解。実際より簡単に変換可能です。
た・だ・し、この場合は映像は強制的にMPEG-1になっていまい、画質が大分落ちます。
今回の趣旨は「MJPEGに合わせて、より高画質に」なので、不採用。
同様の理由で、XMedia Recodeも見合わせています。

どうしても、手間を惜しむなら・・・こちらの方がいいかもね。



アイキャッチ、時間経過(ワイプ)の場合
sht04.jpg

以前は一部あきらめていた、これらの再現についてですが今回は成功しています。

さらに.bファイルについては、より便利な展開ツールをすとーむ様から教えて頂いたので、今回はこれを利用したバッチファイルを使って、より簡単な製作方法を模索してみました。


まずは.bファイルの展開ですが、実は暗号化などはされておらずただ結合しているだけ、とのことなので・・・
一般のフリーウェアで、展開可能です。

そこで今回はexe2bmpを使って、アイキャッチを展開します。


msh2_02a.jpg
各ファイルをexe2bmpにドラッグ。
このツールの場合、どんなファイルを変換しても展開後のファイル名が共通のため、展開したファイルごとにフォルダを作って収納後、個別に変換する必要があります。

ステラシアターのmngファイルと同じやり方です。
・・・面倒といえば、面倒ですが。


msh2_02c.jpg
今回シグナルハート体験版のフォルダにren_eyecatch.bat、res45%jpg.batを追加しました。
これはどのアイキャッチでも共通で使えます。

・・・で、展開後は各フォルダにこのように配置して、両方のバッチファイルを起動します。(順番はどちらでもいいです。)

・・この後、展開先のフォルダの一つ上の階層に、AMT0170.oggとmjpeg.exeを置きます。
AMT0170.oggはアイキャッチ_1aの中にしか入っていないので使い回しです。
(ワイプ(移動、時間昼など・・・)はAMT0170.oggは不要。)


・音つきのアイキャッチの場合

各フォルダ名は・・eyecatch_1a、1b、1c、1dです。

mjpeg -TMS 5000 eyecatch_1a・・で画像を連結。
mjpeg eyecatch_1a.mjpg AMT0170.ogg ・・・で映像と音声を結合。


・音なしのアイキャッチ(ワイプ)の場合

下記のタイミングで合成

mjpeg -TMS 1633 移動
mjpeg -TMS 1100 時間1
mjpeg -TMS 1100 時間2
mjpeg -TMS 2633 時間昼
mjpeg -TMS 1833 時間夕
mjpeg -TMS 2633 時間夜

タイミングは(画像数/30x1000)・・で割り出したものです。
合成させるタイミングがわからない場合は、Soundengineでミリセカンド単位まで調べるか、
音なしのものは上記の式で割り出すといいでしょう。


おまけ・・秋色恋華のOPムービーのMJPEG化ak00_1.jpg

さて・・・MJPEGもいろいろと使えそうなので、ちょっと遊ばせて頂きました。
ちょっと特殊な例として、秋色恋華のOPムービーを再現してみました。

実は市販のソフトでも、mpgのようなものではなく、連番形式で再生するタイプのものが結構あったりします。
今回はパープルソフトつながりで・・・秋色恋華を再現してみました。

秋色恋華を始めとするパープルソフトの作品は、cmv形式という特殊なフォーマットで普通のやり方では無理です。
今までやろうと思っても無理だったので、積年の望み・・ということで。

①op.cmvをとあるツールで展開(例によって言えません。)
②展開した、op_002965.jbpが音楽データと思われますが、さすがに使えそうにないので・・・BGM17.oggを代用します。

③BGM17.oggは122686ミリセカンドなのですが、これではやや尺が長いという気がします。
SoundEngineで調べたところ、2分ちょうどで音楽が切れるので、ここにあわせて合成。


ak00_3.jpg
BGM17はサウンドモード用の曲なので、若干長さが異なります。
実際にSoundEngineで再生させると、2分ちょうどで曲が終わるのでそこに合わせるといい感じになります。

あと・・念のため書いておきますが・・・・

・ゲームによって暗号化の方法が異なるので、同じcmv形式でも再現できないものがあります。
(実際、最新作のメモリアでは不可。)

今回はOPムービーの再現だけで、コンバータを作るとか・・そういうつもりはありません。
(秋色恋華はメッセージローダも作られているので、方法はあるのでしょうけど・・・)


ak00_2.jpg
個人的にパープルソフトの印象と言えば、「ムービーがきれい!」・・まずはこれです。
(シグナルハートはあまり凝ってませんが・・(苦笑)。)
最近は凝った映像が多すぎて特別凄いということはないにせよ、やはり凝った部類には入ると思います。
実際、このムービーに使われている「秋色」という曲の悪口は聞いたことがありません。
・・それはこのムービーの出来の良さ、も手伝っていると思っています。

同社のゲームをあまり持っていないので、これ以上の情報はなかったりするわけですが・・
持っている方は、挑戦してみては?



msh2_04.jpg
・・・というわけで現在、気になるところをデバッグ中です。

あと、Onscripter for PSPテスト版を導入するメリットとしては・・・

・動作速度が全体的に向上している
・今までのONSではスキップするとたまに落ちますが、今回のONSではめったに落ちません。
(PSP-1000で智沙ルートをスキップしてみましたが・・・2時間の間、全く問題ありませんでした。

・・・このように、速度面が強調されていますが、安定性もかなりのものです。



ただ現在、テスト版6が出ているようですが・・修正したバージョンでもBGMにノイズが入っている?
・・・でもテスト版5だと該当するMJPEGムービーがないとその場で落ちます。

現状ではテスト版5で、

・mpegplay "movie/op.mjpeg" → fileexist %3,"movie/op.mjpg":if %3=1 mpegplay "movie/op.mjpg",1

・mpegplay "movie/op.mjpeg",1 → ;mpegplay "movie/op.mjpeg",1 (この場合、ムービーは再生されません。)

・しっかりMJPEGムービーを作って、mjpeg → mjpg

・・・こういった置換作業を行って、プレイするのが一番安定しているか?

テスト版6が安定が確認できたら、この部分は差し替えます。

すとーむ様からは、フォントなど他に有効な情報を頂いておりますが、今回はこの辺で・・・
シグナルハートには、さらに気になる情報がありますし・・・


お年玉企画:ステラシアター(体験版)

・・・・すみません、大分遅れましたがステラシアターの体験版のコンバータを公開します。
度重なる無理な頼みをきいてくださった、七次元様に厚く感謝いたします。


2009年に公開された、Roseblue様のサイトからダウンロード可能なステラシアター(体験版02)を劣化移植するためのプログラムです。

動作状況

・最後までプレイ可能
・立ち絵に一部不具合あり。
・ホロスコープシステムの一部の操作に、不具合あり?

変換方法

①ファイルの展開
ファイル名がハッシュ値として展開されるツール(例:0a3bdec3.pngとか・・・)で、system、image、sound、voiceの各.datファイルを展開。

②コンバータのファイルの配置
ヤフブリから、ステラシアター(体験版)コンバータ全ファイルをダウンロードします。
ファイル構成は、下記の通り。コンバータの各ファイルの配置を間違えないように・・

日カレント
├日image-日image
│    ├田actor
│    ├田back
│    └田visual
├日voice-田voice
├日sound日sound
│ ├田bgm
│ └田se
├日system ←StellarTheater1~3.pl、make_list.pl、batはこちら
│├田script
│└田system
├StellarTheater専用リネーマー(体験版向け).exe
├image.lst (後で作成します。)
├voice.lst (後で作成します。)
└sound.lst (後で作成します。)


③シナリオ変換
StellarTheater1~3.plを順に起動。1.txtを作成します。

④ファイルリスト作成
make_list.batを起動、image.lst、sound.lst、voice.lstを作成します。

⑤ファイルのリネーム
作成したimage.lst、sound.lst、voice.lstをStellarTheater専用リネーマー(体験版向け).exeと同じフォルダに移動。
その後、StellarTheater専用リネーマー(体験版向け).exeを起動し、画像、音ファイルをリネーム。

⑥システム画像作成A
systemフォルダ内のmngファイルは、MEditで展開します。
この際、各mngファイルごとにフォルダを作り、各mngファイルと同じ名前のren_xxxxxxxx.batを入れて起動、リネーム処理を行います。

⑦システム画像作成B
リネームしたファイル郡を、imageフォルダに入れて変換処理を行います。
(ただ、mngから展開されたファイルはファイルの種類にかかわらず、マスク付きjpgとして処理しております。)

⑧画像の統合
visual、backは通常のjpg画像として、actorはマスク付きjpgとして変換、その後上記の変換したシステム画像を新規に作成したimageフォルダに入れます。

⑨サウンド変換
bgm、se、voiceフォルダ内の全てのファイルを、ogg、44KHz、48Kbps、stereoに変換。

⑩アーカイブ
image、se、voiceフォルダをarcフォルダに入れ、nsaed.exeドラッグ。arc.nsaを作成します。

⑪ムービー変換
op.mpgをsmjpegまたはMJPEG変換。拡張子はmjpgで。
変換後は、movieフォルダに入れます。

⑫起動
0.txt、1.txt、EBOOT.PBP、ons.ini、default.ttf、movieフォルダをPSP\GAME\任意のフォルダに入れ、起動します。


スクリーンショット
stt00.jpg
すみません、いろいろあって遅れましたが・・・・ようやく、体験版の公開です。

・・といってもここまで遅れたのは、こちらの手落ちが原因です。
周囲の方々(特に七次元様)に度重なるご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳ないです。

あと、本当に遅刻寸前で書いているので、どこかおかしいところがあるかもしれません。
ご了承ください。

stt01.jpg
立ち絵の処理ですが・・・・どうやっても上手く処理できないところが出てくるんですよね・・・
できるだけ直しましたが、今はこのぐらいが限界です。

・・・ただ、製品版に関しては別物に書き換えないと、対応できないんですよね・・・頭が痛くなりそうです。

stt02.jpg
ホロスコープは、ご要望どおりできるだけ忠実に再現しました。
ご意見がありましたら、ご連絡ださい。

急遽、一部仕様を変更したのでおかしいところがあるかも・・?


stx2_2.jpg
製品版では、こうなるはずの画面ですが・・・

stt04.jpg
・・・こうなっています。

画像が見当たらない!

そんな馬鹿な!と叫びたいくらいですが・・・事実見当たらない。
一時的な処置として、このようにいたしました。ご了承ください。


stx3_0.jpg
・・・というわけで、サービスカット。
ステラシアターの場合は、体験版と製品版はある意味、別物なので大幅に作り直す必要がありそうです。

あくまで体験版は通過点に過ぎないので、この辺りはご了承ください。

お年玉企画:斬死刃留(Zan-Ji-Ba-Ru)体験版コンバータ

2009年に公開された、AMOLPHAS様のオフィシャルサイトからダウンロード可能な、斬死刃留(体験版)を劣化移植するためのプログラムです。

動作状況

・最後までプレイ可能。
・現状で再現されているのは、ゲームのメイン部分のみです。

変換方法

・・・最近の作品の例に漏れず、変換方法はかなり複雑です。
本来ならデータの展開方法を書くべきではないのですが、今回はちょっとヒントを・・・


展開方法のヒント

現状では、斬死刃留の体験版の変換をサポートしているソフトウェアはありません。
ただ、それではキツイので、ちょっとだけヒントを・・・

ぶっちゃけ、製品版のデータ展開ができるソフトにあわせ、体験版のファイルの一部をリネームすればいいんです。
リネーム対象となるのは5つ。

・・・これ以上は一切お答えいたしかねます。ご了承ください。



・・・では、具体的な変換方法です。

①各xpファイルを展開。

画像処理について
色々なフォーマットの画像がごちゃ混ぜに入ってしまっているため、一括に変換できるツールがありません。このため、多少処理内容が複雑になります。

②画像処理I:背景、イベント絵の変換
bgimage、evimage内のjpgファイル、evimage\other及びimageフォルダの全画像ファイルを、-藤-Resizer-など、24bitに強制変換するツールでjpgに変換する。

③画像処理II:メッセージウィンドウの作成
uipsdフォルダに、rename_message_window.bat、rename_message_window.plを入れ、bat→plの順に起動。m_window.pngを作成します。その後uipsdフォルダ内の全画像を、α値のあるCGとして、njpgに変換してください。


④画像処理III:立ち絵の合成、変換処理A
fgimage内の全画像ファイルを全て1つのフォルダにまとめる。
      さらにそのフォルダ内に、upisd、evimage\cutin、evimage\map内の全画像ファイルを入れる。

⑤画像処理IV:立ち絵の合成、変換処理B
上記のフォルダにimageutilityと、fgimage_edit.batを入れてfgimage_edit.batを起動、立ち絵を合成します。
(合成できていない画像があっても、そのままにしておいてください。全ての合成するべきパーツがもともとそろっていませんので・・・)
合成した絵は、α値がありますので、七次元様のpng2Mjpg_slowや、新画像変換ツールを用いて処理してください。
       
尚、この立ち絵の合成処理は、体験版のみの仕様です。製品版では、最初から合成済みです。

⑥画像処理V:作成した画像の統合
上記で作成した画像を、全て新規に作成したimageフォルダにまとめます。

⑦音楽、音声処理
bgm、soundフォルダはそのまま使用、voiceフォルダはファイルを全て一つにまとめて使用します。
この際、44.1khz、stereoに全て変換してください。

⑧シナリオ処理
scenarioフォルダより一つ上のフォルダにzan_trial1~4.plを入れて、順に起動。1.txtを作成します。

⑨アーカイブの作成
image、bgm、sound、voiceフォルダを、新規に作成したarcフォルダにいれ、nsaed.exeにドラッグし、arc.nsaを作成します。

⑩ムービー変換
zan_op.mpgをsmjpeg(拡張子はmjpeg)に変換し、movieフォルダに入れてください。
・・尚、1.txtのスクリプトをmjpeg → mjpgに置換すれば、MJPEGにも対応できます。

⑪起動
0.txt、1.txt、EBOOT.PBP、default.ttf、ons.ini、movieフォルダを、メモリースティック内の、
PSP\GEME\任意のフォルダに入れ、起動してください。




スクリーンショット
Zan_00.jpg
え~~~~~~と、一つだけ自己弁護を・・・・・

なんかこうして、たて続けに出すとあっさり作れてしまった、と思えるかもしれませんが・・・さすがにそんな事はないです。
むしろここ最近で作った作品の中で、この斬死刃留が最も時間がかかっています。

変換も結構手間のかかる内容になっておりますが、これは画面をONS上で高速表示するための試作案です。
「何でこんな面倒を・・・」と思う方もいるかもしれませんが、それを承知でよろしくお願いします。


Zan_02.jpg
今回載せている画像は数日前に作成したもので、実際のプレイ画面とは一部異なります。
テキストは完全とはいかないものの、可能な限り整形しましたので、多少は読みやすくなっていると思います。

・・・にしてもこの作品は、製品版と体験版では、異なる部分がかなりあります。
製作側にとって最も厄介だったのは体験版のみに限り、立ち絵の合成処理を行なわないと、まともに表示できません。
製品版はそんな手間はいらないのに・・・

このため、体験版といえど余分な手間がかかっています。
正直、だいぶ疲れました。

Zan_03.jpg
エフェクト等の特殊効果は出来るだけ、再現しました。
ONSでプレイしても、思ったほどもたつかないのが結構ありがたかったり・・・


zan_04.jpg
一見するとどこか古そうな絵柄に見えますが、パース(遠近法)が効いた構図は最近の風潮を取り入れた新しいセンスのものです。

この戦うメイド、志乃さんのカットは大好きですね。とっても凛々しく決っています。
・・・にしてもこんなケレン味たっぷりな銃、一体どこで手に入れたんでしょう?

zan_06.jpg
このカットでは、オリジナルと同様、残像が付くように処理したはずなのですが・・・
一向にそうは見えません(笑)。・・・なんでだろう?

製品版を作る時の課題の一つですね・・・・


Zan_05.jpg
この選択肢では、オリジナルではぐるぐる回っているのですが・・・
ONSでは無理です。

ぐるぐるが無いのは、勘弁してください。
ぐるぐるぅ~~~~・・・・・・・・


zan_07.jpg
体験版のラスト。

この画面が見れるようになるまで、かなりの時間が掛っています。
是非、製品版のご購入を検討してくださいませ。

よろしくお願いします。


お年玉企画:ほしうた-Starlight Serenade-体験版コンバータ

hosiSSTx.jpg


2009年に公開された、フロントウイング様のほしうた-Starlight Serenade-体験版を劣化移植するためのプログラムです。

変換方法

注:今回のコンバータの試作品は、変換方法をあれこれ模索している関係で、間違った記載がある可能性が大です。
  ・・・間違えていたら、各自フィーリングや感性で、脳内補完してください。


・・・新年早々、馬鹿をいってすみません。
でも正直な話、あれこれやりすぎた関係で頭痛気味。まるで自信ないです。


まず、立ち絵の変換が厄介なので別途記載しておきます。

立ち絵についての注意

立ち絵、フェイスのグラフィックは、全て32bitαbmpで展開されます。
通常のグラフィックツールでこれらの画像の変換処理を行うと、24bitに強制的に変換され、同時にα値を失うため透過画像になりません。
このため、32bitの状態を保ったまま変換できるツールが必要になります。

一番簡単な方法は、imageutilityを使う方法。

①各キャラのtop、faceフォルダ内の画像をひとつのフォルダにまとめる。

②れんげ(ren)のnearフォルダは、移動させずにそのまま使う。

③両フォルダ内にimageutility.exeを入れコマンドプロンプトで、

imageutility.exe -FMT PNG 32 *.bmp

この変換を行うことで、α値を保ったpng画像に変換されるため、七次元様のpng2Mjpg_slow及び新画像ツールで、njpgに変換できます。


あと、システム関連(library\avgsystem、script\logo、script\title)もnjpg判定だった・・・と思う。


その他の画像は、-藤-Resizer等(別の言い方をすれば、24bitpng/jpgに強制変換するツール)を使って、45%に縮小して使用してください。

あと、今回の.bファイル(複合形式)は、展開ツールを作った方と同じ方が作ったツール(ex...という名前で始まるやつね。)を使用します。
(多分、製品版では他のツールを使う予定ですが・・・)



それでは、変換方法の手順ですが・・・

①data0.pack、data1.pack、data2.packを展開。

②imageフォルダ内の、chフォルダ以下に入っている、各topフォルダの全画像及び、faceフォルダの全画像を一つのフォルダにまとめ、32bitpngに一括変換。その後png2mjpg_slow等を使って、njpgに変換。

③imageフォルダ内の、chフォルダ以下に入っている、ren\nearフォルダの全画像を、32bitpngに変換。
その後png2mjpg_slow等を使って、njpgに変換。

④imageフォルダ内の、bgフォルダの全画像及び、evgフォルダの全画像を一つのフォルダにまとめ、24bitpngに一括変換。njpgでは無く、普通の(マスク無し)のjpgに変換します。

⑤システム関連の画像(library\avgsystem、script\logo、script\title)はnjpgとして処理してください。

⑥ ②、④、⑤の過程で作成したjpg画像を新規に作ったimageフォルダに、
  ③の過程で作成したjpg画像を新規に作ったnearフォルダに入れます。

⑦script\title\sndフォルダないの全ファイルをseフォルダにいれます。bgm、voiceフォルダは、そのまま使用。
 全ファイルを、ogg、44.1KHz、stereoに変換します。

⑧scriptフォルダに、hoshiutaSS_trial1~3.plを入れ、順に起動。1.txtを作成します。

⑨ムービーは、smjpeg形式対応。拡張子はmjpegです。
 movieフォルダを作成し、その中に入れます。

⑩image、near、bgm、se、voiceフォルダをarcフォルダに入れ、nsaed.exeでアーカイブします。

⑪0.txt、1.txt、arc.nsa、movieフォルダ、default.ttf、EBOOT.PBP、ons.iniをメモリースティック内の、
 psp\game\任意のフォルダに入れて、起動します。
 



スクリーンショット
hosiSST_0.jpg
・・というわけで、彼女たちが帰ってきました!

ほしうた-Starlight Serenade-体験版です。

前作でプロローグの最初と最後に登場し、オイシイ場面を一人占め。
・・・でもなぜかメインヒロインではなかったくららさんが遂に、タイトルを占領してしまいました。
人気投票で1位だったのでしょうか?

「また、ほしうたかい!」・・と思いつつも、いざ立ち上げたらノスタルジー全開です。
思えば去年の始めは、ほしうたから始まりました。

そして、今年の始まりも、またほしうたです。
・・・ノスタルジーくらい感じても、罰は当たりませんよね?


hosiSST_1.jpg
hosiSST_15.jpg
前回は夏の物語。
それ故、彼女たちの冬服は初めてです、が・・・・

夏服とデザインが全然違うやんけーーー!

校舎とかは割と安っぽいデザインなんですが(笑)・・・・
最近の育児はいろいろとお金がかかりそうで、少子化に拍車が掛かりそうです。

hosiSST_2.jpg
体験版ラストの絵。
こちらは、前作のDVDパッケージの裏側の絵ですね。
CGとして見られる日が来るとは、当時思っても見ませんでしたが・・・

hosiSST_3.jpg
・・・まぁ、とうの昔に発売されているのですが、ご購入を検討くださいませ。
よろしくお願いします。













hosiSST_5.jpg
hosiSST_4.jpg
・・・・・ん?
さすがにこれは、載せるのが早すぎか?・・・まぁ、いいか。

明けましておめでとうございます。(お年玉つき)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


去年はいろいろとありましたが、今こうしてこのブログでこうして挨拶できることが、率直にうれしいです。

本当に、去年は多くのことがありました。
某有名な展開ツールの公開停止や、あの方のブログの閉鎖など・・・やはり影響は大きかったようで、移植関係者の方達の活動も下火になってしまった感があります。
(まあ、それ以前の問題で本物志向のより精度の高い移植を目指す方や、対象の移植作品自体もより凝った演出のものが増えたため、開発に時間がかかっているだけかもしれませんが・・・・・)

・・でもやはり驚いたのは、こちらの活動が、この手の関係者の中では最も大きな影響を与える人間の一人と思われる方が増えた、ということでしょうね・・・・
(無論、自惚れでなければ、の話ですが・・・)

確かに、寝る間も削って作ったものも多かったので、こう見られることはうれしいのは事実ですが・・・
正直な話、何だか間違った認識のような気も・・・・

だってさ~~~、

俺ってはっきり言って、馬鹿じゃん!

同様の活動をされている方と比較すると、こちらはむしろ頭の悪い方に入ります。

例えば、去年でいえば・・シグナルハートの画像のゴミの件とか・・・
原因はすとーむ様のご指摘を受けて、すでに解決済みなのですが・・・かなり初歩的な問題だったんですよね・・

詳しくは、シグナルハートの追記の記事で書く予定ですが・・・他の方なら、あんなトラブルに見舞われただろうか?と思うとか~~な~~り、疑問だったりします。
こんなアホがそんな立場と認識される、ということは何だかまずくないか?・・つくづく思うわけです。

でもまぁ、そうは言っても別にPSPの移植関連を盛り上げようとかではなく、単純に自分が作って遊びたいだけなので結局のところ、その辺もあまり気にしていないのが本音。
こちらも馬鹿をやっていますので、それに付き合える方が遊ぶ感覚で楽しんでもらえたら、もはや何も言うことなどありません。

今年は何を作るのか、あるいは何を抱負にするのか?
そんな大きなことは考えられません。

強いて言えば、唯一つ。

来年もこうして挨拶ができたらなぁ・・・・

はっきりとしていることは、それだけ。
よろしくお願いします。














はい、それではお年玉の方ね・・・

正直な話、今回はいろいろと手を広げすぎたので、一気に作る・・・なんて無理な話です。
恐らく、そんなことをしても作業が雑になるだけで、意味がありません。

・・・というわけで、途中経過やお待たせするお詫びもも兼ねて、以下のものを製作しました。
興味のあるものがございましたら、お試しいただければ幸いです。


1月1日

ほしうた-Starlight Serenade-体験版コンバータ
hosiSST_0.jpg
They are Comming Baaaaaaaack!!
彼女達が帰ってきた!


というわけで、ほしうた-Starlight Serenade-の体験版のコンバータを作ってみました。
始めは少々?な印象だった、結衣のすこーんな擬音や、ななのの頭の悪そうな会話も・・・今となっては懐かしい。
もう一度、彼女たちに会いたければ、是非!

_________________________________

1月2日予定

斬死刃留(Zan-Ji-Ba-Ru)体験版コンバータ
Zan_00.jpg
架空の戦後史の中で繰り広げられる、妖怪退治絵巻。

コミュの立ち上げが異様に早く出来たのは・・・何のことはない、斬死刃留のコンバータの試作段階から一部流用したから、使える部分の表示は早めに出来た、というだけの話。

だったら、もっと手を加えれば、斬死刃留の方は・・・?
というわけで、作ってみました。
でも、まだ未完成なんだよね・・・実際。


________________________________


1月3日予定

ステラシアター体験版コンバータ

stt00.jpg
さて、続いてはステラシアター。
何とか体験版のレベルなら・・・・・?

でも、斬死刃留より未完成だし、まだリネーマーも・・・
予定は未定であって、決定ではない・・・・?

新年早々、ウソをつく結果にならないようにしたいですが(笑)。





・・・以上です、今年もよろしく!!!!
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
12 ≪│2010/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。