スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回製作予定タイトルの開発状況(後編)。

え~~~と、記事の前に・・かしましコミュニケーションのメッセージの不具合の修正案を非公開コメントで送っていただいた方へ。

指定されたプログラムが動きません。
・・・というか、文章がPerlの文法では合わないような・・・
手直しするにしても、幾通りにも解釈できる部分があるので・・再度送って頂ければ、と思います。
ちなみにるい智を安価で手に入れたければ、秋葉原をさまよいまくってディスクのみの中古とかの難あり商品を手に入れるとか・・の手があるかもしれませんが、交通費や手間を考えればそれもどうかと。

それでは、記事本題に入ります。前回からの続きです。



3.幼なじみは大統領・・開発度:25%ot00.jpg
世界をリードする2人の首脳会談。
両者の痴情のもつれと、両国間の国際問題を一挙に解決を試みたまさに歴史に残る会談である。
このような恥を知らない画期的な試みを繰り返すことで、世界は新たな時代を迎える・・のか?

余談ではあるが、見えにくいがルシア大統領(右)の汗の演出はオリジナルは連番jpgに近いのですが、こちらは全く異なる方法で再現しています。今考えれば画像のサイズが小さいので、連番jpgでも速度は十分かもしれませんが・・・どの道、手間という点では馬鹿にならないですね。



2009年は数多くの吉里吉里の名作や佳作が出ましたが、特に秋の勢いが凄かったです。
コミュや斬死刃留など、高い評価を得られる作品が次々と出ましたが・・・・

幼なじみは大統領を忘れちゃいけません!!

正直な話、題名がいまいちチープな感があり(他の題名のつけようもないわけだが・・)、そのため何となくパッとしない雰囲気があるもの・・・題名で手を出していない方がいるなら、それはあまりにもったいない作品です。

数こそは少ないと思いますが、
「2009年の作品ではこれが一番だ!」
・・・という方がいても、何とはなしに納得できる所があります。

いわゆるバカゲーです。最近の作品で例えるなら「バカと○ストと召還獣(アニメ版)」に近い。
いや、舞台設定やキャラクターに共通点などは全くありませんが、ノリというか・・「ムダなおバカっぷりと無意味なお色気」などは通じるものがあります。
(バカ○ストと違って秀○のようなキャラはいませんが(あの作品で話題に上るのはあのネタばっかですね・・)、代わりにおバカっぷりは3割増しなので甲乙つけがたいですね。)


4ヶ月前の記事では、あくまで顔見せ程度の起動確認のレベルでしたが、今回は本格的な移植を試みています。

前回では立ち絵の何割かが正常に表示できないなど、いろいろ苦しいところがあったのですが・・それらの原因の多くはケアレスミスの類であり、思いの他いい感じになっています。
(ただし、現状の方法では100%の解決は手腕の良し悪しを別にしても不可能なので、移植度を神経質に気にする方は遠慮していただいた方がいいかも・・)
こちらのかしましコミュニケーションコンバータで納得頂ける方なら、楽しめるかも?・・というレベルです。


その他の演出も表現が一部異なりますが、それなりに再現できています。
全ては無理でしょうが、大まかな再現は出来ましたので、25%にしておきました。

ただ、まだ序盤の部分しか再現していないので、本格的な動作確認にはかなり時間がかかります。
完全は無理ですが、Onscripterでも移植が可能であり、実際に射程距離に入ったという実感が沸いた・・・今はこんな感じですね。

ot02.jpg
移植中の写真で空の絵を載せるのは、自分だけのような気がしますが・・・
この空のスクロールとかはオリジナルでは30秒掛けてゆっくりと行われます。
吉里吉里はこの最中でもテキストの進行が出来るのでこの速度でいいのですが、ONSでは無駄に待たされます。
・・というわけで、こちらはこういった処理の場合はスクロール速度が10倍近くになるように微調整してあります。
こういった作業と積み重ねて、PSPで動かすのではなく、遊べる作品にしていこうと思っています。


あとは立ち絵合成スクリプトかな?
すとーむ様からかなり優秀な案をもらっているので、それを活かせればいいのですが・・・



4.ぐらタン・・開発度:10%くらい?
gt00.jpg
体験版をもとに起動を試みて、わずかな調整でシナリオ面では、結構先に進めるのがわかったのですが・・・

現状のスクリプトでは表現力に限界を感じて、画像処理を1から書き直すことにしました。
ぐらタンだけならいざしらず、これから先には表現力という点では相当に非効率なので・・・・
あくまで内部の処理なので、これにより動作速度の向上とかの機能面の強化は望めませんので、あまり期待はなさらないように。

ただ・・・ある程度は出来ているものの、現状ではまだまだです。
いつ出来るかも確約できませんが、何とか作れそうです。

今回の記事では、一番遅れているのでお待ちの方はかなり首が長くなりそうですが・・・・よろしくお願いします。





とりあえず、シグナルハートは例のツールを使うしかないか?
・・・それでは。
スポンサーサイト

次回製作予定タイトルの開発状況(前編)。

さて、先日の記事で次回製作予定タイトルの候補が4本ある、と書きましたが・・・今回はそれらの具体的な開発状況や、問題点について書こうと思います。

「作ります。」と書いておきながら、実際にどこまで出来ているのかかが不明なタイトルが多いので一気に・・とはいきませんが少しずつ明かそうと思います。

あと、最初に書いておきますが・・・

天神乱漫はこの4本の中にありません。

入れたくない理由はないのですが、すぐに気になったタイトルの中に入っていないだけです。
今回挙げた作品の何本かを仕上げたら、すぐに取り掛かるので今しばらくお待ちください。

考えてみたら、正規版の「Happy Go Lucky!!」が出ている状況でなおかつ期待の声があるということは体験版のコンバータが好評であったから、と考えているのが自然なので・・それはとても嬉しいことではあります。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。



1.シグナルハート・・開発度:70%
sh_01t.jpg
・・・考えてみたら、製作を仄めかす記事を作ったのが、半年前。
体験版を作ってあと何をしていたか・・・・というと、普通に作っていました。

ipod touchでデバッグ中でしたが・・・結構気に入ってしまったため仕事の合間に癒されながらのんびりプレイしたくなりまして、結果としては遅れてしまいました。純粋に、自分が楽しむためのコンバータというのも欲しかったりします。

開発度70%というのは、全キャラのエンディングを確認している、という理由からです。
強引に考えれば、現状でも公開は可能です。
立ち絵の一部が重なる他、一部のバグはそのままですが・・これらの根本的な解決は実は相当難しかったりします。)
あまり酷い物のバグフィックスと、エキストラモードの実装で完成、といきたい所ですが・・・




QLIEスクリプトの移植には、共通して難題があります。
すなわち・・・.bファイル(複合形式)の展開方法についてです。

実は、この方式のファイルをまともに展開できるのは、例のツールのみだったりします。
以前ご紹介して頂いた、exe2bm17は使い物にならなかったりします。

いや、同ツールでも展開自体は可能です。
ただ、このツールはいろいろと試行錯誤してみたのですが・・・

1:展開されたファイル名が毎回同じ名前になる。
2:複数のファイルを一度に展開を試みると読み込む順番が毎回異なるため、安定したりネームバッチを作ることができない。

2のポイントが致命的です。
何度が試みてみましたが抽出結果に最低でも3種類以上の異なる結果があり、複数の方にGMail上でお願いしましたが・・・このためにまともな変換ができなかったようです。

このツールを使う場合は1つのファイルを展開し、それを1つ1つ各自でリネームして頂き、以降その作業の繰り返し・・・以外に方法がありません。
ちなみに、ほしうたSSで同様の作業を行う場合、該当ファイルが数百もあるので・・・確実に日が暮れることになると思います。余程根性のある方以外は無理です。




結果として展開されたファイル名が・・

(例)title.b_000007.png・・のように、

展開前のファイル名 + 展開後の連番・・といった感じで展開後にはっきりと区別がつくように展開できるツールが必要となる訳ですが・・・それが出来るのは例のツールしかない、というわけです。

いっそのこと、exe2bm17をリバースエンジニアリグとかをしてセーブファイルのパラメータを書き換えるとか・・(出来るかどうかは知りませんが・・・)仮に可能だったとしても、シェアウェアでそのようなことをすれば、それはただの犯罪です。

「例のツールで展開してください。」
・・・というのは、なるべく避けたいのですが・・・・


ぶっちゃけ、こちらが開発中のタイトルが多いのはQLIEであり具体的には、

・シグナルハート
・シグナルハートぷらす
・ほしうたStarlight Serenade
・コレ
・アレ
・ソレ

・・・・結構ありますね。
この全てに関して、これが共通の問題になります。

他にもカラフルアクアリウムなどは、こちらが知る限りでも4種類は展開方法が思いつきますが・・・多分、この辺りをどう解決するかが最初にして、最大の難題となりえます。




いっそのこと、.bファイルを全く展開しない状態を前提にして製作する・・・という手もありますが・・・
この場合は、

・一部の演出が導入不可。
・タイトル画面が入れられない。
・エキストラの実装は苦しい。
・メッセージウィンドウは自作でもしないと入れられない。

・・・といった感じで制限がかなり多くなります。
どうするべきか?う~~~~ん・・・・・・




2.そらいろ・・開発度:30%
sora_t.jpg
10個(11個か?)のうちに3つのエンディングが見れるのを確認したため、暫定的に公開したそらいろですが・・・・選択肢関連で結構バグがあるようです。

Majiro関連は変数関連のパラメータがかなり解りづらいので、どこかでなんちゃって移植になってしまうわけですが・・・オリジナルでは2周目以降に出そうな選択肢とかを無条件で表示させるようにするとかの工夫が必要か?

ゲームの基本部分はある程度できているので、全ての選択肢関連の再現、一部の演出の再現、エキストラの実装、バグフィックスといった仕上げ部分が中心となりますが・・・・・
口で言うのは簡単ですが、実際には相当の作業量です。
時間は相応にかかるので、すぐには・・・というわけにはいきません。

ただ致命的な問題は現状では無いので、どこまで時間をかけるかが、焦点となります。
期待されている方は、いましばらくお待ち頂ければ、と思います。



4本一辺に書くのは大変だし、読むほうも疲れます。
こまめに記事を更新して欲しい、というご意見もありますので今回は少しずつ書こうと思います。

あと、今回はアンケートをとっているわけではないので、ご意見を頂いてもそれが反映されない可能性があります。あらかじめご了承ください。

ぞれでは。

かしましコミュニケーション修正しました。

kasi_ex.jpg

先日の記事でかしましコミュニケーションのエキストラモードの件ですが、tales fan様、fu様、非公開コメント送信者様(名前は念のため、伏せておきます。)のご協力のもと、実装可能になりました。

0.txtが修正対象です。

上記の画像が実装画面です。
ご協力ありがとうございました。


ただもう片方のメッセージの不具合は残念ながら、かすりもしませんでした。
こちらはなかなか手ごわいですね。

結果として採用したのはfu様のアイディアでしたが、非公開コメントの方のアイディアがこちらの技量の問題で実装できませんでしたが、考えとしては優れているので掲載しておきます。
この方もかしましコミュニケーションの移植を目指していたようで、かなり具体的に書かれておりました。

以下がその文面の一部です。
将来、コンバータ製作を試みたい方は参考にしていただければ、と思います。



スクロールする画面ですが
for-next文ではなくgoto文がよいかと
あとamsp2ではなくblt命令を使うと動きがきれいですよ。
=============
*CG_Scroll
getparam %x1,%y1,%x2,%y2,%time
saveoff
btndef $2
blt 0,0,800,600,%x1,%y1,800,600
resettimer
*CG_Scroll_lp
gettimer %3
if %3>=%time *CG_Scroll_end
mov %x,%x1+(%x2-%x1)*%3/%time
mov %y,%y1+(%y2-%y1)*%3/%time
blt 0,0,800,600,%x,%y,800,600
btntime 1
btnwait2 %BtnRes
if %BtnRes = 0 goto *CG_Scroll_end
if %BtnRes = -1 goto *CG_Scroll_end
if %BtnRes = -2 goto *CG_Scroll_lp
if %BtnRes = -5 goto *CG_Scroll_lp
goto *CG_Scroll_lp
*CG_Scroll_end
btndef clear
blt 0,0,800,600,%x2,%y2,800,600
~
btntime 1
btnwait2 %BtnRes
if %BtnRes = 0 jumpf
if %BtnRes = -1 mov %return_flg,1:jumpf
if %BtnRes = -2 jumpb
if %BtnRes = -5 jumpb
jumpb
~
ofscpy
btndef ""
return=============


こちらとしては、自作のプログラムに著作権を主張するつもりはありません。
また、こちらが作った作品に関して他の方が新たに作るのもアリだと思っています。
(つよきすみたいな例もありますしね・・)

この際、こちらの作ったプログラムで使える部分は使ってかまいません。
(そんな部分があれば、ですけどね・・・・(笑))。

自分の作った方が優れている、思っているのなら自由に公開するのもいいと思います。
(ただし、メーカー様を貶めるような意図がある内容でなければ・・ですが。)

最近は移植関連の動向が下火になる一方ですが、頑張ってください。
それでは。

かしまし・・やその後のこと、etc。

まずは、かしましコミュニケーションコンバータのご利用の方々、ありがとうございます。
ぶっちゃけネット方面の知識が疎く、正確なダウンロード数などはわかりませんが、大方は好評のようでホッとしております。

今回はここしばらくブログに書きたいことがあっても、記事にするほどの量ではないが他の記事と統合できそうにない内容を、雑記形式でまとめようと思います。


まずは、NGSW様のブログの閉鎖について。

個人的には最も熱心に投稿された方ということもあり、とても残念です。
というか率直に寂しいので、既にブログが無いのは知っていてもリンク解除しようという気になりません。
監視・・?という不透明な状況では何を語っても正鵠を得る訳もなく(というかそれ自体が迷惑となり得る)ので、公に言える事は何もありませんが、大分疲れていることだけはよく解るのでまずは休んでもらえれば、と思います。
何をするかは、その後で決めても十分だと思います。



次に、かしましコミュニケーションの後日談(というかヘルプ)のお願いです。

この作品は、概ねやりたいことはしたつもりですが・・・実力的にどうしても解らなくて断念した箇所が2つあります。
その部分をざっと書いておきます。もしアドバイスを頂ければ幸いです。



まずはメッセージの不具合
一部のメッセージが表示できておりません。

(例)「んーと、課外活動というか……[*]
 あっ、クラブ活動のことだよ!」


[*]で終わる文章がまるごと表示できません。
いろいろ試してみたのですが、お手上げでした。
ほぼ全てが音声がある台詞なので、サウンドがONであれば話がわからなくなるということはないものの、数としては結構あるので、不満に感じる方もいるかと思います。

他の方なら、「こんな手落ちがあるなら出さない!」・・という方もいるとは思いますが、一旦形に仕上げてからご意見を伺うほうが有効なアドバイスがられるかも知れない、と思ってリリースを優先させました。
完全な事後承諾という形ですがご了承頂ければ、と思います。



次はエキストラモードが実装不可の点についてです。
これは、攻略可能なキャラの全エンディングを見てから閲覧可能になる設定資料集なのですが・・既にプログラムは組んであるのですが、必ずフリーズするので入れないようにしてあります。

スクロールする画面の、

resettimer
for %1=1 to 999999
gettimer %9
if %9>=1500 break
mov %6,595+(0-(595))*%9/1500
amsp2 99,400,%6,100,100,0,255
print 1
next ;←この部分でフリーズ?なぜか戻ってこれない。
amsp2 99,400,0,100,100,0,255
print 1:click
goto *ED

文法的にはオーソドックスなものなので・・さっぱりです。
これさえ何とかなれば、実装可能になるのですが・・・
すぐに書くべきだったのでしょうが・・・体力的に総崩れで、どうにも・・・・・・本当に申し訳ないです。



第3の話題は、ゲーム&ウォッチの記事の続報です。
このブログの読者の大半の方の興味の範疇外なので、かえって面白いと思って書いてみたのですが・・・・
「もういいよ!」という方もいると思いますが、「やってみたい!」という方もいると思います。
そんなあなたに、朗報です!

無料で思う存分プレイできます。(個人で楽しむ分には合法のようです。)

http://www.madrigaldesign.it/sim/dnload_m.php#tomypac

上記のサイトは、電子ゲームのシミュレータを扱っているサイトで、ここで先日紹介した「マリオボンアウェイ」や「ドンキーコングJr]がありますので、心置きなくプレイできます。
「マリオボンアウェイ」は、何となくマリオの目つきが凶悪に見えます。
「諸君、情け容赦のない 糞の様な戦争を望むか? よろしい。
ならば死んだり死なせたりしよう、殺したり殺されたりしよう。」

マリオを使って死体の山を築きましょう、てへ♪

・・・・冗談はさておき、なかなかラインナップが渋い。
ゲーム&ウォッチの最高傑作?のライフボートがあります。
「そんなのあったっけ?」
と思う方もいるかもしれません。何せ日本未発売です。
何故か日本で発売されないものの方が、面白いのが多いのが皮肉というか何というか・・・・?
ただの左右移動しか出来ないゲームで、よくこれだけ出来ると思います。
一度、プレイしてみてください!

これらは1万円以下では手に入らないものが多いので、個人的には嬉しいです。
さすがにこれ以上書いても引く方の方が多そうなので、電子ゲームの話題はこのくらいにしようと思います。



最後の話題は、これからについてです。
あれこれ手を出しすぎたのでしばらくは、アナウンスした作品を仕上げることに専念しようと思います。
で、とりあえず次回作ですが・・・

候補が4本あるんだよね・・・・
最新の状況は、数日おいてから書こうと思います、それでは。

これぞ理想的な携帯ゲーム機?!

注:今回は脱力系の記事です。
  勘のいい方はこの地点でスルーしてね!


え~~~、先日は「一番優秀なONS対応機種はどれ?」の記事では反響やコメントの大きさに、正直驚きました。

あの記事を読んで行動を起こされた方々のとっては、ただのきっかけでしかないということは重々承知しておりますが・・・・それでも、こちらの記事を見てくださる方が意外と多い、と恐縮(というか僭越)に思います。

・・で、今回はそんな方達が読む価値の無い記事だったりするわけですが・・・まぁ、たまには息抜きということで。

いやあ、先日遂に手に入れましたよ、幻の携帯ゲーム機を。
















画像 011[1]
任天堂の初代携帯ゲーム機、
ゲーム&ウォッチの1号機、ボールの復刻版です。

オリジナルが登場したのは、1980年。
今から30年前、言わずもがな世界初の携帯ゲーム機です。
クラブニンテンドー会員限定、とのことですが相当数がヤフオクに流れているので、今ではレアでも何でもないです。



・・・・で、昔のゲームの評価にありがちな
「今のゲームより面白い!」
という評価が、この作品にも当てはまるかというと・・・・

「さすがにそれはない!」・・・と言い切れます。
だってさー、所詮お手玉じゃん!

確かボールは当時でもゲーム&ウォッチの中では人気が無かったはずで、当時でもあまり面白くはなさそうに見えたようです。
ゲーム機の歴史には必ず残る作品ですが、だから素晴らしい!というのもねぇ。

・・というかこれやる位なら、かしましコミュニケーションやってください(笑)。



画像 009[1]
では全くもって面白みがないか?というとそうでもない訳で・・・
というか、全く気が抜けません!

何せ1ミスでゲームオーバーです!!

さらにポーズ機能も無いので、休めない。(いわゆる電子ゲームと呼ばれるものには、普通そんなものは無い。)
またある程度進むとボールが速くなり残像がつくようになったりするので、まるっきり単調なわけでもない。
実際、結構紛らわしかったりします。


ハイスコアを本気で狙えば、確かに熱くなるかも・・
なんというか・・・人間力というのが、モロに出るような内容です。
最近は「ウチの会社のウリは人間力だ!」とか偉そうに言っている企業が多いので、そういう会社はみんなでボールやらせるといい。
能力査定や、面接にコレを使ったら確実に恨まれそうですが(笑)。



ゲーム&ウォッチを始め、この頃はこういった電子ゲームがはやったそうです。
初代ファミコンがブームになったら、途端に消えたようですが・・・

以下のブログに、詳しい紹介が載っています。
時間があれば覗いてみるといいかも・・・

帰ってきた電子ゲーム
Handheld Antique

結構興味があるので、たまに調べていたのですが・・・
正直な話、つまらないゲームが割と多かったりします。

あらかじめプリントされた画面を交互に表示させる以外の表現が出来ないので、単調で飽きるのが早そうだし、マシンの性能が悪いので(今の基準で言うなら4ビット以下、TVのリモコンや炊飯器のタイマーにも劣るかも・・)、操作性にも難があるのも少なくなかったようです。

でも・・・・・
意外と名作もありそうな気もします。
操作性が悪くても遊べるようにするにはゲームを緩くしてヌルいゲームに仕上げるか、逆に思い切りハードにするとか・・相当大雑把な調整になります。

だからこそ数は少ないでしょうが、絶妙なさじ加減で調整された作品もありそうです・・・



さて、これらの作品はあまりにも昔のため、今ではありえないような設定やキャラが多いです。
その代表として、マリオに触れてみます。

ぶっちゃけ、自分はマリオが嫌いです。
フロリダのディズニーランドで、記念碑的な刻印が在るほどの世界的な人気者なのですが・・・
反面、例えば女の子からは「マリオは大好きだけど、彼氏にはしなくないわね。」とかいった失笑を買ったりするキャラクターでもあります。

実際、十数年前にスーパーマリオが実写映画化されましたが、弟のルイージは彼女が出来たのに、マリオは孤独のまま終わります。
人気者なのに割と孤独だったりします。

なのに、当の本人は「ほっほ~~」とか「ま~りお~~」とか脳天気にジャンプしてばかりで・・・しかも相手はキノコやカメ!人間ですらありません。
性格的に前向きすぎてついていけません。
キミは精神的に明るすぎます!
眩しすぎて、まともに見れないぜマリオ!



ですが・・・ゲーム&ウォッチの時代まで遡れば、初めて彼の内面を伺えることができます。
下の衝撃の写真をご覧ください。

mba.jpg
この写真は、「マリオズボムアウェイ」の絵です。
高くて手に入らないのが残念ですが・・・(貧乏なので)。

このゲームはマリオが火のついた爆弾を持って、敵陣に突入して爆死させるゲームです。

シュールだ!シュールすぎます。
芸人も売れないうちは、人には言えない苦労をする方が多いとはよく聞く話ですが・・・・
だからって、殺人までするのはそうはいません。
・・・というか、スネークだってここまではやらないと思う。
ルイージは当然、兄の過去など知る由もない!

こういう過去をもっているなら、彼の行動も納得できる。
キノコやカメの相手も、血塗られた過去から比べれば天国です。

また彼はドンキーコングというゲームで必死にサルから彼女を救ったりしたのだが、その後が良くなかった!
何とそのサルを捕まえて、密売を試みるという悪事に手を染めていました。
結局サルの息子に邪魔をされて、彼女にも愛想をつかれて再び孤独になってしまったようです。
その後、彼は二度とドンキーコング関連には出ることが無くなります。

mario2.jpg
動物にムチを振るい、無理矢理従わせたマリオ。
彼が悪事に手を染めた過去を証明する、貴重な写真である。


・・・ただ、余程反省したらしくイカレタ姫や、クッパという強敵(きょうてきと書いて、ともと読むべし!)と出会い一転ヒーローして返り咲き、今に至ります。

またマリオは何度かアニメ化されていました。
そのときの声優は、一貫して古谷 徹氏だったり・・・もしかしたら、MSくらいは平気で乗れるのかもしれません。

というかア○ロ、飛○馬、○矢・・・最近ではリボ○ズ、sin版キャ○ャーンといった女運がなさそうなキャラが割りと多いな・・まさか任天堂、ここまで狙っていたのか!
(え、ベ○トーチカ、チェ○ン、セーラー○ーン?・・忘れろ!この場限定で。)

・・・どうです?
彼の人生がいかに波乱に満ちたものか良くわかるのではないでしょうか?
古き良き時代を知るためにも、手を出すのも良いかもしれません。




余談ですが・・
このボール、手元に2個あります。
別に誰かにあげてもいいのですが・・・・欲しい方、いますか

ただ、1台しか送れないので・・・

・真剣にハイスコアを狙い、たまには報告してくれる方
・とにかく熱く語れる方
・こちらが住所を教えないが、自分の住所は教えられえる方
(卑怯だけど、必要なことのような気がする・・すみません。)

こんな条件を満たせて、こちらの心を打つコメントがあれば、考えてもいいかな?

もっとも、こんなことしなくてもヤフオクで入札した方が確実かつ安全ですが・・・・
ちなみに、プレゼントするのは確定ではないので意見があったらよろしくね!


それでは。

コンバータNo.33 かしましコミュニケーション

2010年にAXL様から発売された、かしましコミュニケーションを劣化移植するためのプログラムです。

動作状況

・全キャラ、全ルートのクリアをOns for PSPテスト版6 + CPU333MHzで確認。
・立ち絵の移動命令の解釈が誤っているため、一部に違和感あり(ただし、以前よりは良くなっています)。
・一部の演出は簡略化して移植しています。完全移植は最初から目指していません。
・一部のメッセージが表示されない(全て音声付のものなので、話がわからないものはないですが・・)
・おまけモードは全て実装。(ご協力ありがとうございました。)


変換方法

一部、以前公開したものと異なる箇所があります。
(赤文字で記されている場所がそれです。)

①全xp3ファイルを展開します。その後コンバータの全ファイルを展開したフォルダ内に入れます。

②かしましコミュニケーション立ち絵合成_1~3.txtをImageUtilityに数字の順番にD&Dして、立ち絵を合成させます。
注:順番が異なると、一部の画像がおかしくなります。必ず順番通りに合成してください。
  一部でエラー表示があります(原因不明)。合成自体は正常に出来るようなので、そのまま実行(というか強行)してください。
かしましコミュニケーション立ち絵合成_2、3.txtは内容が変わっているため、アーカイブは作り直す必要があります。

③かしましコミュニケーション画像変換.batを起動し、arcフォルダを作成します。
(作成された地点で、音声関係のファイルの振り分けは完了しております。)

④かしまし画像変換_追加Ver.batをさらに起動。
(主におまけモード用の画像処理を追加したものです。)


⑤bgm、sound、voiceの各フォルダ内のoggファイルを変換します。

⑥kashimashi_1~3.plを起動し、1.txtを作成します。

⑦arcフォルダをアーカイブします。

⑧ムービーはsmjpeg、MJPEGに対応しております。サイズは480x270、拡張子は.mjpgにしてmovieフォルダに入れてください。

⑨0.txt、1.txt、EBOOT.PBP、movieフォルダ、arc.nsa、default.ttfを入れて起動します。



スクリーンショット
kasi_ex.jpg
何だかんだ言って、結局手が遅いオイラですが・・・・

やっと、全キャラの攻略が終わりました、かしましコミュニケーションコンバータです。

最近の吉里吉里にしては、難度自体は標準ですが・・・
とにかく長いので・・・結局時間がかかりました。

あともう一歩というところで・・理屈詰めではどうにもならないトラブルが続出、全てを緊急回避的な手段でようやくできましたとさ。

さて、完全動作についてですが・・・・あんまり自信が無いので、是非ともお手柔らかに、はぁ。


kasi02.jpg
立ち絵は・・・思いの他、難しかったです。
でもこの画面を見ていると、ゲームキャラにも喜んでもらえているようで嬉しい!

・・・どんだけ孤独な人生歩いているんだろう、オレ。

それでは、ゲームの紹介に入ります。
例によって長いですが・・・これが楽しみで生きているようなものなので、許してね。


かしましコミュニケーションとは?
kasi03.jpg
2010年2月、AXLの第6弾として発売された作品です。

異文化交流研究会という何とも国際的な印象の研究会に入り、子供の頃から憧れていた上記の絵のような国際的な交流が・・・

変人どもに邪魔されて殆ど出来ない話です。

代りといっては何ですが、背景の異文化交流ぶりは異常です(笑)。できれば、キミ声世界とも異文化交流したかった・・・

比較的安値で手に入る作品であることが裏付ける通り正直な話、第一印象としてはそれほどでもありません。
ただ最近の作品にありがちな、「序盤は飛ばすけど後半は・・・」という尻すぼみするようなことも無く、付き合える方なら長い間楽しめるため、決して損はしない作品です。
一見雑に見えながら、噛めば噛むほど味が出るような丁寧な作りはやはりAXLならではですね。

今回はワイドディスプレイ対応(というかワイドディスプレイ専用)になっているため実質PSP専用ですが、マイペースで時間を掛けて遊びたい方にはオススメできる作品ではないでしょうか?


それではキャラ紹介です。
例によって、結構楽しい面子です。

エスト フラグレンス
kasi04.jpg
第一印象:「○ーマの休日の大鳥さんみたいな方」
第二印象:「子犬のような○ーマの休日みたいな方」
第三印象:「子犬みたいな方」

・・・時を追うごとにグレードダウン、否!親しみやすくなる、やんごとなきお方。
ですが、芯はとてもしっかりしていてとてもいい娘です。

「世界中が幸せになることが、自分の幸せ」
こんなことが素で言える、すごい人ですが・・・多分、周りは結構大変だろうなぁ・・・

kasi05b.jpg
AXL名物のデフォルメキャラの恩恵を最も受けているのはエストで決まりですね。
「子犬のような可愛さ」というのが万人が納得するくらい、良く出ています。

割と無個性、という方もいるようですが頭がとても良いのはわかるので、将来はとても楽しみです。
ただ物語自体の長さの割には尺は短めのため、そこまで先が見れないのが惜しい。
後日談を最も見たいヒロインですね。




木住野 純
kasi07.jpg
異文化交流 = 幽霊との対話、と本気で信じている幼なじみ。だが霊感ゼロのため、万年成長が望めません。
幽霊がいたとしても逃げそうなくらい元気なため当面見れることはないでしょうが、幽霊はともかく人間の方は常に寄ってきそうなので、可愛いというよりは羨ましい娘です。

kasi7b.jpg
性格は一言でいうと・・・

「食パンくわえて走ってる姿が似合う幼なじみ」

・・実際にくわえて走るシーンは無いですが、イメージはピッタリではないかと。
現実に見ることは生涯無いけど、アニメでは何年に一回は見てみたい女の子です。

あと見かけによらず、意外とクリアしづらいキャラでもあります。
1回目で狙ってクリア出来る方、いる?(逆に攻略する気もないのに、純ルートに行く可能性も・・)




黒木 円
kasi08b.jpg
異文化交流 = 宇宙人との対話、と確信している異文化交流研究会の元会長。
銀髪にナイスバディという容姿だが、色仕掛けまで使って部員が集まらないのだから・・・多分、性格は相当悪い・・というか相当の大物。

声はAXLといえばこの人、青山ゆかり。皆勤賞更新大万歳。
いつも同じ声だとわかっているのに、黒木 円という女性の個性を感じさせるのはまさに天性のなせる技か。
最近、声優では「永遠の17歳の会」という、謎の団体があるとかないとか・・・でも、

この方なら、許す!
(注:会員ではありません、念のため。)


kasi_09.jpg
このゲームでは、何故かメインヒロインになる以外のルートで本領を発揮する人が多く、円先輩はその最右翼。
この人は永遠電波な人なのでしょうが、電波じゃなきゃ困るような数少ないお方。

でもさすがに宇宙人追っかけている理由が、あれじゃ苦しい。どうにかならなかったのか・・

いずれにしてもこの方に理由など不要、暴走あるのみです。




陸奥 榛名
kasi11.jpg
「ゾクゾクします」
・・この言葉の使い方が恐らくこの世で最も上手いドSガール。
サイズはミニマムだが毒舌はマキシマムなのは、もはや渋さすら感じさせます。

攻略した印象ではエストと円が王道、純が横道、榛名が裏道といった感じで(どこかのRPGの紹介みたいだけど、どのゲームだったかな・・思い出せない)「多分、最初に攻略する奴はいないだろう。」という心理を逆に突いている感じが嬉しい。個人的にも、最後に攻略するのがゲームとしてまとまっているのがいい感じです。

難度としても高めなのでこの辺りは計算しているようですが、こういった踊らされ方は好きだな、うん。


kasi10.jpg
巫女だが、コンピュータの扱いはハッカー並み。文学少女だが行動派で、体捌きもOKというこのゲームでは間違いなくトップクラスのハイスペック。設定としては一番凝っています。

ただ一つ、この変人集団のどこに魅力を感じたのかが永遠の謎として残りそうですが(笑)・・・




ウルザ
kasi13.jpg
の名前の通り、ウザい奴。でも憎めない奴。
エストを無理矢理、連れ戻そうとするが・・・

ちなみに後ろの方は、護衛のガードナー。
何とあのアイギスの社員です。
イカツイわりにナイスガイですが・・・何せドラマCD辺りでは寄ってたかって、
男の服を脱がせてビデオに撮って喜んでいたあの変態警備会社の人間なので、油断は禁物・・・か?

「俺に触るな、変態ども~~~!」・・うん、まさに文字通り変態でしたね(笑)。

kasi12.jpg
物語の登場部分では多分誰からも好かれないにもかかわらず、実においしいキャラクター。
メインの攻略対象にならないが故に、行動に予測がつかないため必然的に注目が集まります。

AXLの作品はPrincess Frontier以来、システム的に変化が無いのでこういった遊撃手的な存在は重要。
次作では、もう2、3人こういったキャラがいると面白そうです。
キミ声2とあだ名されそうですが・・・




主人公とその他の面々
kasi_15.jpg
↑主人公、物語最大の謎。
「普通の人、求む!!」が口癖だが、全然普通じゃない

何せ普通の食材を買ってきて、舌が肥えているはずのエストやウルザに3ツ星シェフ並みと評されるのは何事か。
料理とは食材をいかに活かすかの手段であり、食材が何かが最も重要である・・はずなのに、普通のスーパーの食材で満足させる。
スーファミにFFXIIIを移植して、PS3並の評価を得るほどの神技である(ちょっと大げさか?)はずなのだが・・・

才能という言葉では片付けられない程のことなのだが、例によって殆ど誰も気にしない。

kasi16.jpg
というか、他の面子も実は意外と高性能。
上の絵は初めてエロ同人誌を作ろう、という話なのだが・・・
普通、無理っす!

何が無理って、「エロ」というのが特に。
一発ギャグならともかく、エロで評価を得るには高度な画力が必須です。
素人が集まって簡単にできるものではありませんが、意外にあっさりやってしまう。
まぁ、物語で無茶な部分を押し付けられているだけなのかもしれないが・・

でも、AXLは緻密ではなくダイナミックで良かよ!
ハイスペックドアホ集団に幸あれ。





・・・で、結局主人公ってどんな奴かって?
決まっているでしょ!!

kasi18.jpg
エロゲー万歳、万歳である!!

生存報告です。

このごろ、体調があまりよくないです。

別に病気をしているわけではないのですが、とにかくだるい。
コンバータの作業も行ってはいるのですが・・・基本的に寝ながら出来そうな作業を中心になっています。

一見限られそうな感じがしますが、ある程度できたものに関してはデバッグをPSPで確認するなどはこれでOKなので・・結構あったりします。

とにかく遅れ気味、の一言なのですが・・
一応、ここ1週間の進捗状況を書いておきます。



かしましコミュニケーションはどうなったの?
0608_1.jpg
この絵で一目瞭然でわかりますね。
エスト、純、円の3人のクリアをPSPで確認しました。
残るは榛名だけ・・・基本的には・・GWに公開したものと変わりません。
(ただし、バグフィックス等当然行っています。・・完全修正は無理ですが。)
根本的な修正は要求されないものの、量的には馬鹿にはなりまえせん。

とにかくAXLのゲームは長いので、こういった当たり前の作業に時間がかかります。


0608_2.jpg
あとはエキストラの実装。
AXLの作品はエキストラの実装の難度は標準レベルなのですが・・・
もともとこういった作業は、相応の時間がかかります。
上記の絵はCGの内容はわからないようにしてあるだけで、実機ではオリジナルに近い感じになるのでご安心を・・・

遅れてはいるものの、完成形は見えてきています。
実生活でトラブルに見舞われない限り、今週中には完成すると思います。
期待されている方は、あと数日お待ちください。


ぐらタン(製品版)
0608_3.jpg
急いで作るつもりは全く無いわけですが・・・
amazon.comで定価の4割引きで売られていたので、購入。
もしかして、売れていない・・・?

コンバータを作ったら、買ってくれる方もいるのでお役に立てるといいのですが・・・・

とにかく、まずはアーカイブを作れるかどうかが、Majiro3.0においては最初の課題なので・・・・
結論としては、普通に作ることができました。

ただ展開ツールはXP64ビットバージョンでは動かないので、その辺りで手間取りましたが・・・

とりあえず、タイトル作っただけで何もしておりません。
まだ、そらいろも仕上げていないので・・・・


以上です、それでは。
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。