スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏服三重奏 ~一足先に終わった夏の物語~

さて、おとボク2体験版が公開になってから1週間が経ちました。
GMailで熱いコメントや頂き物を貰ったりして嬉しい反面、返事も十分に出来ていないのが現実です。


・・・つまりは、十分に整理がいないところもあるわけで。
対応に不満を感じた方は、自分から知らせていただいた方が早いかも。

また、メールを送ったのはいいのですが、迷惑メールとなっていたものもあります。
これらについては今気がついたので、これからの対応になります。
申し訳ないですが今しばらくお待ちください。


現状の整理も兼ねて、ここ一週間の整理をしようと思います。


まず、体験版の利用者の数ですが・・・現状では20人に満たない数です。
あれこれ騒がせているように見えて、割と落ち着いています。
まぁ・・・あまりに騒がれるとこちらも苦しくなるので、この数字は救いでしょうか?

ただ、それに対して体験版の拍手数は14。
これは利用者の数よりは多少少ない程度なので、使って頂いた方の多くからは予想外の好評を頂いているということでしょうか?
その数字はかなり恐縮しております。

この間、いろいろと頂き物を頂いております・・・・ひたすら感謝。

この中で極めつけに優秀だったのは、scbファイル解析ツール及び、anbファイル専用展開ツール。
作者の名を明かさないことを条件に利用させていただくことになりましたが、これが中々に凄い。

これにより、配布した体験版のような面倒な変換が不要になり、シナリオ変換などはバッチファイルの作り方次第では数回のクリック程度で一気に、1.txtが作成出来るようになりました。
これにより変換自体の難度が大幅に下がりました。

・・ただし、予想通り別の問題が浮上しています。
はっきり言ってこちらの頭が悪いせいで今回の作成は、かなり無茶な方法を取っています。
こんな方法で良いなら誰でもどんなゲームでも作れるんじゃないか、と言いたくなります。

・・・ただし、当然欠点があります。

1.精度の低い移植になる。
2.移植の際の手間が膨大になる。
3.シナリオ変換にかなりの時間が掛かる。

1,2に関しては正直、今さらな感があるのであえてここでは触れません。
気になる方は、体験版で確かめれば良いだけなので・・・
ただし、3に関しては現状ではどうしようない。
おそらくデュアルコアの上位機種でも、シナリオ変換には数分は掛かると思います。
Celeronクラスでは目も当てられない結果になるかもしれません。
この辺りが気になる方は、それなりに対策を考えておくのも良いかも・・


話は変わりますが、このscb展開ツールはゲーム内のスクリプトの全命令をバイナリ形式で別途抽出する機能付き。
大したものです。
技能の高い方が使うなら相当の精度の移植が望めるかも・・・製品版の配布とともにこのツールを付けますので、確かめてみるのも良いかと。
(ただし、どんな方法をとっても楽ではないことは確かです。)


これによりコンバータ本体を作り直し、デバッグも一からやり直し。
(そう言いながらも、8割以上はそのまま転用できるので騒ぐほどではないものの、多少は時間を要しました。)
7月中に仕上げるのはとても無理です、ご了承ください。)





それでは、もう一つの本題。
移植の進捗状況です。

これについては画像を含めて解説します。

otx000.jpg
引き続き製品版の着手についたのですが、第3話で思わぬ障害が・・・
ここから制服が夏服になるわけですが・・・

体験版のままでは、夏服は全く表示できません。
夏服のファイル名に全く対応していなかった・・・・・
これは、立ち絵処理の全面的な改修が必要だ、と思い・・・

「1日かけて対応させてみせる!」

・・・・と思って血眼になって改修作業にはいるが・・・・よく見ると、

「5分あれば十分だろうが!」

と言う結論に。
気合を入れすぎたため、かえって疲れた。
・・・しかしこの時は気づかなかった、これは長い道の第1楽章に過ぎなかった・・・




・・・で、第2楽章。
確かに上記の作業で、夏服には対応できたのだが、このままでは冬服とごちゃ混ぜになる。
なぜなら、このゲームの立ち絵の表示は省略形が用いられる。
このこと自体はさほど珍しくはないのだが、夏服と冬服では省略形が全く同じなため、このままでは省略されたパターンのものは冬服になってしまう。

はっきり言えば、お手上げであります。


・・というわけで、考えるのが面倒になったので一番楽な方法を。
テキストの最終整形プログラムで服装判別ルーチンを追加。

これにより、特定の期間では無条件に夏服に切り替わるように書き換えるようにした、と・・
これで好きなタイミングで夏服/冬服の切り替えが可能になります。

・・・だが振り返ってみれば、これだけは言える。

「これだって5分あれば十分だろう!」・・・と。

さて、これでテキストの完了は完了、と・・・第3楽章の幕開けである。





・・・・・第3楽章。
テキストの整形は前回で終了、完璧だ。

なのに、いざ実行に移すと冬服とごちゃ混ぜになる。・・テキストが原因というのは、ありえない。
というわけで画像の再チェック。

・・・なるほど、夏服の合成処理に冬服のファイルが一部混ざっていた。
これならどう指定しても、冬服が表示される、というよりされなければおかしい。
というわけで、立ち絵の合成プログラムの修正に入る。

そして再チェック。今度は上手くいった。

・・そしてやはりこう思う。

「5分で出来たはずだよね!」、と。


確かに一つ一つは大したことはない・・・・・だが、正直言ってかなり疲れた。
さすがに多少はハネを伸ばしたくなった。

・・そして作業再開には、丸一日が経過していた。
文字通り、一日仕事になってしまった(苦笑)。



しょーもないことでも、3つ揃うと結構手強い。毛利元就の3本の矢の話を思い出します。
個人的にはよく思うことだが・・・・歴史上の人物の話ほど、偽りの多いものはない。


ワシントンの桜の木の話は純度100%のウソだし、
「それでも地球は回っている!」の台詞は異端審問の繰り返しで、「あ~~~、疲れた。まるで地面が回っているみたい・・・・」と言ったのが真相らしい。
「痛いから医者を呼んでくれ」 → 「板垣死すとも・・・・」でしたっけ、確か・・・・・

それ故偉人の言葉で敬意を表せるのは、リンドバーグが太平洋横断完了直後の台詞「トイレどこですか?」だったりします。
そんな自分がなんかが毛利元就をリスペクトしてしまうのだから、それなりにきていたのかもしれません。


・・・ま冗談は置いといて、夏服がきちんと表示できるかどうかが、移植の当面の目標であったのは事実でしばらくは、その点を中心に作業を行いました。


ot0b.jpg
相当優秀なスクリプトの手にはいったものの、このゲームの処理には謎がかなりあります。
たとえば、上の驚きの処理ですが・・・・効果音の再現も行いたかったのですが、肝心の効果音がどこにも見当たらないため、断念しました。
他にもいろいろと・・・このゲームはいかに優れたスクリプトを抽出できても、完全再現にはまだまだ障害がありそうです。

・・にしても、このゲームの立ち絵の処理は技術的はものすごいものは無いものの、結構こだわりを感じます。
上の3人表示も一見・・・というか、どう見ても普通なのですが妙にこだわっています。

本来、5~6人いるような状況でも基本的に3人の表示が入れ替わって、シーンが進みます。
4人表示されることもありますが、かなり稀です。
正直な話、素直に5人を表示してくれた方が移植する側としては楽なのですが(笑)。
ただ移植してそう思うくらいなのだから、製作する側はもっとそう思っていたに違いないわけで、あえて面倒な方法を採っていたんだな・・・とつくづく思います。

確かに3人くらいに表示を抑えていた方が、聖應女学院というゆったりとした独特な空間を演出するには最適なわけだ。一度に何人も表示させるのはこのゲームには合わないでしょう。

画像やBGMもそうですが、このゲームは前回の使いまわしと思われる処理がかなり多いです。
過去の作品のものをここまで転用する作品は正直、かなり珍しいのでは?
・・・にも関わらず、手抜き感が全く無い。
恐らくこのゲームの独特の雰囲気を殺さないために、わざとそうしているような計算高さが伺えます。
BGMとかは基本的に前作のおとボクのそれですが、追加されたのはそれぞれのキャラクターのパーソナルBGMだったりとかが多かったりするのは何気にニクい演出です。

こういった一見何気ないように見えて、実はかなりのこだわりが感じられるところが面白い。
おとボクは当初から続編を切望されていた感がありますが、5年経った今になってそれがようやく実現したわけですが・・・5年間いろいろなアイディアを寝かせていたんだな・・・と随所に感じられるの心地よいですね。
個人的には続編は作るが、かつての強い個性のあったキャラクターの呪縛にとらわれないようにするには5年の歳月が必要だったのでは?
そう思うところもあります。


otx3.jpg
・・・で、実際のところどこまで進んでいるのかといえば、上記の通り第5話の冒頭までです。
まだまだ先は長い。

今回のような方法で移植する場合、オリジナルのプレイと平行してコンバータを製作するのが最も効率が良く、実際オリジナルのプレイ状況も、5話で止まっています。

あまりに時間がかかるので、切れそうになりつつも・・・すぐに終わってしまったらそれはそれで惜しいと思ってしまうのもおとボクならではです。
かなり時間が掛かりますが、今しばらくお待ちいただけたら、と思います。


otx4.jpg
第5話前半で、制服がまた冬服に切り替わるのでここまで無事表示できれば、夏服の処理は完了した・・と割り切れそうです。少なくとも、制服の切り替えについては成功を確認しました。


・・・というわけで、こちらにとって今年の夏は終わりました。
気温が35度だろうとこれから甲子園であろうと、今はもう秋です。
皆さんも素敵な秋の日々を満喫してください。
この時期は、たき火で温まりながらヤキイモというのが最高ですよ?

この分なら、製品版は早くてもお盆の辺りになりそうです。
(・・・言うまでもなく、お盆とは秋の風物詩です。)
よろしくお願いします。


・・・それでは。
時間がなくなってしまったので、コメントの返事は家に帰ってからにします。
スポンサーサイト

おとボク2体験版コンバータ出来ました。

2010年に発売されたキャラメルBOX様の、処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー の体験版を劣化移植するためのプログラムです。


動作状況

・最後までプレイ可能
・至る所で違いが見られます。
・・・今後、微調整を加えていきますが根本的な変化はない、と思ってください。

変換方法

今回はヤフブリにアップしません。
いろいろ問題がありそうなので、希望者のみGMailにて配布します。
欲しい方は、haruharu.game@gmail.comまでご連絡ください。

変換方法もメール内の添付ファイルに記載されています。
体験版の割には、変換も面倒なところもあります。
あらかじめご了承ください。

このこともあり、今回はあまり変換作業に慣れていない方には、配布をお断りすることもあります。
こちらもご了承ください。




遅れている理由1
さて、おとボク2体験版の部分が大分整理がついてきたので、かなり変わった方法ですが公開することにしました。

今回は前回の記事の通り、変換の難度や完成度の問題で本来は自分専用として開発したものなのでこのような形にさせていただきました。

また、きゃらめるBOX様の作品は個人的には初めてであり、以前も初代おとボクコンバータもあったものの、初代おとボクコンバータは、発売されてから2年半が経過されているためオリジナルの商品の販売能力が大分落ちている状態であったのに対し、今回は発売されたばかりといった事情もあります。

フォルトやぐらタン、といったように発売されたばかりの作品の製作を試みたこともあるとはいえ、やはり慎重に進めたいのが本音です。

よろしくお願いします。



ot03.jpg
以前、立ち絵の位置情報が無い、と書きましたが正確には存在しています。
とある方から製品版のイベント強化版の抽出パッチの情報を頂いたのですが・・・
残念なことに、動きませんでした。

ただ開発中にいろいろな問題があることがわかり、結局は置情報がわかったとしても、現状のような開発方法が一番無難なようです。

・・・にしても、シナリオの長さがそのまま製作難度に直結しているわけですが、製品版は体験版の10倍の長さ、このやり方では一体仕上がるのはいつになるのやら・・・




追記

さて、公開を始めてから1日にも満たないわけですが、すでにいくつかの質問が来ております。
これからも同様の質問が来そうなので、ここであらかじめ予想される質問の答えを記しておきます。
ご参考ください。


Q:展開ツールがよく解らない
A:原則としてこの手の質問にはお答えできません。

今回は某中華系のツールでのみ、コンバータに適した展開が可能です。
・・・ただこのツール、あまり情報を公開するには向いておりません。

実際、あれこれ問題が(というか手入れ?)があったらしく、作者は潜っているようです。
例のツールの作者が、この手の問題で大打撃を受けたことを省みれば、積極的な情報の提供は控えたいのが本音です。

これについては、ご自身で正解に辿り着ける能力のある方のみ、変換をお願いします。
いきなり敷居が高いですが、優秀な技術者をこのコンバータのために害するのは避けたいので、ご了承ください。



Q:iphone用に4:3の比率に変換したいのですが、どうすればいいですか?
A:正解は無いと思います。

イベントの元絵が1024 x 576なので、縦のサイズを基準に考えるなら・・・

324 ÷ 576 x 100 = 55.2083333333333・・になるので、otbk2_stand_trial.txt及びimage.batをテキストエディタで、

-RES,0,46.9,46.9 → -RES,0,55.3,55.3 に全置換すれば一応対応できますが・・・

この方法だと、背景やイベント絵の両端が切れます。

だったらイベント絵のみ、-RES,1,424,318にすれば、一応画面に入りきりますが・・・
印象が異なる絵になりそうです。

結局、どの方法をとっても角が立つので・・モフ様のかしましコミュニケーションの変換記事の画像のような仕上げ方が無難な感がありますが、多少見栄えが・・・

といった感じで、元が16:9のゲームを4:3で遊ぶこと自体、無理があるのでご自身で研究なさってください。

この件に関しては、ノーサポートとさせていただきます。


さらに追記:以下のやり方でiphoneでもOKなようです。
解像度は4:3にして(自分は480:360にしました)
ipodonsさんの解像度設定対応版をつかって
PDA_WIDTHとIPHONE_SCREEN_WIDTHを480、
IPHONE_SCREEN_HEIGHTを270にしました。
かしましコミュニケーションの場合座標が上に80ずれていたので
defsubでlspとlsp2指定してずらしたりいろいろ調整しました。
たぶんこれで大丈夫なはずです。文字が横に伸びますけどなれればなんとか…

スクリーンショット

・・・こんな感じになるようです。


あと、モフ様のかしましコミュニケーションと同様のやり方でも、ゲームで使用されていない1番スプライトで・・・

lsp 1,":c;image/black.jpg",0,450

をタイトル付近で追加して、cspa命令を弄れば・・

*cspa
for %0=2 to 80
csp %0
next
csp 0
return

下の部分に立ち絵がはみ出ることはなくなりますね・・・
ただし、セーブデータには反映されないので、最初からやり直す必要が・・?


Q:変換作業には慣れていないのですが、どうしてもおとボク2をやりたかったので・・できるようになるまでサポートをお願いしたいのですが・・・・
A:ごめんなさい、正直な話苦しいです。

今回のものは元々個人用の作成したため、難度自体は高めです。
このため、このようなご意見をもらってもちょっと・・・というのが本音です。

質問責めというのはお互いつらいですし、このようなことをされてもうまくいった試しが殆どないのが実情です。
こちらが配布したファイルに動作において欠陥がある場合を除き、利用者の方にもレベルアップを計って頂くのが・・・・経験上、唯一の解決策です。

最悪、このようなケースの質問が多く来た場合は公開自体を中止しなくてはならなくなるため、ご理解いただきたいと思います。



Q:細かい部分が結構違いますね・・・
A:ごめんなさい、仕様です・・・・・

はっきり言って、あまり突っ込まれるとつらいです。
ある程度の修正は可能ですが、それにも限度があります。

どうしてもご不満でしたら、ご自身で移植を試みるか・・或いはPCで遊んでください。
こちらはあくまで素人で、プログラマでもないのであまり期待をされてもね・・・







ここまで自分勝手な回答では、不満を感じる方もおられるとは思いますが・・・実際問題として、一個人の趣味の範囲の活動では、これが限界です。


どうかよろしくお願いします。

おとボク2の限定版のパッケージは面白い!!

画像 014[1]
ぶっちゃけ、すぐに買うかどうか迷ったのですが・・買っちゃいました。

「処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー限定版」です。
購入理由は、体験版が好印象だったから。

・・・やはり、おとボクはいいですね。
ちょっと写真が暗くて見づらいのが申し訳ないですが・・・とにかく、限定版はパッケージが面白い構成になっているので、写真つきで紹介します。

第一印象は、正直パッとしません。
何せ、中身がグニャグニャに見えます。


画像 016[1]

・・・でも封を切ると、通常版のパッケージとほぼ同じ大きさの、ポーチが入ってるんですよね。
特別に凝っているわけではないのですが、何だかワクワクしてしまいました。

おとボクの箱を開けたら・・・さらにおとボクの箱があった、みたいな感じです。



画像 017[1]
・・・で、通常版の箱を空けたら、さらにDVDトールケースが・・・・

どれだけディスクを保護しているんですか!

まさに3重、4重の堅牢な構造。
おかげでディスクを取り出すのが大変ですが(笑)、この作業は何だか楽しかったです。

あと薄っぺらですがマニュアルは入学許可証になっていたりと、ありきたりなのにおとボクだとそれが嬉しい。
この存在感は素晴らしいですね。


画像 012[1]
限定版の特典はこのポーチと設定資料集のみ。
このポーチは結構物が入り、PSP本体とPSPのソフトのケース2つくらいなら、一緒に入ります。

ちなみに、写真のゲームはDJ MAX Portable 2と、Black Square。
PSPは個人的には、これがあれば十分です。
今年の秋には、DJ MAX Portable 3が出るし・・・市販のゲームは今年はこれだけでいいや。
相変わらず偏っているね、自分・・・・・


・・・このポーチを持って出掛けられるツワモノがいるかどうかは別ですが(笑)。


画像 019[1]
あ、そうそう。
もう一つ特典があったのを忘れていた。どうでもいいような出来だからなぁ・・・・

限定版のみ、PSP用のUMDのゲームディスクが付いています。

・・・欲しい方は、今すぐショップへ走れ!!!











な~~~~~~~んてね、
う・そ・だ・よ~~~~~~ん!

間違えて、本気でショップへ行かないようにしてくださいね(爆笑)。






遅れている理由1
いや~~~、体験版の出来は良かった。
途中で、意地でもPSPでプレイしたくなるほどに・・・・・ただ遊ぶだけでは勿体無いです。

・・・というわけで、体験版を元にONSでおとボク2を起動させましたとさ。

ただし、くれぐれもご注意を。
実は今回は公開するつもりがありません。

理由は、ただ一重にこちらの未熟さにあります。
ぶっちゃけ、こちらはこのソフトを満足のいく形で作れるだけの技量がありません。

このため、変換方法もえらく複雑で公開するものには向かないと思いました。
同様の理由で、再現性にも難のある部分が多く、公開したところで周りの方が満足できるだけの質を得られるかどうかも疑問です。
あとでトラブルになる可能性があるなら・・・と思い、今回は自分専用として開発しています。

「自分ならONSでこう作る!!」
・・・今回はこんなアイディアを書いた記事だと思ってください。


遅れている理由2
・・この絵とかは、オリジナルではキラキラとしたエフェクトが入りますが・・・・残念、実は加算ブレンディングで処理されているので入れられません。

ただ加算ブレンディングだったら無条件で入れられないか、というとそうではありません。
実は透過度の調整とかでそれっぽく見える場合は普通に入れています。(天夢や女神大戦で実際使用しています。)

ただ今回はどうやってもそれっぽく見えず、汚れて見えるだけなので断念しました。
移植希望者は、似たようなフリー素材の絵を流用するとかして、頑張ってみる?


遅れている理由3
おとボク名物といえば、コメント表記。
今回のコメントは純粋なテキストなので、一時的なウィンドウとして上記のような処理にしようかな?

・・・とか考えてみたのですがテキスト整形のミスで、実際は殆ど表示出来ないんですよね。
このタイトルはとにかく難しいです。

いっそのこと、特殊な処理をせず普通のテキストとして処理した方が見やすくていいかも?


遅れている理由7
最大の難点は、やはり立ち絵です。
音声の再生命令を融合していたりとかはまだいいのですが、立ち絵の表示命令に位置情報がありません。
(見落としがあるか、遠くの場所に情報が記載されているか・・・)

このため、ただ紙芝居的な表示をするだけでもかなり苦しいです。
上記のような4人を表示させるには、相当に強引に組む必要があります。

位置情報がないなら、こちらで擬似的な情報を追記する形で一応、対応してはいますがあくまでモドキであり、正確さは大幅に欠くため・・公開しても不満票続発、という可能性も・・・・公開する度胸は無いですね、すみません。逆アセンブラを組むなど本格的な対策を取らない限り、解決は難しいかも・・・・・?


遅れている理由6
スクロールテスト。
オリジナルのように無限スクロールではないし、桜の花びらも舞いませんがちゃんと歩いてみえるようにはしました。・・ただ、ONS for Winでしか試していません。

PSPでは、まともに動くのでしょうか?


遅れている理由4
基本的に体験版で作っていますが・・製品版もそれなりに動きます。
とりあえず体験版にはない画像を一枚載せておきました。

・・ただし、相当強引に動かした上での結果ですが・・・・・

ちなみにアーカイブの製品版のサイズは862MB。ムービーは20もあるので、全てMJPEG化した場合のサイズは合計で1.4GB程でしょうか?結局かなりのサイズになります。

遅れている理由5
・・なんか、比較的良く動く絵を主に載せているのでうまくいっているように見えますが・・・実際の出来は・・・・まさに上の絵のような状態です。
・・・よく見ると、試験的なフォントを使っているので、字体が変ですね。

一度、ONSの移植者の方々に聞いてみたかったのですが、主にどんなフォントを使っていますか?
自分の場合はメモリへの負担の軽さから、しねきゃぷしょんを使っています。

ちなみにすとーむ様はDFパブリフォントを省サイズ化したMSゴシック(方法は霧雨の降る日に、のブログを参照のこと。)を使っているようです。確かにこの二つは読みやすいです。
結構、個性が出るポイントですよね。



・・・とまぁ、物議を醸し出そうな雰囲気の記事なりましたが、今回はこの辺で。
それでは。

聖地巡礼の旅へ・・・・・

初めに:今回はただの日記です。
選りすぐりでつまらないので、あらかじめご了承ください。


この頃実際、気が散漫としています。
理由らしい理由がないのが実に厄介で・・・

リアルが意外と忙しかったり・・そういえば先週は運転免許の更新手続きのために多少遠出(日曜日なので更新場所が限られるため)して、よく考えたら秋葉原に電車で10分前後の場所だったので、数年ぶりに秋葉原へ行きました・・つまり、

聖地(オタクの聖地)巡礼(要はただブラブラするだけ)の旅・・ただのアキバの散歩?です。

目標はただ一つ、

ゲーム&ウォッチの探索のみなのですが・・(やっぱり聖地らしい発掘をしないと・・)
ど、どこにも置いてない!!・・・・う~~~ん、アキバならゲーム&ウォッチ専門店くらいあってもと思ったのですが・・現実は厳しい。(よく考えれば、当たり前ですが・・)

代わりに同時期に出ていたカセットビジョンというTVゲーム機は結構出ていました。
今で言うなら、全画面の解像度がWindowsやiphoneのアイコンサイズ(54 x 62ピクセルで8色)という、かなり無茶な仕様。
というか、ゲーム機本体にCPUが無いという、他に類を見ない構造はとても斬新(CPUはROMカートリッジにそれぞれ入っている)というのがマニア心をくすぐる。
・・・結局用が無いから買わなかったのですが。
そもそも、普通にTVに繋げられるかどうかが不安だし・・・






でも一応、戦果はありました。

画像 013[1]

Whirlpoolのねこ☆こいが1,980円でした!
しかも中古かと思ったら、未開封新品。DLサービス対象外ではありません。
普段の拠点である、新宿なら4,000円はするので・・これには驚きました。

この時だけは、「さすが聖地だね!」・・と思いました。
聖地というよりは魔都と言った方がいい感じもするのでしょっちゅう・・というわけにはいきませんが、たまには寄ろうかな?







あと話は変わりますが、アキバでどんな飯を食うかは意外と重要な問題だったりします。
いや決して全部が駄目なわけではないが、アキバは東京有数のハズレの飯屋が多い街なのは意外と知られていません。
今回も・・・・やられた!!

丼ものを頼んだのですが・・大盛りサービスは良いとして、松屋辺りよりも質が落ちるというのは・・・?
大盛りでも盛りは少ない、味付けは中途半端、ご飯は湿気でベチャベチャ・・・3拍子揃っていただけない。
どうして、アキバではいつもハズレを引くのだろう?
かつての名物、「おでん缶」も「おなかがすいていればおいしい。」という、褒めているかどうかも怪しい評価故に手が出なかった・・・・

アキバでの食事は慎重に!!

・・・特に地方から遊びに来る方は、気をつけませう。
誰か安くておいしい店があったら、教えてください。






・・・最後に、コンバータ以外での近況。この頃マジで思います。
「XP(x64)はいらない子?」

先日Veohがうまく見れない、と書きました。
まぁVeoh iphoneという選択肢もありますし、そもそも違法性が高い(よく誤解されがちですが、youtubeとかは殆どが違法です。ただ世間の認知度が高く、政治家等の有力者がプロパガンダに使える・・といった感じで利用しているため本格的にメスが入っていないだけ。)ので、こちらはまだいいのですが・・他にも使えないものが多すぎます。

例えば・・・

・itunes(64ビット版はVista以降のみ)
・一部のエロゲーとかは起動できません。
・nsaed.exe(ONSでアーカイブに使うツール)

nsaed.exeは基本的に動くのだが、かしましコミュニケーションで64ビットのXPでのみ、アーカイブで不具合が出たり(一度だけでしたが)、不安が残ります。
というか、itunesが駄目って・・・・・・・

「はっきり言って、誰もまともに使ってないから苦情が来ない。」と感じることがあります。
これなら紛らわしいので、XPの名前をつけないで欲しい。

動作の安定事態は結構なものなので、普段はいいけれど・・・また別にメインのマシンが欲しくなる時があります。

XP(x64)用の情報交換用のコミュニティが欲しいところです。

こちらも探さないとね・・・・。




近況としては、こんなところでしょうか?
駄文ですみません。

プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。