PS VITAレビュー!!

IMG_0013[1]
え~~~~~、発売早々に不具合が多発するとか中古品の本体が、実質買取不可とかといったネガキャン気味のPS VITAですが・・・確かにソニーの対応に難があるとは思いますが・・そうは言っても、まともに動く本体の方が圧倒的に多いですし・・・・それで貶められるのはどうかと思います。

そういった氾濫した情報ではなく、自分なりの評価でレビューを書こうと思います。

個人的にはPSPのそのままの後継機のような機体を望んでいたのですが、実はそうではなく結構面倒なところもあり、ただ褒める気にもなりませんが・・・それでも悪いハードではなく、期待は持てると思います。あと、この記事はPSPをもっている方向けですのでその辺も注意。


気になったこと

以下の点はPSPと比べ不便に感じているところです。

・オンラインの際にはFWのアップデートを強要される
PS3と一緒ですね・・・将来、CFWのようなものが出たら専用の機体にして2台持ちにしないといけないでしょうか?最近のハードではこれは止むを得ないでしょうか・・・・・

・メモリーカードの入れ替えの際に、強制的に本体が再起動
割れ対策でしょうか?
それにしてはHELLO WORLD!は既に動いているようですし・・・意味がない割りに面倒です。
32GBのメモリーカードを購入してipod touchのように使うべきでしょうか・・・

・本体の自動ロックの待機時間が5分が限界
5分以上の設定は無理で、「なし」にもできません。
バッテリーの消耗は激しそうですが、余計なお世話です。
慣れれば良いことですが、改善してもらいたいですね。

・Playstation Storeに初代PS用のソフトがない。
これも結構不満です。対応が間に合わなかったのでしょうか?
PSP用もUMDパスポート対応ソフトが少なすぎて、2度買いを強制されているような・・・
代金の支払いも面倒なところがあるので、仕様としては面倒です。
PSP用は対応ソフトが多いのが唯一の救い。

・Webの閲覧が・・・・
3DSやPSPよりはマシ、といったところでしょうか?
iphone4Sやipad2を基準にして考えると、がっかりします。
地図アプリとかが無いのも持ち歩きするには不便。
「見れるけど、期待はするな」というレベル。
この手の期待をするなら、スマホやタブレットPCを買った方が良いです。

・充電がうまくいかない、従来の充電器が使えない。
これは、純正のACアダプタを使わない方によく起きる問題です。
理由は・・・・
ACアダプタはUSB3.0!!!
初めてのUSB3.0機器がACアダプターになるとは夢にも思いませんでした。
さすがはソニー、やることが違う。
上の文章は、ソニー褒めるときにも貶すときにも使えるので便利ですよ(笑)。

・ピクチャ、音楽、ビデオは専用のツールを介さないと入れられない。
PCとの接続は、コンテンツ管理アシスタントという専用のツールのインストールが必要。
さらに「マイ ピクチャ」「マイ ミュージック」「マイ ビデオ」に入れておかないと転送対象になりません。メインのHDDに余裕がないノートPC利用者などには面倒です。
出来の悪いitunesといったところでしょうか?
各機能はこんな感じ。

ピクチャ
IMG_0012[1]
これは結構綺麗。
有機ELディプレイのせいでしょうか?
見慣れている画像も新鮮に見えるかもしれません、一度はお試しあれ。
ただ、手持ちの本の電子書籍化は苦しいので、気に入った画像の閲覧以外は無理です。

上記の絵は、PS3用のメルルのアトリエの温泉イベント。
何故こんな絵を(苦笑)・・・・・
何はともあれ、発色がとても良いです。
エロゲーは、VITAで出すとそれだけで高評価かも?
あ~~~~、ONSやりて~~~~~~。

ミュージック

ソニーらしく音質は良いです。
ただイコライザが無いも同然で、見た目も機能も最低限です。
将来的な発展はあるのでしょうが・・普通に聞けるのだから良いか、とりあえず。

ビデオ

これが一番嬉しくない!
対応するフォーマットが少なすぎる。
MP4は当然としても、HD画質も再生できる性能なのに・・・確認できたのは、PSPでも再生可能なファイル以外は無理でした。他にはどんなフォーマットならOKなのだろう?
Playstation Storeでもレンタルで動画はあるけど全部SD画質で、見る気にもならん。
torne経由ならもっと画質は良いのでしょうか?持ってないけど。
ニコニコ動画はスムーズに見れるけど、だから何?と言ったところ。
いずれにしても、スマホとは比較にならない惨状。


・・・ビデオやWebの閲覧とかは明らかに期待以下。
正直な話、かなり脱力しました。
スマホを持っている方は実用的な使い方は考えず、VITAはゲーム専用機として使うべきか?

・・・・で、肝心のゲームレビューはこんな感じ。
RIDGE RACER以外は、合格でしょうか?



RIDGE RACER

ロンチタイトルなら、やはりコレ!
・・・と思って期待していたのに、したのに・・・・結論!

買うな!

とにかく量的に酷い。

VITAキャラバンの仕様がそのまま製品版のようです。
はっきり言って体験版レベルです。

コース3つ(新作コース無し)、車種5台(新車は1台)、BGM7曲(新曲のみ)・・・
これで3,800は高すぎです。2,000円くらいなら解りますが・・・

コースと車を追加したDLCが出ますが、それも出るのが2月って・・・
まぁ、商品未満と言うべきレベルです。
VITAをネガキャンしたい方は、このソフトを強く推しましょう。
こちらは大いに腰を抜かしました。がっかりです。

あと・・・開発能力の低い会社に依頼したのでしょうか?
30フレームなのは良いとして、リプレイでカクカクすることがあったり、1人称視点のみ(表示台数を1台減らせるからか?)、と不満を感じることも。
あと、車のモデリングは良いですが、コースはもう少し頑張れなかったのか?

後述の三国無双と比べると、レベルが低すぎる。本当に同じ機種なのか?
VITAの性能をフルに発揮したなら、もう少しレベルアップできるはずです。
バンナムも堕ちたな・・・3DSのリッジも酷かったし・・・外注にもコネが無くなったか?

唯一弁護するなら、敵車のアルゴリズムは結構なレベルなので、レースになっていないということは無い。暇つぶしとして多少遊ぶ程度なら、熱くなれるかも?

DLCのボリュームが揃うまでは評価できませんね。
その時には安くなっているので、欲しい方はそれまで待ちましょう。


真・三国無双NEXT
IMG_0011[1]
この程度の人数では・・・・いや、もっと多くても処理落ちゼロ。始めて見ると、驚きますよ。

こちらは購入する気がなかったのですが、プロモが良くできていたので購入しました。
個人的には、無双は作業感が強いのであまり好きではないのですが、丁寧に作られていて良くできていると思います。結構な人数が出てきても、今のところ処理落ち無し。
次世代機に近い満足感があり、素直におススメです。

タッチパネル操作に関しては、個人的には良い。
もともと無双は作業感が強いので、適度な刺激になって眠くなることは無い。
ただ、背面パネル操作は良いとして・・張飛の必殺技は本体をシェイクすると威力が上がるのですが・・・外でこれを行うのは、結構恥ずかしいかも?

全体的にPS3並か?と言われるほど評判が良い。(やや大げさだとは思うけど・・)
開発期間は1年という話ですから、PS3用の素材が流用できたのでしょうか?
・・・だとしたら、高画質なソフトを短期間で開発出来る可能性を垣間見える気がして嬉しい。

ゲーム自体はいつもの無双なので、無双に抵抗が無い方ならぜひどうぞ。


アンチャーテッド~地図なき冒険の始まり~

VITAの初期のプレゼンで主に使用されたくらいなので、良く出来ています。
開発のNAUGHTY DOGは凄いですね。
PS3用のソフトでは、アンチャーテッドは素直におススメしたいですし・・・

VITA版ですが・・さすがにPS3版から見れば見劣りはしますが、十分楽しめるレベルだと思います。
主人公のネイサンの目線など気になるところもありますが、すぐに慣れます。
無双も出来の良さでは負けませんが、新鮮味で言えばこちらが人気No.1なのは解ります。

タッチパネルの強制操作でマイナス感を言う方もいますが、代わりにタッチした場所まで自動移動してくれるときもあるので便利なときも。一長一短でしょうか?
殆どの方にとっては、買って損するタイトルではないと思います。

個人的には3DS版のバイオ辺りとは同列に出来ないほどグラはいいと思います。
性能差を考えれば、当たり前ですが・・・


ドリームクラブ ZERO ポータブル
2011-12-26-194751.jpg
PSボタン + STARTでいつでもスクリーンショットが取れます。
画像をクリックすると、実物大で表示されますが・・・かなりの高解像度であることが解ると思います。


これも購入予定は無かったのですが・・・ドリームクラブ自体がストレスの溜まるゲームとして知られていますし。
ただ思いの他、丁寧に作られているようなのでベンチマーク的な価値はあると思い、購入。

女の子のポリゴンは良く出来ています。これが携帯機とは思えないほどです。
会話を楽しみたいのなら、十分なレベルだと思います。

ただし強制オートセーブで、セーブデータは一つだけ。
選択肢は疑問が沸くようなものがある(らしい)、DLCは揃えれば高額、さらにバグもあるもあるらしく・・・アップデートもされるかもしれませんが、人は選びそう。

第一印象は結構良いので、売れるかもしれません。グラに関しては期待を裏切らない出来です。
上記の点を留意したうえでアップデート等の期待を含めれば、買っても良いかも?


Ultimate MARVEL VS CAPCOM 3

届いたので、レビューを追加します。
MARVELはアメコミ最大手の出版社です。
以前のカプコンとのクロスオーバーで、次第に意見が合わなくなり・・・

前作のMARVEL VS CAPCOM 2で、契約解消になり続編は2度と作られないはずでした・・・
が、アメリカでは10年経った今でも大人気なんです。未だに対戦が頻繁に行われています。
人気に押されて、10年ぶりにまさかの復活を遂げました。

絵が超絶にアップするのは当たり前。
操作が非常に簡単になり、お手軽にガンガン派手に決められます。
PS3版を持っていないので比較は出来ませんが、携帯機としては驚異的に綺麗です。
何よりも、どんなに派手な処理をしても処理落ちは全くありません。
少なくとも、WIIは確実に超えた性能のようですね。

非常にお手軽に決められますが、CPUの後半戦はかなり難度が上がります。
スピーディなのは良いのですが、速すぎて何をやっているのか解らないので落ち着かないかもしれません。
またバージョンアップ前よりもバランス取りが微妙になり、強キャラと弱キャラに差が出るようになってしまったという、急ぎすぎ故の欠点も出てしまっています。
キャラクターも好みが分かれます。ゴーストライダーやアイアンマンはアメリカでは大人気ですが・・日本ではどうなんでしょう?

た・だ・し、3DS版のスパIVとどちらが良いかと言えば・・・
グラフィック、操作性、爽快感・・・どれをとっても上です、それも大幅に。
もともと個性が強すぎる作品ですが、出来は良いので好みが合うなら買いです。


BLAZEBLUE CONTINUM SHIFT EXTEND
2011-12-26-193423.jpg
ブレイブルーの厄介なところはキャラの個性が強すぎて、どう戦えばいいのか解らない事。
写真のノエル・ヴァーミリオン(左)とかは人気のあるキャラクターなのに、何が強みなのか・・・
とりあえず、画面端に追い詰めつつも基本的な連続技&判定の強い技で逃がさないパターンで戦ってますけど・・・こんなやり方で、対戦で勝てるわけがないというか・・・基本戦術については解りやすいご指南を頂きたいところですが・・・


え~~~~、当方貧乏です。
これ以上ゲームを買うと、もの凄く苦しいのですが・・・・
もう良いや、買っちゃいました。
後でワゴンになっても良いです。自分にとってはVITAは評価したいので・・・
これ読んでいる方がVITAを高く評価される必要はないですが、見直してくれる方が一人でもいればありがたいです。
・・・というのは個人的な感傷なので、さっさと本文を・・・

え~~~と、アーケードのブレイブルーそのまんまです。
あまりやり込んでいるゲームでは無いので解りませんが、PS3近いレベルのようです。
当然処理落ちなどは無いし、再現性もアーケードそのものといった感じ。
というわけで、誰にでもおススメ!・・・とはいかないんだよな、これが。

再現性もアーケードそのものと書きましたが、操作性も本物志向。
VITAのパッドに合わせて緩和入力とかは無さそうです。
結構シビアな判定のため、必殺技どころか空中ダッシュもワンテンポずれそうになることも。
入力には慣れが必要。ソフト側において緩和入力のオプションも欲しいところです。

IMG_0018[1]
こう書くと、VITAの操作性が悪いからじゃないの?と思う方もいるかもしれない・・・ということにならないよう反証として、NEOGEOのキング・オブ・ファイターズ'96と初代サムライスピリッツを購入。・・・それぞれ350円とお求め安い価格のため、試してみました。
結果は、VITAでも問題なく技が出ます。SNKの作品は、元々緩和入力はやりすぎなくらい行っているので正確な比較とは言えませんが・・・ブレイブルーはソフト側の調整次第でもっと技が出やすくなったのでは?・・・と思います。

このため、VITAで遊ぶ場合は専用に練習が必要かもしれません。
反面、Wi-Fi環境下ではラグなど殆ど無い快適な対戦を行えるため、知り合い同志であらかじめ打ち合わせをしておけば、それぞれ自宅でアドホック感覚に近い対戦ができます。
敢えてVITAで対戦を臨むのも一興かもしれません。

あとステージ毎のロード時間がやや長いです。デモ(飛ばせない?)+ 読み込みで十数秒かかります。
コンティニューとかには、再戦までには結果として30秒くらいは掛かるので、同キャラでの再戦ならそのままロード無しで再戦可能にして欲しかった・・・かな?

細かい点を指摘しましたが、逆に言えばそのくらいしか突っ込むところが無い出来です。
練習さえすれば、駅の構内とかでもネット対戦できそうなので買うのも良いかもしれません。
ブレイブルーも良いけど、ベタ移植で良いのでアルカナハート3も出てくれないかな・・・あちらの方が、素直に対戦が出来そうで燃えるのだけど・・・




ゲーム自体は思ったよりも良い出来です。
RIDGE RACERが思いっきり期待はずれでしたが、他の3本は楽しめそうですし、3DSとは一線を引く印象があります。無双やアンチャは短期間で開発されているとは思えないレベルなので、このレベルが安定して出ればVITAは優位に立てると思います。
3DSやスマホのゲームとは数段上を行っている印象はあると思います。
個人的にはGRAVITY DAZEが欲しいかな?
今年は買いすぎたので、しばらくは無理かもしれませんが・・・

さすがにお金が無くなったため、3DSのソフトなんてとても買う余裕は当分の間はありませんが、バイオの新作とかは性能の割りには良くできているとは思いますが・・・VITAのソフト買ってしまうと、どうしても見劣りしてしまいます。3DSの鉄拳は評判は良いけど、あれ買うくらいならストリートファイターVS鉄拳のVITA版の方が良いですし・・・サードパーティのソフトは、このままだとVITAに食われてしまうかもしれません。


その他、体験版のレビューです。

パワースマッシュ4

一つの画面で、懐かしのエアホッケー的な感覚で対戦が出来たり、写真から選手のモデリング出来たり・・・と、面白そうな機能を満載・・・と楽しめそうな要素のある作品です。

ただ、顔のモデリングは洋ゲー仕様なので好みは分かれます。
あくまでテニスゲームなので、テニスが好きな方はおススメです。


ダーククエスト~Alliance~

アスファルトもそうですが、どちらもiphoneアプリで有名なGAME LOFT製です。
いつものGAME LOFTクオリティです。
結論・・iphoneやipadでやりましょう、その方が安いし。


サワリ・マ・クール

背面タッチパッドの操作感を味わうためにあるゲームです。
2,000円なので、割高感はないですが・・・他の市販ソフトの方が、満足感はあると思います。


かまいたちの夜~11人目の訪問者~

ぶっちゃけ、演出は3DSでもPSPでもできるような内容です。
シナリオがメインなので、気になる方はどうぞ。


極限脱出ADV 善人シボウデス

3DSにも出るため、グラは3DS準拠。見れないことはないですが・・・
ゲーム自体はややテンポが悪い気も・・こちらもシナリオがメインなので人は選びそうです。




PSPのゲームはどうか?
IMG_0008[1]
さすがにお金は尽きたため、METAL GEAR SOLID PEACE WALKERが890円と、とても安いので購入。
この作品は、デビュー当時はかなり騒がれましたが、名作と呼ぶ声は意外と少ない。
いや・・・作りこみはもの凄いですよ、一分の隙も無いくらい。
ただ、その作り込みが異様な難度に反映されてしまっているため、敷居の高い作品になってしまっています。
特にボスキャラの硬さは異常で、誰もが一度は辟易したはず。

ピースウォーカーなんて、一戦1時間くらいかかるのに3回やり直す羽目に。
あともう一息!のところで・・・・弾切れ。
後にも先にもPSPを壁に叩きつけたくなったのは、あの時だけですね(笑)。
バイオハザード5が全く隙の無い作り込みだったのに、ユーザーから叩かれているのは異常な難易度ゆえ。
(バイオはパートナーシステムも難ありますが。)
多少ベクトルは違いますが、どこか似ていますね・・・
「KGBの依頼でCIAと戦うはずなのに、何故敵はみんなロシア製の武器ばかりなのだろう?」とか、今となっては懐かしいです。

あ・・・思い出話に浸っていないで、そろそろ解説を。
画質は、従来のものと、ディザリングされたものの2種類から選べます。

ディザリングすると、ポリゴンのカクカク感がやや軽減されますが・・あまり変わりません。
ダウンロード版の価格が割りと高いので、PSPのゲームをやりたければ、今のところPSPでやった方が良いと思います。画面が大きいので、その辺りがメリットか?

FF零式のDL版が6,480円もするのにUMDと両方買った奴もいるな・・・そんなにディザリングされた下着が見たいのか・・・・・


PCエンジンのゲームはどうか?
IMG_0005[1]

ついでにPCエンジンのCD-ROMとかも出ているので以前記事に出したイースIVも購入。

画面の大きさをいつでもRボタンで変更できるのは良いですね。
さすがに今更ながら、という気はしますが800円なら好きなタイトルなら・・という感じです。
イースは曲も好きなので、音楽目当てならOKかも?
もう少し、ラインナップが欲しいところです。




いかがでしょうか?
期待はずれの部分もあったもののゲーム自体は思いの他、良くできていると思います。

システム面の不備もソフト側が原因のものが殆どなので、将来は改善される可能性も・・・
やはり3DSよりは1歩も2歩も先を行っている感はあります。
少なくともネガキャンされる程ではないです。

様子見も結構ですが、この記事を見て尚欲しいという方なら、購入しても損はしないと思います。
いかがでしょうか?




それにしても、今回もクレジットでようやく購入。
少なくとも3月くらいまでは、食費も節約しないと持たないぞ。
これも自業自得か・・・当分の間は何も買えないな・・・まぁ、いいか。





スポンサーサイト

最近のゲーム機事情・・・勝ち残るのは、どれか?

さて、PS VITAも発売間近になり年末商戦も本格化です。
ここで、最近のゲーム機の事情をまとめてみました。

貴方は、どれが良いですか?



ニンテンドー3DS

良い点

・第一印象は総じて良い。悪評も気にならないかもしれない。
・普通に買えば、最も安い携帯機・・以前のDSよりも安い。
・年末に出る作品は人気作、話題作が多く、これからの展開次第では今後も出続けるかも?
・あまり売れていないという印象はないが、本来なら十分商売になる台数は既に売れている。
・旧型のDSのソフトの資産をそのまま生かせる。

悪い点

・売りであるはずの3Dを評価する声が乏しい。
・本当は性能が低めで安上がり・・第一印象とは裏腹に、好印象が長続きしない。
・任天堂の売り方や考え方は前時代的なところが多く・・・性能以上に足枷になっている。
・本体内蔵or無料のアプリがすぐ飽きるものが多く、本体のみだと使い道が乏しい。
・ハードだけ売れていて、ソフトはとにかく売れない。原因も謎。
・セキュリティーが弱い印象があり、サードパーティは既に及び腰か?


価格は既に1万5000円になってから久しいが、思ったよりは売れなくて苦戦している印象が強い。
・・ただ1年で1,600万台も売るというは、最初から無理。
以前の国民機のDSですら、7年掛けて3,200万台なので・・たった1年で売れるわけがない。
任天堂が現実を見ていると仮定すれば、景気の良い数字を挙げて株主からの好印象をもらうか、数字に弱そうなライトユーザーを釣るつもりだったのかもしれない・・・・いずれにしてもお粗末な予想だ。

ただ現在で出荷数は350万、販売数は250万台・・と実はかなり良い数字。
PS3が5年掛けて販売数が700万台余りなので、それと較べればソフトの製作コストが低めの携帯機なら魅力的であり、このままなら十分主役として輝ける!見た目も結構落ち着いたデザインなのも良い!
初めて手に取ったときの印象が良かったので、割りとアンチ任天堂の自分も買いました!
任天堂も今年の広告費は1,000円億円!知名度は抜群だ!!!

・・・そう、昔みたいに競争相手がいなければこれで良かったのかも。

だが現実は苦しい。
まず性能が予想より下回っている。
CPUは150Mzと、7年前に出たライバルの7割程度。
解像度は・・・400x240とファミコンレベル。800x240というのは裸眼3Dの際、ほぼ同じ画像を2つ作るためにその合計であり、現実にその画像で表示されることはない。
以前、閃乱カグラの一部で3Dを廃したのは、その間だけ2倍のポリゴンを表示できるから。
あのソフトには合った選択肢であったのだ。

性能の割りに頑張ったソフトは多いが・・・ほぼ全てで7年前のライバル機に劣る。
だからユーザーにも飽きられやすいようだ。他と較べて見劣りするようでは仕方がない。
この性能の低さは製造原価を抑えるのが目的で、実際には1台あたりの原価は8,000円前後のようだ・・・
これに1,000円億の広告費を上乗せするから逆ザヤ(本体の制作費が定価より高い)と言う現象が起こる。本来なら逆ザヤはない。
・・・だがユーザーも目が肥えて、他にライバルがいて・・・では部が悪く、広告を派手にしてもテレビ離れ、新聞離れが進んでいる今では効果も薄め。かつての脳トレみたいな牽引ソフトも無くライトユーザーはスマホに取られて・・・では苦しい。

ニンテンドーE-SHOPでスマホのようなアプリを販売しようにも・・・白黒のゲームボーイのソフトを400円とか・・ありえない価格での販売。スマホのアプリの有用性からは遠く遠く及ばない。
さらに全てのアプリの価格を任天堂が仕切って決めているので、値下げを開発した会社が行うことも無理・・・割高、低性能、数も少ない・・・とまるで勝負になっていない。
今度のアップデートでアプリの高性能化を計れると言いつつも、まだ出ていないし・・
予告したアンバサダーも何も言わないし・・・この状態ではサードパーティは参入しづらい。
元々敷居を高くしているという話もあるので、なおさらだ。

市販ソフトも生産数は全て任天堂が仕切っているのも相変わらずで、利益を上げづらい。
閃乱カグラも話題になった割りには7万本程度。自由競争ならもっと売れたといわれる。
サードパーティ限定なら、1位はレイトン教授の32万本、2位はワンピースの17万、3位は戦国無双の13万本と異様に売れていない。閃乱カグラも実は売り上げベスト10に入る。
以前のDSで、6万4千本しか売れなくて開発チームを解散させられたと言う話もあった。
それを考えれば・・芳しくない、としか言えない。

さらに本体だけ買ってソフトを買わない方が多いという謎の売れ行きも話題になっている。
諸説は飛び交っているが、真相は誰にも解らない。
本体だけでは数日も持たないレベルの貧弱なアプリしかないのだが・・・

さらにセキュリティーも不安で、発売日からマジコンが使えた・・・らしい。持っていないので詳細は解らないが・・・これも不安材料だろう。
3DS専用のソフトのコピーはまだ無理(一部はできていると言う噂もある)のようだが、完全に解析されたら相当に苦しい。
サードパーティにとっては不安材料が多くて及び腰の会社もあるというが・・・止むを得ないかもしれない。任天堂のソフトだけ売れても負けハードになってしまうのは、GCやN64で証明されている。

一方良いニュースで言えば、マリオ3Dランドは1ヶ月で50万本を突破。ジワ売れするタイトルなので週平均で1万本売れれば1年以内にミリオン達成できる。マリオカートはさらに好評なので、こちらもいずれはミリオンに届くだろう。
あとは・・・サードパーティのモンハン3Gが目標の年度内、つまりは3ヶ月余りで目標の120万本を捌けるかどうかだ。
このソフトの売り上げ本数で3DSの将来が決まる・・・のだが、既にソフトの生産が思うようにいかず、予約者にも時期を分けて分配するとか・・・・心配な声も。

いずれにしても年末の商戦で、3DSの将来が決まる。
モンハン3Gが売れなければ・・・サードパーティはもう寄ってこない可能性もある。
頑張ってもらいたいものだ。


WiiU

良い点

・来年の発売に向けて、性能をブラッシュアップしている可能性があり期待している方は何気に多い。
・新種のコントローラーは、新たな遊びを開拓させてくれるかも?

悪い点

・仕様が殆ど発表されていないため、実際には不安視する声の方が多い。
・「仕様が変更されすぎて開発が難航」「安上がりに仕上げすぎて一部の部品が商品未満のレベル」・・・開発者からは良い噂を聞かない。
・開発状況が不安定なので、ソフトも十分な数を揃えられないのかも?
・発売早々にさらに高性能な次世代XBOXと勝負を強いられるかも?市場を確立できるか?


まだ仕様が明かれていないので早過ぎるかもしれないが・・・今の地点でのWiiUの情報を。
最近で言われている噂ではQuad Core、PowerPCベースの3GHz 45nm CPU・・・XBOX 360と同程度という声が大きい。また6~7年遅れとは・・・そんなに安上がりの機体が好きなのだろうか?
とりあえずは、マルチタイトルだけでも出せるようにしたい・・・とうことか?

一方で「リモコンの受信部品も低コストで作ろうとして失敗して、デバッグは有線コントローラーでやっている」「仕様が変更されすぎてソフトの開発が遅れてやばい」「有線LAN端子はオプション、HDDは非対応」・・と噂は聞いている。
来年発売が本当に出来るのかも解らない。

カプコンを始め何人かが、「WiiUには期待している」とは言っているが具体的なことは何も言っていないし、元々任天堂よりのメーカーの意見が多いのでどう受け入れるべきか・・・

さらに、Microsoftもほぼ同時期に新型のXBOXを出す・・・と言っている。
明らかにWiiUを意識している。従来のものより高性能なハードを出されたら、日本はともかく北米市場へのダメージは大きい。
そういえばiphone/ipadでもSonic&SEGA ALL STARS Racingを3DSのマリオカートの発売間近に販売したな・・・このソフトは日本未発売だが、「PS3のマリオカート」と言われたゲームの簡易移植版だな・・AppleもMicrosoftも任天堂をただの敵としてしか見ていない・・・これで国内にはソニーのPSP、PS VITAが相手なので、四面楚歌の状態だ。3DSは確かに任天堂の驕りは感じたが、どの会社もその隙を逃がそうとは思っていない。

既にスマホの台頭等の理由により、ソニーは例年の3~4割、任天堂は5割近くもソフトの売り上げは落ち込むという説もある。この通りなら両者とも危険な状態だが・・・耐えられるか?


ドラゴンクエストXはどうなのよ?

ここで余談だが、ドラゴンクエストXはどうなのだろうか?

個人的にはドラゴンクエストXはWiiで・・というのはあまり驚かなかった。
既に数年間は任天堂ハードで出す、と契約を結んでいるという噂もあるし・・・

だがオンラインで、キャラ選択は亜人種のみで人間を選べないというのは予想の斜め上を行っていた。昔ながらの王道的なゲームで、オンラインとは合わないシステムのゲームで、さらに人間が使えないというのは・・どう判断すれば良いのやら。

少なくとも発表時にはスクエニの株価が下がり、ユーザーからの反応は芳しくない。
褒めるところがあるとすれば、早々とβ版テストが行われるくらいか?

さらにHDD非対応で、セーブは16GBのSDカード。
安いブランド物だと数ヶ月で壊れると聞くし、どの道アクセス速度は遅い。
前時代的なレベルのグラフィックを延々と待ちながらプレイする可能性も・・・

でもドラクエだから売れる!というのも真理!なのかなぁ・・・?

あまり良い声を聞かない作品だったら、折角なのでもっと掟破りをしてみるのも良いかも?

例えばマリオやピーチ、リンクといったお馴染みの任天堂キャラをゲスト出演させるとか・・・
クッパとか明くとして登場しつつも悪に染まりきれないキャラとして出したら受けそうな・・・
折角だからもっと思いっきりハメを外すくらいで丁度良いかも?
今さらこの程度じゃ誰も文句言わねぇよ・・・・・

peech.jpg
上のようなお姫様をドラクエXのクエストで助けてみませんか?
あ、ああ・・・・・・・しまったぁ!!!!
これはピーチ姫に似た全く別のお姫様だ!!!!!!


・・・・ここまで白々しい俺って最高!!!!!!!
あはははははははははは(猛爆笑)。


PS VITA

良い点

・背面パッドなど新技術を多数導入、主に海外では開発者を良い意味で刺激している。
・有機ELディスプレイは性能以上に画像を綺麗に見せてくれそう。
・総合性能なら新型のスマホには及ばないが、それでも十分に対抗できる性能を持っている。
・予約者の数だけでも、増産を見込めるほど注目を集めている。
・各種アプリの製作にも意欲的で、ゲーム機として失敗したとしても生き残れるかもしれない。

悪い点

・価格が高い。現状ではipadのようなタブレットPCを除けば最も高い携帯機となりそう。
・現状では市場を引っ張れるほどのキラーソフトは無い。今後もしばらく出ないかも・・・
・一部の仕様が不安視されていて、予期せぬ不具合が起こるかも?
・正直な話、周囲が期待するほどの性能は無さそう。発売早々に爆死する可能性も・・・


正直な話、こちらはソニー派なので少々甘くなってしまうかもしれません。
さらに未発売だから期待票もあるかもしれません、それを承知で読んでください。

9月の東京ゲームショーでは、7割の方が購入意欲を持ったと言う新ハード、PS VITA。
正直な話、こちらが最も期待するハードである。
CPU速度では最新のスマホに劣るが、高性能GPU、有機ELディスプレイ、背面パッド・・・新しい技術が盛り沢山で「未来」を感じさせる・・これこそがPS VITAの魅力。
スマホと異なり、全性能をゲームに振り分けられるので、速度においても劣ることは無いでしょう。

・・・とは言うものの、では売れるか?と言われれば売れないと言う方は多い。
実際、東京ゲームショーは任天堂が参加しないソニーの独壇場で、そこで好評と言われても・・・
ここでは噂や情報を少々纏めてみよう。

・あまりに価格は高いでしょう?
  →これだけいろいろ新しい試みをしていたら、これでも安いくらいなのでは?
・3Gの接続料金が高すぎます。
  →携帯端末として考えれば止むを得ないのかもしれません。将来、もっと良い料金プランも出来るかもしれませんが・・・
・右スティックとXボタンが操作時に干渉する。
  →よく聞く噂ですが、個人差があり問題無く操作できる方が多いようです。
・ゲームショーでは、ゲーム開始まで1分は掛かるロードの遅いソフトがありましたが・・・
  →まだ最適化が出来ていない状態で出展したものもあるようなので、製品版はそれほど掛からないようですが・・
・メモリーカードは高すぎませんか?
  →確かに儲けようとはしているでしょうが(笑)、新しい仕様で快適にできるのならそれで良い思います。耐久性も考えればあまりに高いとは言えません。
・リッジレーサーは3コースしかない上に30fps。舐めてませんか?
  →1,000安くタイトルを売って、DLCが5月まで販売分が一括1,000円。
   DLC込みで完成するようです。3コースは体験版で製品版はもっと・・・
   3DS版も30fpsなので、動きは参考になるかも?
・有力なタイトルが出ないけど、売れるのですか?
  →少なくともドラクエは出ないと思います。FFならまだ可能性が・・洋ゲーなら結構出そうですが。
・そんなに綺麗ではないのでは?
  →まぁ正直期待しすぎても・・・メーカーもVITAに慣れればさらに良くなるかもしれません。
・さすがにスマホ並みのアプリは出ないでしょう?
  →ソニーは新規メーカーにも寛容なので売り上げ次第では、良いアプリが揃うのかもしれません。

こうやって並べてみると、そんなに焦って買う必要は無い気もします。
個人的にはどうしても気になりますので、買いますが。
本体(3Gモデル)+32GBメモリーカード+ソフト2本で5万円では確かに高いです。

ipad2ならもっと高いけど・・タブレットPCも5万すればかなりの高級機ですし・・・
発売してしばらく待って様子を見るのが一番賢いのかもしれません。
値段を考えれば、爆売れはしないと思いますが、他のソニーのハードと同様に徐々に売れていくと思います。


Playstation3

良い点

・現状では最も性能が高い。本体も以前よりずっとお求めやすい価格に落ち着いている。
・業界で最も注目されるソフトが多数出ている。日本では据え置き機では売り上げトップ。
・Torne、ブルーレイドライブなど、ゲーム以外でも次世代機らしい使い方が出来る。

悪い点

・市場が安定するのに時間が掛かり過ぎたためか、北米市場ではXBOXの市場を切り崩せないでいる。
・XBOX360ほどではないが故障率が高い。
・オンラインが基本のためか、アップデートが前提の未完成品が売られることも・・・DLC商法も問題。
・洋ゲーが多いので、好みが分かれるため万人向けではない。


発売当初は6万円という高価なため散々な売り上げだったが、徐々にソフトが出始め、現在では名実ともにトップクラスの売れ行き。初期型と現行モデルとでは仕様が異なり、初期型はPlaystation2と互換性があり、PS3+HDMIテレビの組み合わせがPS2で最も簡単に高画質でプレイできるが、HDDの容量が少ないので自分で換装が必要。この際は、2.5インチで厚さが9.5mm、1TB以下の要領で無いと換装できないので注意。安物は厚さが12.5mmが多かったりするので間違えやすい。
現行モデルは換装しなくても十分な容量があり、本体が軽く静音だが、Playstation2との互換性は無い。
自分のニーズに応じた機体を買おう。初期型なら2万でも買えます。
とにかく絵が綺麗で、他の機種とは次元が違う。
最近はマルチタイトルだけでなく、PS3専用ソフトも珍しくなくなった。
中古ソフトも値が下がってきて、お求め安い値段に。
ビジュアル重視とよく言われますが・・・それでも演出に圧倒されることは今でも珍しくないです。
まぁ、安くなっているのだからとりあえず買ってみ?

DLC商法が多いとか、洋ゲーが多いと言われますが良くも悪くも最先端を味わえる機体です。
GranTourismo5なんか、延べ制作費は80億とも言われていますし・・・とにかく豪華なので。
悪く言う方は、とりあえず買ってから文句を言いましょう。
あと故障率も結構高いから、廃熱にも気を配ろう。


XBOX360

良い点

・日本では不振だが、北米では安定して売れているため、ソフトが途切れることは無い。
・PS3には性能面では劣るもののさまざまな事情で、あまりパワー負けはしていない。
・ケイブのゲームが出来るのは据え置き機ではこの機種だけ(個人的な理由でスマン(苦笑)。)
・PS3よりもソフトが平均して安価。数を揃えたいのなら、XBOX360の方が良い。

悪い点

・日本ではとにかく売れない。実質洋ゲー、ギャルゲーあるいはシューター専用機。
・オンラインプレイでは過疎りやすい。
・故障率が高く、特に夏場では廃熱対策が必須。


XBOX360はとにかく日本では売れていません。
6年掛けて延べ販売数は150万台。売り上げ最高は・・エースコンバット6が廉価版を含めて24万本、スターオーシャン4、テイルズオブヴェスペリア、ブルードラゴンが20万本余り・・これがトップクラス。10万本以上売れているのは、僅かに10数本。
洋ゲー専用機のような印象があるものの、10万本以上売れているのは2本だけ。
実際には日本製のソフトが人気作を占めています。
ギャルゲー専用機の感もありますが、最も売れたのはアイドルマスターライブフォーユー!が7万5千本。従来のタイプの2Dギャルゲーなら、シュタインズ・ゲートが5万2千本でトップ。
つまりは、ギャルゲー専用機というのも本当は間違い・・・というか、あまりにも売れていません。
ソフトの品質も高いのに、何故こうも売れないのでしょう?
・・・・どうりで国内では大作志向の作品は出ないわけです。

ただし海外では売れ行きは好評で、北米では据え置き機では44%を占めてトップ。
アメリカではPS3や後継機が主役を握ることは無いでしょう。
いわゆるマルチタイトルは途切れることはありません。
マルチタイトルでは性能の低いXBOX360の方が、PS3よりも出来が良いこともよくありますが・・・
これは、開発ベースがPCで行われているため、相性の良いXBOX360の方が最適化しやすいからです。
CoD MW3とかはXBOX360の方が良いと言われています。
アンリアルエンジン等の開発用のソフトウェアも豊富で、性能的に上のはずのPS3とはそれ程の差を感じません。

現状でのXBOX360の利用価値は、とにかく流通しているソフトが安いこと。
特にアウトレットのマルチタイトルは安いです。
アサシンクリードが500円で買えるのはXBOX360だけですよ?
このため、とにかく数をプレイしたい方にはおススメです。
安価で大量、高品質のソフトが揃うため、PS3よりも割安感があります。
反面、特に初期型の廃熱機構に問題があり夏場では故障率が異様に高いため、何らかの配熱処理用の補助パーツは必須です。壊さないように常に注意する必要があります。
いろいろ問題はありますが、注意して使えば価格以上の価値のあるハードだと思います。
著名人では案外、愛好家も多いですしね。

最近では洋ゲー、ギャルゲーあるいはシューティングしか新作は出ませんが・・・愛してあげてください。


次世代XBOX?

こちらも噂をされてはいましたが、WiiUに対抗するかのように発表されました。
来年発売で、廉価版と高性能版の2種発売されるとか?
高性能版では6コアのCPUが使われるとか言われていますが、本当なら最上位機種になります。
明らかに任天堂の北米市場を潰すつもりで出すのでしょう。
WiiUに未来はあるのか?

現状で気になる噂では、CPUはAMD社のものを採用することでしょうか?
同社のCPUは高性能ですが、省電力や発熱には伝統的にあまり留意されていないと言われています。
つまりは、現行機のXBOX360の問題点は依然として残る可能性が・・・
高性能版は、出来れば水冷式のCPUクーラー付けてくれないかなぁ・・・そうすれば1万高くなっても買いますよ?

国内では・・・洋ゲー、ギャルゲーあるいはシューティングしか本当に出そうにないけど・・・・とりあえず、情報待ちですか?


スマートフォン

iphone、ipad

良い点

・とにかく売れている。多数派というのは心強いよね?
・あくまでiphoneは電話なので、どこへでも持ち込める。
・アプリの量がハンパではない量で、とにかく安い。少なくとも見た目は高品質。
・アプリはゲームだけじゃない、教育、ビジネスのアプリも凄いのでどうとでも使える。
・ipadならアプリの相性はさらに上がる。

悪い点

・電池の消耗が早い。対策と立てないと、あっという間に電池切れ。
・故障してもサポートは無きに等しい。絶対に壊さないこと。
・機種間の動作に差があることも多い。
・アプリは安かろう悪かろう、といったところが本音。必ず評価は見よう。例外も多いが・・・
・パソコンを持っていないと殆ど使えない。ゲーム機よりは敷居が高い。

Android携帯端末

良い点

・国内最大のdocomoがメインスポンサーなので、発展は見込める。
・Apple社の独占ではなく自由競争なので、機種を自由に選べる。
・アプリの量はiphoneに負けていない。

悪い点

・急成長をしたためか・・アプリと携帯との相性は解りづらいため、さらに敷居は高い。
・アプリの質はiphoneに負けている。充実するのはこれから。
・機種間の動作に差がある。アプリ目当てなら最低でもOS2.3、CPU1GHzを買おう。


詳細は前回の記事で書いたので、そちらで参照を・・・ここでは纏めて書きます。

特にiphoneは百円~数百円で充実のラインナップ。
やたら安価なのに、見た目は現行の携帯ゲーム機より上のものも少なくない。
正直、書いている自分がビビるレベルであり、未だ驚嘆を隠せない。

・・ただし、以下の点を留意したほうが良い。

・バグが多い。特にAndroidはシャレにならないレベルのものも多く、サポートも乏しい。
・ゲームバランスは大味なものが多く、やり込む方は従来のゲーム機の方が良い。
・操作性が悪いので、ストレスが溜まるものも少なくない。
・海外の作品は日本語化されてないものが多い。英語が苦手だとつらい。
・最近は1.8GBを占めるなど大型のものもあるが、携帯機の容量ではこのクラスが限界か。凝った演出を期待するなら従来のゲーム機の方が良い。
・日本製のゲームアプリはやや出遅れている。日本のゲームが好きな方は・・・(ry

・・・とまぁ、基本的には安いだけあって廉価版らしく劣化した印象は拭えません。
現代人にとっては、値段だけではなく時間も貴重。本格的に有意義なゲームライフを期待するのならやはりソニーや任天堂のゲーム機の方が良いですよ。

・・・とは言うものの、第一印象では圧倒される出来で、ライトユーザーは完全に取られてしまう。
これでさらに進化していくのだから、脅威以外の何者でもない。
特にライトユーザー目当てで、性能が低めで、社内の体質が現代のニーズに追いつけない任天堂はダメージが大きいようで、為すすべも無く敗退の可能性も。
ソニーも同様だが、まだ同じようなアプリの市場の提供を用意できる許容さがあるので生き残れる可能性もあるが、危険な状態であることに変わりは無い。VITAが売れなければ、最悪の場合は両者共倒れも十分ありえます。
本当に恐ろしい時代になったものです。


最後にタブレットPCの事情を書きます。
あくまで私評ですので、参考程度に。

ipad2

ipad3で更なる高画質、噂では3DSの欠点を取り除いた裸眼3Dもとり入れるという話もあり、時代を先行きしそうな感もあります。ただ、そうなるとアプリはipad3専用になるため普及には時間が掛かるでしょう。
それにipadの真の利用価値はゲームではなく、実用アプリの豊富さを利用した個性的な端末の確立にあると思います。
例えばMapFan。ipadは契約上、余程使い込まない限りWi-fiで済ませた方が安上がりです。
このMapFanはオフラインで日本全土の地図を搭載し、道路情報や音声ガイダンスもあるのでカーナビのように使うことが出来ます。これで価格は今なら900円。ipadなら地図も見やすいので、本当に地図帳が要らなくなります。1.5GBと容量は食いますが、必須アイテムでしょう。
他にも25カ国語を単語をそれぞれ1000語ずつ搭載した、会話の基本内容を記録したアプリが何と800円。もちろんオフラインでOK・・紙媒体ではありえない価格です。
さらには小説数百冊を内蔵した青空文庫など・・ゲームはともかく、これらのアプリは他に引けを取りません。これらが不満でも教育アプリの数は約2万もあり、選択肢が足りない・・という事は無いです。
これらのアプリを取捨選択をして自分仕様の端末を形成するのが、ipadの真の利用方。
そこまで楽しめれば無敵の存在。使い込めば使い込むほど個性を発揮できるでしょう。
ただ高額なアイテムなので、盗まれたり壊したりしないように・・・それだけは気をつけましょう。


AndroidタブレットPC

あのDocomoですらもiphoneと契約したがっているという噂もあり、そうなるとAndroidの運命は風前の灯か?・・と不安もありますが、自由市場のAndroidは価格が安いです。
特にタブレットPCは顕著。性能的にはipad2と見劣りせずに2万円台で手に入る可能性も・・・VITAの方が高いかも?
ただしアプリは充実しつつあるものの、まだ発展途上。ipadには見劣りします。
Jailbreakの必要はありませんが、Onscripterも自力でインストールしなければなりません。

ただipadのように全てがAppleの管理の下で、という押し付けもないのでカスタマイズする楽しみはipadよりは上。技量も必要だが、力量次第で独自の世界を築けます。

使い方が慣れていないうちは、SDカードの取替えで無限にメモリがあるので動画の閲覧機として使うのも手。どんな動画も量を気にせず持ち運び出来るのはipadには真似できません。

アプリの不足はネットで補うことを考えれば、3G契約は必須か?


WindowsタブレットPC

Windows8を搭載したタブレットPCが出ると噂されるが、従来のPCソフトがどこまで使えるかがカギ。
まだ出ていないが、既にipadやAndroidに大分先を越されているので、これらの市場を切り崩すのは苦しい。
既にWindows Phoneは惨敗の雰囲気なので、価格設定も考えないとまるで売れない可能性も・・
互換性が勝負を決めるが、どうなるか?

まぇエロゲができるなら、エロゲ専用機として使う手もありますが(笑)。

Windows自体がネットを使えてナンボなので、当分の間は3G契約は必須でしょう。



・・・とこんな感じですね。
個人的には、優秀すぎる機体が多くて困る、と言うのが本音ですが皆さんにとってはどうでしょうか?
ソニーの機体には特に愛着が沸くので、頑張って欲しいところ。でも、VITAはあまり売れないかも?
ipadもどこまで普及するのでしょう?


・・・・それでは。

ガンダムAGEって、面白い・・・・・よね?

【閲覧注意】
今までも結構ろくでもない記事を書いている自負はありますが、今回もいつにも増してろくでもないです。見ないほうが幸せかもしれません。


今回は突然書いてみたくなったただの雑記です。

この頃はやたら沢山のアニメが放送されるようになりました。
ニートでもフルコンプは無理なんじゃ?というほどの量です・・嬉しい反面、勿体無い感じもします。

そんな中でも秋から放送されているアニメで注目しているのが、ガンダムAGE。
さんざん非難されたり、つまらないと言う方も多々いますが・・・結構面白いと思います。

ただ見ていて腑に落ちない部分も多いので、一旦どこが面白いか整理してみます。

ガンダムAGEはその人物の奇妙なデザインセンスや、MSの手抜きとも思える個性の無さ等に批判が行きがちである。・・・・が、本当に問題なのはそれらの中身であり・・・・なんというか、登場人物一人一人の描写が薄っぺらで厚みを殆ど感じさせない。物語で必要になった時に、その場限りで自分らしく振舞うような・・どこか説得力や人間味が欠けている。

例えば、個人的には一番好きなZガンダムの一部のキャラと較べてみよう。

バスク・オムは自分に逆らう何百万人もの人間も平気で殺戮を命令できるどうしようもない悪党であった。外伝的な作品でのみ語られる話ではあるが、過去の戦争でジオンで捕虜になった際に酷い拷問にあったようだ。彼の冷酷さの背景にはこういった過去からの強い恐怖、あるいは憎悪がある。
強い恐怖や憎悪は通常の倫理観から逸脱した行動に走らせることがあり、彼の冷酷さはここから始まって徐々にエスカレートしていったものと思われる。
その性格の割りに人望があるのは余程ジオンに恨みを抱く人が多いのか、彼について行くことで相応のうまみがあるのか・・・いずれにしても常人よりは遥かに頭が良く回るのだろう。

ヤザン・ゲーブルはオールドタイプではあるが、野獣のような激しさで他を圧倒する激しさがある。だがその印象とは裏腹に後先考えずに行動することは少なく、実に狡猾に立ち回る。純粋なパイロットタイプで最も頭が良かったのは、あるいはヤザンなのかもしれない。
彼は戦場という場所を心の底から楽しんでいる。ここまで器用な立ち回りをする原動力は、戦場への飽くなき渇望によるものだろう。

パプティマス・シロッコはMSの設計から操縦、艦隊指揮から政治的謀略を一人でこなす、驚異的な能力を持ったニュータイプであった。彼の行動や言動は未だに意味不明のところがあるが、自ら名乗るように、まさに天才だった。彼の言動やしぐさの一つ一つに、自らの才能に対しての絶対の自信や自負を感じ取ることができる。

この三人は、本性は鼻持ちならない悪党である点は共通している。だが突き動かしている衝動は全く違うもので、彼らは自分の行動原理に忠実に動いていた。こういったさまざまな思いが複雑に絡み合うことで、Zガンダムの世界は動いていった。何回見ても飽きないというファンは結構いるが、こういった深みを感じいっているのだろう。

他にもジェリド・メサは多少情緒面に問題はあるものの、十分な素質や能力を持っていたのだが、主人公のカミーユ・ビダンというどれをとっても自分よりも上の存在に常に葛藤しつつも、慕った女性が次々と死んでいく等の出来事を通じて少々歪みつつも成長していく過程は魅力的であった。
最期こそはやや残念な結果だったが、Zガンダムはカミーユではなくジェリドを主人公にしても十分に物語として成り立っただろう。

他にもベン・ウッダーなど一見狡猾な小悪党な男が最期は特攻という潔い行動に出て、彼と運命を共にする部下が何人かいたことには驚いたことがある。彼なりの矜持があり、それを認める人物がいたという証であろう。

Zガンダムを見ていない方にはさっぱり解らない文章なのが申し訳ないのだが、この作品がどれだけ魅力的なのかは、こういった人物の厚みのある描写が一つの要因であることは確かだ。

ガンダムはこういった人物の厚さが人気を支えている。
不人気のVガンダムやガンダムXとかも、大概の登場人物にこの程度の解説や推測が成り立つ。
ただ両作はそういったこだわりが作品のテンポを悪くしたのは事実だが・・・・
GやW、SEEDシリーズやOOはこういった厚みを無くして作品のテンポや解りやすさを優先しているので例外も相当多いが・・・

本題に戻るが・・・ガンダムAGEは、とにかく厚みが無い。歴代ガンダムの中でもトップクラスの薄さだ。

主人公のフリット・アスモは嫌い、いう方は少ないが強い魅力を感じる・・と言う方はもっと少ない。
確かに彼は主人公としてはふさわしい。・・だがその理由は、他の登場人物のいずれもがどこか人間的に欠陥があるか、あるいは印象が薄く・・・・結果としてフリット以外に主人公らしい人物が誰もいないのだ。これでは印象が残らないのは当然と言える。

これでMSを始めとするメカのデザインは既存のメカを線を少なくして手を抜いただけ・・・例外は主役のガンダムだけである。・・・こんな印象しかないため、魅力に乏しい薄っぺらな存在である。ガンプラ自体は出来はかなり良いらしいが、とにかく売れなくて在庫処分に困っているらしい。3割、4割引きはもはやデフォルトのようだ。
あそこまで無個性で動きも地味なため、セールスポイントを感じさせる所が乏しい。それも仕方がないと思う。

・・・・・つまりガンダムAGEは、過去に例を見ないほどに人物、メカ、設定ともにペラペラに薄い作品と言える(どうやら日野氏のワンマン的な思想が足を引っ張っている感はある。台詞も自分が考えたものと寸分違わぬ形でないといけないらしい。)・・・・・・で、そんな作品なのだが見ていて結構面白いというのがなかなか凄い。

何というか、間の取り方や緩急のつけ方は上手で、見ていて退屈しない。

この作品の魅力を他に例えるのなら従来のガンダムではなく、漫才や落語に近い。

漫才や落語は、話として箇条書きすれば大して魅力的とは言い難く、むしろつまらないものが多い。
にも拘らず人を笑わせたり出来るのは、間の取り方あるいは空気を読み取るのが絶妙で、適切な緩急をつけることにより、退屈させずに笑いを生み出すことが出来る。

ガンダムAGEは7話まで見たが、世界観やメカではなく・・こういった見せ方のうまさだけで見させてくれるレベルに達している。ご丁寧にも7話全てでそうなのだ。
こう言うと非難しているように見えるがそれは違う、これはこれで大した才能だと思う。

ガンダムAGEのメインの日野氏は同時にレベルファイブの社長でもあり、彼は「社員はみんな、自分のことが大好きなんです。」・・と言っている。多少の誇張はあれど、多分事実なのだと思える。
彼のことを理解し、ついて行けるクリエイターたちの集団であることは間違いない。
・・少なくとも、仕事の早さという点では業界一かもしれない。

ガンダムAGEは従来の作品より設定が薄く、従来のガンダムの世界観が好きな方にとってはある意味ぶち壊しているから許せない!・・・という気持ちもわかる。
数年後にはガンダムシリーズの黒歴史となっているかもしれない。

ただスタッフはこんな意見を全て真に受ける必要はないし、ガンダムAGEのスタッフはAGEに全力を注ぐべきだと思う。先ほども書いた通り、間の取り方は上手いので見るに耐える作品にはなっているので・・・・どんな形に進むのかは興味が尽きない。良い形に終わる保証は無いが、非難されている方がよく言う、打ち切りなどはとんでもない話だ。

レベルファイブの作品は通しで遊んだことがないのですが・・・まぁ微妙な所が多いのはよく解るが・・・・それでもガンダムAGEは頑張って欲しいものだ。確かに気にはなる。

・・・というか、ガンダムマニアからも、レベルファイブ双方からも非難されかねない内容だな・・・書かない方がマシだったかも?
・・・徒然なるまま書いた雑記ですみません。
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード