コンバータNo. 57 夏色蜜汗(その他雑多記事)

今日は少々ごちゃ混ぜになってしまい、複合記事になってしまいました。
少々読みにくいかもしれませんが、ご了承ください。

・・・それでも今回はハーフプライスの商品とはいえ、新作のコンバータの公開がありますので、まずはこれから。




2014年11月にアンモライト様から発売された、夏色蜜汗を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=d36c1c5f-39fd-49fd-a55c-90c5d9315f46&viewtype=detail


動作状況

・全ルートでクリアを確認。
・エクストラモードは、全て実装。
 (一部の機能は、オリジナルのものとは異なります。)

変換方法

1.コンバータ全ファイル、、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)をゲームをインストールしたディレクトリ(展開したdataフォルダの一つ上の階層)に置きます。。


画像変換

2.1_画像変換_NatsuMikan.batを起動、無事終了すれば画像変換処理は完了です。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合1_画像変換_NatsuMikan.batの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

@set size1=800
@set size2=360
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=720
@set size4=270
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=360 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=600



サウンド変換

3.2_サウンド変換_NatsuMikan.batを起動して、全てのBGM、音声ファイルの音質変換を行います。


シナリオ変換

4.NatsuMikan_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。


アーカイブ作成

5.arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

6.arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。





夏色蜜汗とは?
nm_1.png

タイトル画面からして18禁要素があるので、テ○フォーマーズよろしく黒丸修正を・・・
あのアニメ、結構好きだったのに(主題歌は熱かった・・)、あの修正問題だけで・・あそこまで評価を落としたのでしょうか?
最近のアニメやゲームは、風評被害がキツすぎるぜ、まったく・・・・・
あ、そうそう・・・ゲームの話に戻ります。

2014年11月にアンモライトから発売された作品です。

アンモライトはハーフプライスの商品の専用ブランド(今のところは)で、これまでに7~8本のソフトを発売しているようです。
夏色蜜汗は恐らくは同社の最新作です。
アンモライト初のロリキャラ1人を攻略するシンプルな作品です。

原画担当の一河のあ氏の美麗な(というか、エロい)CGが最大のセールスポイントです。

言い訳がましいですが、個人的にはロリキャラを攻略するゲームは基本買いません。
ただ・・・この作品は、

nm_2.png
絵がめっちゃ上手くね?

単純に絵が上手い(デッサン力が高い)という方なら、他にも大勢いると思います。
ただ・・・何というか、人目を引くというか・・・とにかくエロいです。
フルプライスの作品のキャラの作品にも決して劣らぬ魅力があります・・・これから売れるかどうかは解りませんが、ちょっと才能を感じました。
絵を見て即座に欲しくなり、あっという間に購入に至った商品です。

プレミアが付く価格ではないですが流通価格はハーフプライスにしては結構高めで、現状ではDMMのダウンロードが知る限りでは最も安価です。

http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_074382/

この方はロリキャラのみでなく、普通の萌えキャラや熟女まで様々なキャラを描いているようですが・・・
アンモライトは複数の絵師を抱えているようですが、この方が担当した作品が最も好評のようです。
(ソースはAmazon.comでの同社ソフトの人気順)

恐らくはそれ程売れている訳ではこの作品に魅力を感じる方は他にもいるようで・・・攻略キャラのかりんちゃんは、既に抱き枕カバーも発売されています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E2%98%85%E5%A4%8F%E8%89%B2%E8%9C%9C%E6%B1%97-%E3%81%88%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%81%AA%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%82%8B%E5%8C%82%E3%81%84%E2%98%85%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA150cmx50cm-%E6%8A%B1%E3%81%8D%E6%9E%95%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%BF-%E7%B4%A0%E6%9D%90%E4%B8%89%E3%81%A4%E9%81%B8%E6%8A%9E%E5%8F%AF-%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00SMBGJIG/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1422184906&sr=8-4&keywords=%E5%A4%8F%E8%89%B2%E8%9C%9C%E6%B1%97

知名度、実績が少なめの会社から発売された作品で・・しかも発売されてから2ヶ月の作品としては異様の扱いです。
(少なくとも、個人的にはそう思う。)
さすがに枕カバーまで買う気は起こりませんが気になる方は買っていただければ、と思います。

一応キャラ紹介を・・・


猫堂 かりん
nm_4.png
主人公が突然、眠った状態で出合った少女。
目を開けた途端、教師でもない主人公を先生と呼んで聞かず、そのまま同棲レベルの生活になってしまう。
とにかく積極的に主人公に接してくるが・・・・


ONSへの移植は、使い慣れた吉里吉里であることもあって比較的スムーズに行えました。
(ただし流用部分は少なく実質、新規作成)。
最近の作品らしく、変換はExt・・・では展開は当然無理です。
この辺りは、各自で頑張ってください。

基本的はこちらの移植はフルプライスの作品ですし、ロリキャラ攻略の作品は精神的に何か堪えるものがあるので当分の間はこの手の作品の移植はしないとは思いますが・・・気が向いたら、よろしくお願いします。







さて・・・次は全開公開のイノセントバレット
まだおまけモードは未実装なのですが、修正版をアップしました。
URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=320c4502-40e5-4dc6-983a-573cffff44e1&viewtype=detail

修正点は、

・一部のPCで変換した場合、効果音が鳴りっぱなしの状態になる点を修正。

予備のPCでバックアップを兼ねて変換したら・・・何故かほぼ全ての効果音が鳴りっぱなしで・・・この作品は銃撃の効果音が多いので、うるさすぎてゲームにならないので・・・この点だけを修正。
今のところ、この点について報告は無いですが・・・・再アップさせていただきました。

それにしてもこの作品、あまり変換をする方がいませんね・・・
記事ではいろいろ書きましたが、もっと評価の声があっても良い作品では?、と率直に思って移植をしていたのですが・・・
結果としては何かと損をしているの印象がありますが、良ければチャレンジしてみてください。







あと最後に・・・全く余談になりますが、アニメの話です。

引っ越してから1年近くになりますがさすがに東京ほどの娯楽は無いので、コンバータ以外では一人でアニメ鑑賞が最大の娯楽になっています。

ちなみに去年最も評価したのは、Selecter Infected(Spread) WIXOSS。
原則「負けたら死ぬ」の仮面ライダー龍騎よりも遥かに極悪ルールのカードバトルでした。
心理描写がとにかく秀逸でした。

今まで記事に挙げたいと思ったことは何度もあったのですが、結局放送終了まで触れることは無かったです。
劇場版希望ナンバー1の作品ですが、さすがに無理でしょうね・・・・
ただ、WIXOSSのカード事業が当初の予定の5倍以上の売り上げになったことだけが、こちらとしては嬉しかったですね。
(自分自身は、カードゲームは全くやりませんが・・・・・)

この作品にはとにかくハマッたので、しばらくはアニメで驚くことは無さそう・・・と思っていたのですが、いきなりその予想が外れました。その作品は・・・・・

艦これ。

・・・あの3話は凄かったですね(話自体よりも周囲の反応が)。
3話だけで、最近一部のオタクで話題になった「結城友奈は勇者である」の最終回を遥かに上回るコメントの多さ・・・・ビックリでした。
(「結城友奈は勇者である」のあの展開にはかなりの意見があったようですが・・・あんなの仮面ライダーカブトの最終回の出来の悪さに比べれば、遥かにマシだと思うのですが・・・(両方見た方なら、共通点は分かるはず)。)

・・・話を艦これに戻しますね。
騒動の的になっているのは、艦娘の駆逐艦「如月」がいきなり轟沈(死亡)したことですが・・・

個人的には、高く評価しています。

何をもってこういうのかというと、見ているときのテンションの高さ。
3話は批判されている通り、前半は死亡フラグのばら撒きまくりで不安感で爆発・・「これで生きていたら、それはそれで凄いな」というレベルで、中盤は危機感の中、辛くも主人公の機転でホッとしたように見せかけて、終盤であっさり殺す・・・・

確かに批判する方の気持ちは分かります。如月のファンなら特に・・・
ただ・・・個人的には「艦これ3話」ほど見ていて気分の上下がこれほど激しかった作品はしばらくの間、見ていません。
ヤマも無ければオチも無い日常系のアニメなどと比べたら、ここまでこみ上げてきた演出を用意できた点だけは、評価したいところです。
ただ・・・深夜アニメでこんな展開をされたら、見た後寝れなくなりそうなのがちょっと・・・・
いっそのこと放送順は逆ですが、「ガンダムビルドファイターズトライ」を艦これの後で視聴すれば口直しには丁度良さそうな・・・

・・・・で、ここからが本題。

如月の死亡の展開で、良くも悪くもこの作品の先の展開が全く読めなくなりました。
こうなってくると、実はあまり想像したくない疑問について、一つの結論ができてしまいます。
それは・・・

なんでアニメ版の主人公は吹雪なの?

・・・吹雪は元々、それ程人気があるわけではないのに一体どうして・・・・?
今までこの点が良く解らなかったのですが、3話を見て一つの仮定が生まれます。
それは・・・

早めに死んでもらうには都合が良い。

如月が史実をなぞってW島で死亡するなら、しばらく後で開戦となるミッドウェーで赤城、加賀辺りも既に死亡フラグが立ったことになりますが、史実では1942年7月のことです。
ここで主人公3人の沈没時期ですが・・・

睦月 1942年8月
吹雪 1942年10月
夕立 1942年12月


・・・・3人とも早々と死ぬじゃんよ!
もしこのまま史実をなぞるなら、アニメの最終話はミッドウェーで、憧れの赤城たちだけでなくその最終回でメインの3人は共に死亡して、仲間たちに希望を託しつつ「第1部 完」という形を迎えるのでは?
・・・これで第2部の主人公を大和あたりに切り替えたとしたら、第1部を遥かに超える鬱展開・・・後世まで伝えられる鬱アニメになりそうですね。

・・・いや自分で書いておいて何ですが、さすがにこうはならないと思います。
(というかこんな事実際にやったら、スタッフの身が危険。赤城の弓の持ち方程度で「殺害予告」が出てくるわけだし・・・)
鬱アニメになるのは別に構いませんが、こういった推測が出来てしまうのはさすがに・・・・

元々、艦これのアニメそのものは批判票など無視して高めに評価しています。
(艦これに限らず、最近のアンチの風評被害は酷すぎるので、そのアンチテーゼ的な意味もあります。)
・・・しかしこんな想像をしてしまった以上、艦これには目が離せなくなってしまった。
アホみたいな自業自得ですが・・・・この作品は、無事な形で折りたためるのでしょうか?

・・・まぁ、あまりにも炎上が続くようなら、お詫びとして・・・・・

愛宕先輩のお守りを公式で販売するのはどうだろうか!(2話吹雪口調で)

・・これはこれで、ネタアイテムとして語られそうだし・・・・・・

え、中身は?
・・・・・・お守りなんて中身を見たらご利益を失うわけだから、誰も見ないので問題ないですよHaHaHa・・・・・






アニメを見ていない方には、さっぱり意味不明でごめんなさい。
・・・・それでは。



スポンサーサイト

コンバータNo.56 イノセントバレット

・・・・さて先週末に公開すると称して、早くも一週間。
新年早々、約束を破って大変申し訳ないです。

ただ遅れた理由ですが制作が遅れたのではなく、むしろ早まったのが原因。
当初は1キャラのみクリア可能の状態で仮公開の予定でしたが、「もう少し頑張れば全員クリアできるかも?」・・・と欲が出てしまい、公開が遅れました。

さすがにおまけモードまで搭載は間に合わなかったので仮公開には違いないですが、全てクリア可能になった状態で公開いたします。
デバッグはざっくりやっているので不具合はあるかもしれませんが、演出等は完成状態で公開いたします。
完成時はテキストサイズが異なるのでセーブデータに互換性はありませんが、クリアや既視CG判定フラグは生きているはずなので、クリアするまで遊ぶ分には問題ないです。

それでは新作、イノセントバレットへGo~~~~~~!!




2013年8月にシネマトグラフ様から発売された、イノセントバレットを劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=1b49e19c-20ac-44b1-9cab-768a65cec331&viewtype=detail


動作状況

・全キャラでクリアを確認。
・細部でバグがある可能性あり
 (演出面については、今後も大きな変更は無いと思います。
・スペシャルモードは、現在は未実装。
 (ワードリストを除いて、次回更新時に実装予定です。)

変換方法

1:コンバータ全ファイル、MessageWindow_parts.png(コンバータ付属)、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeをゲームをインストールしたディレクトリに置きます。

※この作品は、画像、サウンド関連共々変換方法が従来の作品と若干異なります。


画像変換

3:この作品は、α値のある画像は透過ddsなので、pngに変換できるツールが必要になります。
今回は、irfanviewというフリーウェアを使用します。
以下のサイトでダウンロード、インストールしてください。
(ツールの扱いに慣れていない、あるいは英語に慣れていない方は日本語化を推奨。)

http://www.irfanview.com

4.コンバータのファイルが置いてあるフォルダに、「dds」「humans2」という名前のフォルダをそれぞれ作成します。

5.irfanviewを起動、「ファイル」→「形式/名前の一括変換」を選択します。
irfan_01.png

6.ファイルの種類をDDS、出力形式をPNG、設定で「透過色を保存」にチェックを入れた後、展開したddsフォルダを読み込みます。
irfan_02m.png
irfanviewの起動画面。
右上のファイルリストの部分を「ctrl + a」で全選択をすると、楽。

irfan_03.png
PNGの設定画面。
これがベストかどうかは解りませんが、コンバータ作成時ははこの設定で行っています。

7.保存フォルダーにdds2を指定後、ddsフォルダ内の全ファイルを選択、「実行」をクリックして全dds画像を一括変換します。

8.humanフォルダにも同様の処理を行い、human2フォルダ内にpng画像に一括変換して収めてください。

9.1_InnocentBullet_画像変換.batを起動、無事終了すれば画像変換処理は完了です。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
1_InnocentBullet_画像変換.batの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

@set size1=1280
@set size2=800
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=720
@set size4=450
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=480 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=450



今回の作品では、透過ddsを処理する必要があるのが最大の課題です。
従って、以下の条件を満たす機能を持つツールが必要になります。

1.透過ddsのα値を保持したまま、画像を変換可能なフリーウェア
2.フォルダ内の全ファイルを一括変換する機能が必須。

これらの条件を満たすツールとなると、実際にはかなり限られます。
もし透過dds対応で、他のツールをご利用になっている方はそちらを使って変換していただいても構いません。
・・・ただこの条件を満たすツールは、それ程多くはないと思いますので・・常用しているツールをお持ちの方は、まずは試してみるのが一番かも?


InnocentBullet_01.png
InnocentBullet_05.png
・・・・で、上記の処理で完了した立ち絵のグラフィックが上の画像です。。
上がAndroid、下がPSP版。
画像をクリックすれば、オリジナルのサイズの画像が閲覧可能です。

オリジナルの画像と比べて、若干ジャギが目立ちます。
莢香(中央の少女の髪の周辺は、特に顕著です。
(慣れてくれば、それ程気にならなくなるとは思いますが・・・)

・・・ただ正直な話こちらもコンバータを作って、普通に動かせるようにするのが精一杯です。
画質の追求をしたい方は、各自で研究していただければ・・・と思います。
もしより改善できる方法を見つけた方は、報告いただけると嬉しいのですが・・・・



ムービー変換

10:2_InnocentBullet_ムービー変換.batを起動して、ムービーを変換します。


サウンド変換

11:3_InnocentBullet_サウンド変換.batを起動して、全てのBGM、音声ファイルの音質変換を行います。
12.seフォルダは変換せず(wav形式のまま)、そのままarcフォルダ内に入れます。※周波数の問題で、多くのファイルがSoundUtilityの処理を受け付けないためです。


シナリオ変換

13.InnocentBullet_1.plを起動、1kari0.txtを作成します。
14.1kari1make_InnocentBullet.txtをimageutility059d.exeにドラッグし、1kari1.txtを作成します。
15.InnocentBullet_2~4.plを順に起動し、1.txtを作成します。
※InnocentBullet_4.plは終了するまでに時間が掛かります。(Core-i7 287(2.93GHz)で約10分)
気長にお待ちください。


アーカイブ作成

16.arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

17.arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。


・・・・以上です。よろしくお願いします。



イノセントバレットとは?
InnocentBullet_00.png
2013年8月に新規のメーカーである、シネマトグラフから発売された処女作です。
発売された同年の2013年の東京を舞台としていますが、ツングーシウムという新種の鉱物源がエネルギー問題に革命的な変化をもたらした世界のため、現代の日本とは明らかに異なる世界での物語です。

主人公とヒロイン達は特甲種と呼ばれ、それぞれ特殊能力を持ち(既存のヒーローで例えるならX○ンのミュータントに近い)
、YGCO(特甲種のみで構成された社会奉仕を目的とした部隊)に所属しております。
彼らYGCOは、警視庁警備部第四機動隊特務即応群(通称、即鬼隊:戦闘訓練を積んできた通常の人間との混成部隊)と共に指定三号という未知の生命体?から市民の命と安全を守るために戦います。
この作品は市民や平和を守っていく中で、主人公の成長を描く物語になっています(一応は)。

最大のウリと思われるのはイノセントバレット(無垢なる銃弾)のタイトル通り、銃器に対するこだわりですね。
実在の銃を使う上に、効果音も銃撃のファイルが異様に多かったり・・・さらにテキストも、銃器を実際に使うものの視点で描かれているため、銃に愛着がある方ならそれだけでゲームの評価がワンランク上がると思います。

さらにゲーム中の銃は、全て3Dグラフィックでモデリングされて細部までしっかり書き込まれています。
・・・正直PSPレベルまで縮小させてしまうと、画像が潰れてしまうので・・・ゲームのパッケージでも同じ絵が使われているのでよければ手にとって確認してみてください。



InnocentBullet_12.png
これが、人類の脅威となる指定三号。
人間を見ると無条件で殺戮に及ぶ上に、人間よりも遥かに攻撃、防御に長けていてまさに驚異です。

まぁ・・・そんなことはどうでも良いのですが、彼らは本当に・・・

いい身体してますね!

以前、アメコミで人間の命を平然ともて遊ぶ悪魔がいて性格は度し難かったのですが、身体だけは鍛えていて・・
「真の男に脂肪なんかねぇんだよ!」
と言われたときは、なんかグッときてしまいましたね。
彼ら指定三号が、見えないところでダンベル持ち上げたり、腹筋を鍛えてているのか・・・と思うと胸が熱くなります。
・・・そういえば魂斗○というゲームのエイリアン達も、走るフォームの美しさに思わず見惚れてしまいました・・・
彼らは人類を襲う傍ら、より美しく、より強く鍛えているかと思うと・・・人類の将来が心配になります。

こうなれば、人類も負けずに身体を鍛えるしかないですね!
エイリアンも機械生命体も、いつか筋肉で撃退できるようになる日が来ることを願ってやみません。


・・・それでは、キャラクター紹介です。
結構人気でそうな女の子もいます、誰かは自分で確かめてね!



神崎 莢香(かんざき・さやか)
InnocentBullet_13.png
主人公達YGCOのリーダーを勤める少女。
帰国子女だが、アメリカで・・・精鋭部隊デルタフォースの訓練を受けた経験があり、生身での戦闘能力も即鬼隊のメンバーにも勝るとも劣らない。
その上で、特甲種としての能力である高速移動能力(100メートル2秒くらい?)を持つため、戦場における速攻性に於いては彼女に勝るものはおらず・・・作戦次第では彼女以外は援護に回るだけということもあるくらいで、まさに戦場を「支配」できる能力をともいえる。
このため、全作戦の実行部隊の中でも副隊長クラスという位置づけのようだ。

これ程の活躍を見せる莢香に対して、即鬼隊のメンバーの反応は・・・実はあまり良くない。
彼女が人付き合いが苦手というのもあるのだが・・・即鬼隊のメンバーは、警察の中でも最も厳しい訓練を積んできた命知らずの精鋭達であり、そういった連中が実際にやるのが女の子のサポートでは・・さすがに堪ったものではないのだろう。

・・・・ただ、典型的な男社会でとびきり優秀な女性が入れば・・・やたらと持ち上げられるか、爪弾きにされるかのどちらかのような気がするので・・・そういう意味では、彼女の冷遇ぶりは彼女の優秀さを表しているとも言える。
だがそんなことは微塵も気にせず、彼女は強い意志を持って戦い続ける。
因縁深い指定三号をこの世から根絶やしにする、その日まで・・・・・

InnocentBullet_14.png
ゲームの評価を調べてみると、実は一番彼女が不人気のようだ。
確かに、彼女は第一印象は厳しい印象もあり、取っ付きづらいキャラではある。

・・・でも他のキャラと異なり彼女は同僚でもあるが、主人公とは上司と部下に近い関係でもある。
つまり厳しくあたるのは当たり前だし、態度は冷たいものがあるものの、彼女は主人公がどのような立場であっても軽視もしていなければ軽く扱ってもいない。
元々が不器用な少女であることを考えれば、態度はどうあれ常に人として落ち着いた視点で
見てくれているし、危険があれば守ろうとも擁護もしている・・・どう見ても冷たい人間ではない。
例えば社会に出た経験がある方なら、このように部下を扱ってくれる人はそうはいない、ということは解りそうなものだが・・・
そんなこんなで考えれば、「彼女は余裕で「いい女」の範囲に入るな」というのが感想で・・・突っ込みどころが無いとは言わないが、そこまで不満を感じはしなかったのですが・・・・
批判的な方は女に夢でも見すぎているのかな、とも思えるのですが・・・(まぁエロゲーだから、別に夢を見ても悪くは無いのですが)。

InnocentBullet_19.png
挙げ句の果てには、同僚の愛にもこんなことを言われる始末。
低予算ツンデレ・・・愛でなければ刺されそうな台詞だが・・・・ここは愛のボケのセンスが凄いというより、これで怒り狂わない莢香の度量が大きいことにしておこうか・・・・
常に厳しい訓練に耐えに耐え、修羅のごとく戦い、それでも消えぬ思いを燃やし続けて・・・なのに言われる低予算!!

常に死線と隣り合わせの世界で、低予算ツンデレが迎える結末は・・・是非ゲームでご覧くださいませ。




夜曹寺 愛(やそうじ・あい)
InnocentBullet_15.png
いわゆる電波系のヒロイン。
表情も乏しい彼女だが、それ以上に彼女の言うことは常に空気を読んでいない。
・・・恐らくYGCOでも即鬼隊でも彼女の真意を分かるものはいない。

ただし感情の起伏が乏しいのとは裏腹に感情のぶれが無い分、銃器も「精密機械」と称されるほど的確に扱うため、戦闘単位としては優秀。
これでさらに特甲種としての能力として怪力と治癒能力を有するため、近接戦闘に於いては圧倒的とも言える強さを発揮する。
このため、何らかの形で銃器の使用が制限されたりする戦況では彼女の独壇場である。
既存のヒーローに例えるなら、X○ンのウルヴァ○ンに近い。
能力はともかく見た目ではこれでもか、というくらいに異なるが・・・
このため少なくとも戦力としては高く評されているようだが・・・・

InnocentBullet_17.png
常に空気を読んでいない爆弾発言の連続だが・・・・なんというか、あまりにも的確に読んでいないせいか、一周回ってある意味見事で、拍手したくなるほど。
誰も語ってはいないが愛のボケボケトークこそが、この作品の真のセールスポイントという気もする。

・・・・まぁやれば解ると思いますが、一番何かとびっくりさせらます。
小柄な体格とそれに反する重武装・・・最も見た目でもこのゲームらしく振舞っているようにも見えますが、さて?




宮簀 早苗(みやす・さなえ)
InnocentBullet_20.png
最も長身ではあるが、実は一番年下の妹風のキャラ。
実は病弱であり、前線に立つことは向かないため後方支援に専念している。

能力は「風」というより「空気の流れ」を視覚として捉えること。
この能力を利用した正確無比な狙撃と、空気の変化から感じとれる迫り来る危険をいち早く仲間に伝えることが主な任務になる。
元々指定三号と通常の人間では戦闘能力に於いては大きく差があるためか、彼女の狙撃こそが最も重要となる戦況も少なくない。

InnocentBullet_18.png
生真面目だが癒し系の性格と、常に眼帯着用という中二病こじらせた方が好みそうな設定も相まってか中々の人気があるようで・・・(とか言いつつも、実は自分も最初に攻略したのは彼女で、コンバータ本体も早苗ルートを軸に制作されていたりする。)

え、肝心の眼帯の中身は?
・・・それはゲームをやってお確かめください。

・・・こんな感じで、人気がありそうな早苗ちゃんだが、

最も油断がならないのも彼女

・・・という気もする。

いや、おとなしそうで実は・・・というオチがあるわけではないのですが・・・
彼女をモノにしたいなら、男としては余程の器量が無いと、将来尻に敷かれそうな・・・・
何となくそう思うだけなんだけどさ、あくまで何となくだけど・・・




InnocentBullet_02.png
ONSの移植においてはとにかくファイルの構成が従来の作品と異なるので、いかに形にするかが当初・・というか最大の課題でした。
ただ一旦ある程度まで進むと、思いの他移植作業が捗りなんとかひと月程度で仕上がりました。
なんだかんだ言って気に入った作品だったので、作業していて熱が入ったというのも大きいですね。
総じて楽しく作業させていただきました。

最近の作品としては珍しく、拡大処理を多用しています。
この主人公の銃撃の絵では1.5倍に拡大していますが・・・ONSはもともと苦手な上に、解像度の低いPSPでは特に粗が目立ってしまいます。



InnocentBullet_21.png
前回の記事では男性ばかりのスクリーンショットを掲載しましたが、実際この作品は漢気あふれるキャラや絵も多いです。
ここも注目していただきたいところですね。
何気に、というか本当に声優も豪華なのも見逃せません。





新規のメーカーで、しかも通常の作品よりも手間の掛かるバトルもの。
・・しかも声優面もなかなか豪華で・・・某聖杯戦争の言峰さんやら、福島の真実を放って頑張る山岡さんことジェリドさんやら・・・普通にTVアニメで主役級を担当している声優さんもちらほら・・・
メインヒロインの神崎 莢香もエロゲーでは大常連の一色ヒカル・・・経歴に見合った、脂の乗った良い演技です。

銃器も3Dモデリングで緻密かつ正確に描かれて、そのモデリングに負けないほどの画力のあるスタッフ・・・
キャラデザもそのままでアニメ化できるレベル・・・・と、つかみとなる要素が満載と随所に気概が伺えます。


ただ・・・・例えばAmazon.comとかの評価を見ると、思いの他低め。
しかも、これらの評価はネガキャンや悪意のものではなく、多くのものは割りと納得のいくものが多いです。
(ただし、やたら延々と批判的に書いたコメントには同意いたしかねます。そこまで酷くはないですし、この作品でそこまで苦痛を感じるようなら、多分エロゲーは向いていないからやらない方がいいと思いますし。)


批判される部分は、ほぼ全てがシナリオに集中しているのも特徴です。
個人的な印象でいうなら、このシナリオの特徴は・・・・

文章が硬い、あるいは文章が若い。

全体的に描写が尖り過ぎです。

具体的に言うと、こちらの序盤の印象は「即鬼隊・・この組織は本当に大丈夫か?」・・でした。
あまりにも・・・隊員同士の連携が取れていない。

こういった特殊部隊で何よりも重要なのは組織の連携です。
いくら個人や装備が優秀であっても、一人では隙もできれば限界もある。
そういった弱点を連携で補い、あらゆる戦局でも迅速かつ柔軟に対処を可能とする・・これがチームプレイの意義です。

・・・が、個人が無駄に主張が激しすぎて・・・効率良く部隊を運営している様子があまりにも薄い。
確かに当初の主人公がアレだったので、その辺も合わさって不協和音が強調されているのかもしれません。
ただここまで来ると主人公のせいだけではなく、部隊として致命的な何かがあると感じざるを得ない。
勿論、実際には機能しているのだから、連携等の描写は省略しているのでお察しください、と言いたいのかもしれませんが・・・ここまで尖っている描写だと、省略ではなく連携そのものが欠けているという印象しかない・・こんな感じでした。

こういったやたら硬かったり、尖った部分を強調する描写に耐えられるのはやはり若い方(あるいは精神的に若い)の特徴に思われたため、文章が若いと評した訳ですが・・・勢いがある反面、その勢いを殺してしまうような尖り方も随所にあるので素直に物語に入り込めない・・・こういった印象は否めません。

物語の悪印象はある程度進むと緩和されていきますが、最後までどこか腑に落ちない印象は続きます。
例えば一連の事件には首謀者がいるのですが・・・その人の結末はあまりにも不自然です。
まずその結末に至るまでの詳細が描かれていない・・・この地点でアレなのですが、個人で推測するにも・・・どのような角度から考えてもあのような結末を迎えるのは不自然です。
あのような形で収まることはありませんし、仮に収まったとしても多くの当事者は納得せず更なる追求をすることでしょう。


・・・さすがに欠点が多すぎて、これで名作視するのは無理があります。
ただし、この作品は擁護できる部分も多いのも特徴です。

良い点としては個々の描写は丁寧であり、特に銃撃の部分は実際に使用するものの視点に立っているところが多く、銃に強い関心がある方ならここで1段階評価が上がると思います。
さらにヒロインは3人と絞っている分、キャラの個性は十分に立っていて画力も高く(この作品では絵に批判的な意見が殆ど無い(ただし突っ込みどころはある))、総じてギャルゲー、エロゲーとしては水準以上の出来になっています。
このため悪い評価を下す方の視点に立ったとしても、成人向けの作品として最低限の満足がいくため、どう転んでも楽しめるところが無いということにはなりません。


結果としては、良いところも悪いところも目立つ賛否両論作と評価すべき作品だと思います。
個人的には戦闘シーンも、結構ぐっと来るところもあったと思いますし・・・

少なくとも通常の学園ラブコメに仕上げていたのなら、十分に名作視されているだけの労力を払っています。
欠点も「個々の描写は良いものはあるが、全体としてはちぐはぐ」と、素質ではなく経験で構成力を磨いていればもっと良いものは書けた・・・と思っています。
ただいかんせん、こういった群像劇を書くには経験不足だった・・・この点が惜しい作品です。
あまり期待しすぎなければ、そこそこ楽しめる作品・・・こう思って購入すれば、損はしないでしょう。


昨今ではアニメ的なメディアはラノベあるいはソーシャル関連が主役であり、エロゲーが発信源となる機会は減ったと思います。
ただ、新進気鋭の新しい才能を発掘する楽しみは、エロゲーにおいても今も健在だと思います。
この作品はこういった気持ちを思い出させてくれた、という点では十分にプレイする価値はあったと思います。

もしスタッフに言いたいことがあるとしたら、「次回作はまだ?」です。
この作品の欠点の多くは経験で補える気がするので、次の作品で成長を見たいのですが・・・今のところ情報が無いですね・・・
HPは継続して存在しているので、活動の意思はあると思いますが・・次の作品ができるようなら、これからも注目していきたいと思いますが・・・・


頼むから頑張ってください!!


本当に、それだけを願うばかりです。




さて・・・今回はこれまで。
次回作は・・・・・・・





あけましておめでとうございます!




皆様、あけましておめでとうございます。HARUです。



不定期な記事掲載ばかりで申し訳ないです。
2015年もはやくも3日目・・・8月末の周年と新年の挨拶くらいはまともにしたかったのですが・・・

ただ・・・・挨拶だけならともかく、それなりの成果も報告するとなれば相応の努力と結果も必要となり・・・何とか正月3々日に一応間に合う形で挨拶をさせて頂きます。
私も、皆様も・・・お互いに頑張りましょう!



さて今回は・・・最近のアダルトゲームの開発環境について少し書こうと思います。

最近は移植に取り組む方が減ったためか、エロゲーのプログラムやファイル構成について述べることが殆ど無くなりました。
ただ・・・そうは言っても、エロゲーというものは形はどうあれ絶対に無くならないというのはゲーム業界に於いてはほぼ共通認識になっていると思います。
そして、以前ほど取り上げられたり話題にはならなくなってはいるものの、常に開発環境も変化しているのもまた事実。
たまには、こういった話題に触れてみるのも良いかと思います。

(とはいうものの、この頃MajiroやVisual Art's系などは殆ど触れていないのでかなり偏っています。この辺りはあくまで個人ブログゆえの調査量の限界と思っていただければ、と思います。



基本的にエロゲーは、スクリプトエンジンという他社が開発したプログラムに沿って作られるのが普通です。
light社のMalie Systemのように、自社及び系列会社での使用に特化した会社もありますが、多くの会社は他の会社が開発しているのを使用料を払って製作される場合が多いです。
こうすることで体力、資本力が乏しいゲーム会社でも限られた人員、期間、資金で有効に開発できるようになります。

最近の記事では、相互リンク先のtales fan様の記事とかが解りやすくまとめています。
特に初心者の方には参考になると思います。
ttp://savaiv.blog81.fc2.com/blog-entry-551.html


ただ、こちらのブログで掲載した各種コンバーターをほぼノーヒントで変換できる能力を持つ上級者の方は、これらの点については恐らくはこの記事の内容はほぼ既知の知識と思われます。
そういった方はより掘り下げた内容の記事を欲する方もいると思います。
今回の記事は、そんな方に向けた内容の話です。




最近のアダルトゲームの中でも、コンバータの開発に手間取りそうな印象があるのは以下の3つ。

・BGI
・椎名里緒
・吉里吉里

この3つは、特に更新が早く常に最新のリソースを追うことが求められる印象があります。



BGIとは、Buriko General Interpreterの略でEthornellという別名もある。
General Interpreterと名前が付いている通りノベルゲームのみならず、シューティングやロールプレイングゲーム等も開発することを目的としたプログラムであり、さまざまな発展を期待されていた方もいるかもしれません。

ただ様々なジャンルのゲームを表現するにはバグがあったり、描画速度等に問題を抱えていたという説もあり、結果としてはノベルタイプのゲームの発売のみに至っています。

ただその反面、ノベルゲームに対する商業的な需要には真摯な対応を続けています。
更新速度は現在を持ってもかなり早く、解析や展開をなさる方にはなかなかのハードルの高さを誇ります。



椎名里緒は数あるスクリプトエンジンの中でも非常に複雑な暗号化処理を施してあると言われ、一時は解析は不可能という噂も流れました。
2chでは、元はインターネット関連で天才と言われたプログラマーが開発したという説も流布されていましたが・・・・真偽は不明ですが、十分な説得力を感じてしまうほどの技量の持ち主であることは間違いないでしょう。

・・・ただあの国のハッカークラスの技術者はそれを乗り越えてしまったようで、現在では多くのゲームが解析されているようです。
・・・ですが更新速度も非常に速く、イタチゴッコの域になってしまっているものの・・・これらの解析合戦についていくのは、とても容易とは言えないでしょう。
現状では、特定のメーカーがこちらを常用しています。
昔はもっと多かった印象がありますが、いくつかのメーカーがゲーム事業から手を引いた分だけ少なめになっている印象はあるものの、技術力は依然として高く、これからも需要はあると思われます。



吉里吉里は追加ドライバーによる拡張性が非常に高く、同人ソフトから高度な商業用需要に至るまで圧倒的な間口の高さを誇ります。
同人ソフトは無料で使用可、商業使用時は有料ですが、とにかく元が同一のスクリプトとは思えないほどの豊富なバリエーションを持っています。

異様ともいえる拡張性の高さから、完全に互換性のある移植プログラムは不可能と言い切って良いでしょう。
特にコンバーターの移植の肝となる、テキストファイルの隠密性はすさまじいものがあります。

あの会社の作品では実行ファイルの中にシナリオデータを埋め込んだり・・・あの作品ではSQLite上でのみ閲覧、編集が可能なように処理されていたり、さらにあの会社ではSQLite上でのさらに複雑な.scnファイルに収められていたり、あの会社の最新作ではこれらには当てはまらない別種の暗号化が施されていたり・・・バリエーションの豊富さは驚異としか言いようがないです。

.scnファイルは・・恐らくは単純な暗号化とは言えない内容でしょうし、展開したところで従来のスクリプト形式ではなく大半はバイナリ形式、さらには複雑な立ち絵の合成処理・・・・
自分なら、成功報酬100万と言われても躊躇ってしまうでしょうね・・・恐らくは製作に伴う労力の苦痛は、100万では割に合わなさそうですし・・・それ以前に、コンバーターは商売にはしようが無いのだけれど・・・・




他のスクリプトももっと手強いものも多数ありますがこの3つは更新速度が非常に速く、とても積極的に活動されている印象があります。
当然移植するなら高い障害になるのですが、こういった積極的な活動があるからこそ、アダルトゲーム業界は支えられているのも事実です。

特に吉里吉里は印象的です。
どのような方が作られているかは存じませんが・・・ここまでくると単純なビジネスではなく、楽しみを持って製作されている印象があります。
まさに好きなるものは上手あれ、といったところでしょうか?

何というか・・・こういった姿勢は何か憧れてしまうのがあり、これからも頑張っていただければ、特にエールを送りたくなってしまいますね。
個人的には最も敬意を抱いています。





さてスクリプトエンジンも数多くあるのだから、最近では他ではあまり見ないファイル形式を採用しているものとかもありますね・・・

例をいくつか紹介すると、画像などは従来のjpg、png、bmpではなくddsを採用していたりするものがあります。


dds(DirectDraw Surface)はマイクロソフトのマルチメディア用のAPI、DirectXの2D表現に特化したDirectDraw用のファイル形式です。DirectDraw自体は他のAPIに吸収されて現在のDirectXには存在しないものの、元はPS系やXBOX系のテクスチャなどで使用されていたらしいですが・・・アダルトゲームでこちらを採用されているかは、謎。


xx_11.png
次回製作予定の「xxxxxxxx xxxxxx」の一部で採用されているdds。
変換には従来と異なるツールが必要。

実は効果音も特殊で殆どが周波数の問題で、SoundUtilityの変換を受け付けない。
銃撃のファイルが異様に多い作品なので、こちらの再現にこだわったから・・・なのかな?
移植は可能なものの、いろいろと謎が多い作品です。




あと音声ファイルもopus形式を採用している作品とかも見かけます。

従来のゲームではogg形式を採用している作品が多いのですが・・・
ogg形式は、圧縮率が高さとそれに反する音質の良さ、そして使用するたびに特許料が発生するmp3形式とことなり完全無料なため、多くのゲーム会社から受け入れられてきました。

ただその反面、再生時の復号処理が複雑であるために低スペックの機体で使用するには負担になることと、それに伴うタイムラグが発生するという欠点も持っていたわけですが・・・opus形式はさらなる圧縮率と負担を軽減した再生方式です。


Opus_quality_comparison_colorblind_compatible_svg.png
Opus_bitrate+latency_comparison_svg.png

opus形式と従来の再生方式との圧縮効率や発生するタイムラグを比較した画像。
ソースは例によって、ウィキペディアからの転載。

現状では携帯機も高性能化が進み、ogg形式の処理も容易に受け入れられるようになったものの・・・より多様化する重要に応えるためにも、こういった形式を導入する試みも十分に意味があると思われます。



・・・とまぁこんな感じで、今をもっても新しい技術を採用する試みがあるわけです。
こういった弛まぬ挑戦が続くからこそ、新しい可能性も生まれるわけで・・・これからもさらなる発展を期待したいところです。




最後に、次回移植予定の作品の開発中の画面をいくつか載せたいと思います。


xx08.png
xx_04.png
xx_09.png



・・・ご覧の通り、次回はバトルものですね。
変換にはdds形式に対応させるため、新しいソフトの導入が必要ですが・・そちらは紹介いたしますので、積極的に変換をされる方がいると嬉しいです。

ちなみにこの作品は体験版が存在しないので、製品版のみになります。

例によって、いきなり1本の作品を仕上げるのは正直しんどいので最初は木洩れ陽のノスタルジーカと同様に、1キャラのみクリア可能な状態でベータ版を公開、1月中に完成させることを目指しています。





・・・・で、そのベータ版の公開ですが・・・・・・・・

次週末までに公開予定です。

現在は、BGM再生とかで不具合が多いですね・・・画像の不具合もいくつか発生しているため、早く何とかしないと・・・・
ちなみに、普通のギャルゲー、エロゲーです。
女の子を載せると作品がばれてしまうので、今回はクリーチャー、男性キャラのみです。

あと数日で公開するのだから、わざわざ伏せなくとも・・・とは自分でも思うのですが、そこはご容赦ください。




それでは・・・今年も自分にとっても、この記事を読んでいる全ての方にも良い年でありますのように。


今回は、この辺で。




プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード