スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンバータNo.58 すぽコン!  SPORTSWEAR COMPLEX

2012年7月にアストロノーツ・アリアから発売された、すぽコン!を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=9b65ed0a-1d35-411a-a121-80db81e55de7

動作状況

・全キャラ攻略可能。
・おまけモードは全て実装(一部、機能が異なります)。
・テキストの一部で文字化け、あるいは表示がおかしい箇所あり。
・効果音に一部再現されていない箇所あり。
・spocon_1.plはPCの仕様によっては、変換ができない可能性あり。


変換方法

1:コンバータ全ファイル、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeを各.gxpファイルのあるディレクトリに置きます。

画像変換

2:1_画像合成_spocon.batを起動、立ち絵やシステム画像の合成、切り出しを行います。
3:2_画像変換_spocon.batを起動、画像ファイルを変換します。

ムービー変換

4:5_ムービー変換_Semiramis.batを起動して、ムービーを変換します。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
各ファイルの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

2_画像変換_spocon.bat

@set size1=1024
@set size2=800
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=768
@set size4=600
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=360 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=600



3_ムービー変換_spocon.bat

PSP        iphone、Android
scale=360:270 → scale=800:600


シナリオ変換

5:1kari1make_spocon.txtをimageutility061.exeにドラッグし、1kari1.txtを作成します。
6:spocon_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。
※spocon_2.plの変換には少々時間が掛かります。

サウンド変換

7:4_サウンド変換_spocon.batを起動して、全ての音楽、音声ファイルの音声変換を行います。


アーカイブ作成

8:arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

9:arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。


・・・・以上です。よろしくお願いします。




すぽコン!とは?
spocon_00.png
2012年7月にアストロノーツ・アリアから発売された作品です。
アストロノーツ・アリアは2012年4月からデモニオンシリーズをデビュー作として商業活動を開始した株式会社アルカディアワークスのアダルトゲーム部門であるアストロノーツのブランドの一つであり、本作すぽコン!が同ブランドのデビュー作です。

アストロノーツはアトリエかぐやに所属していた企画担当の桐生タツヒコ氏が中心となり、「霧々谷家の六姉妹」等を制作したTEAM HEARTBEATのメンバーがメインで活動しています。

処女作とはいえ経歴あるスタッフが作っているだけあって、作り慣れている感が随所に伺えます。

このゲームの特徴ですが、副題に「SPORTSWEAR COMPLEX~ユニフォームを着た女の子に誘惑されまくるADV~」と書いてあるようにヒロイン全員が運動部所属で・・・着衣エロシーン率が実に95%以上という、ある種のフェチズムを感じさせる成人向け要素を強く感じさせる作品です。
(ぶっちゃけ分類するなら、「スポーツ少女好き向けの抜きゲー」です。)

ゲームの評価も大体平均的と見る意見も多く・・・「どこにでもよくあるゲームなんだな」、と考えてプレイするには・・・

意外と個性が強い作品です。

・・・この点を考慮に入れないと、購入しても失敗する可能性があります。
この点は後で述べるとして、まずはキャラクター紹介です。


篠原 香津美
spocon_01.png
「体育会系」・・・この言葉に付くイメージといえば、「あまり深く考えず、単純かつ正直に勢いよく行動する。曲がったことは大嫌い」・・・こんな所でしょうか?
彼女はゲームのメインヒロインですが・・・ことごとく体育会系のイメージを裏切る性格をしています。

学園内でも何を考えているのか分からない変わり者と言われていて、物語の開始時では一人を除く全員のヒロインから嫌われていて、尚且つそういった印象はあまり改善されずに物語は進んでいきます。(しかも全ルートでほぼ共通。)


spocon_02.png
反面、成績は常にトップクラスで容姿端麗・・・学園きっての才媛としても有名で、さらに学生会会長にして水泳部の部長。
実際頭の回転が早いうえに決断力もあり、相手が誰でも容易な反論を許さず、どのような状況でも自分の考えがそうそう揺らぐことが無い・・・・・いわば「香津美イズム」とも言えるものがあり、個人的にはヒロインというより人として羨ましいですね。

彼女がとったある行動でヒロイン全員が振り回されることになるわけだが・・・その真意とは?




寺島 円
spocon_03.png
もう一人のメインヒロインで香津美とは対極の、竹を割ったように真っ直ぐな性格の大和撫子。
成績優秀、容姿端麗、家事は万全にこなせて控えめな性格でさらに弓道では大会出場を狙えるだけの胆力をあわせ持つ・・・ある意味、チートレベルで揃いまくりの少女である。
タイトルやパケ絵ではあられもない格好をしているが、本来なら間違ってもそんなことはしないタイプである。

スポーツの名門校に転入が決まった体育教師の主人公に付き添う形で、追うようにに転校を決意する。
さすがに主人公も彼女の想いには薄々ならず気付いているようだが・・・・・残念だけど、この学校には「篠原 香津美」という規格外の存在がいることは予想もしていなかったようで・・・強力すぎるライバルの登場で、彼女のとった行動とは?


spocon_04.png
香津美と違い、優秀だが控えめである彼女は誰にでも好かれて、主人公にはどのような時でも尽くしてくれるありがたい存在。
・・・ただ大和撫子タイプのキャラにありがちな融通が聞かず嫉妬深いところもしっかりと健在。

それは付き合いの長い主人公もよく知るところであり、彼女には頭が上がらない様子ではあるが・・・




アンナ ベルモント
spocon_06.png
名前からして吸血鬼を倒せそうなご立派な名前だが体格だけならそれこそ何でも出来そうなくらい、かなりご立派なプロポーションを誇るチアリーディング部のホープ。
天真爛漫という言葉を絵に描いたような性格で、本能的に主人公を気に入ったらしく所構わずアプローチを仕掛けてくる。
どうやったらこうなるか分からないほどご立派なバストは本人の食欲で支えられているところが大きいらしいが・・・そりゃどこかで問題が出てくるよね、うんうん。スポーツ選手なんだし・・・

問題といえば、アンナルートを製作中に彼女の両親が出て来る場面で・・・こちらは見ているだけで現実にクラクラしてしまった。
少し頑張りすぎたのかもしれないが、なんとゆーか・・・随分、ご立派な両親ですね・・・・




白戸 兎
spocon_08.png
テニス部の部長にして、実力的にもテニス部で彼女の右に出るものがいない。
典型的なパワープレイヤーで、男子顔負けの強力なサーブで相手を圧倒する。
・・・・ただ学力は自信が無いようで、テストが近づくたびに四苦八苦している様子。

とある理由で主人公争奪戦に参加する彼女だが・・・本人なりに自分の魅力は理解しているものの、ライバルがあまりにも強力すぎるためか、本心は少々及び腰のようだ。
でもそれが、かえってマニアックに主人公を誘惑することになっていくのだが・・・



新庄 ゆかり
spocon_0b.png
日本人離れした立派なプロポーションと、それに負けないくらいに周囲に色気を感じさせる仕草を自然体で振りまく新体操部期待の星。
・・・ただ、それが逆にコンプレックスになりひどく内気になり、人前で演技をしようとするだけで失神してしまうため、一部の者しか彼女の演技を見たものはいないらしい。

だがその演技は彼女自信の魅力と相まって、見たものを魅了してやまないらしい。
それを聞いた主人公は何とか彼女を人前で演技できるようにしてみたいと考えるが、その方法とは・・・?





さてこのゲームは概ね普通という評価が多いようですが・・・個人的にも総合的な評価は、

普通です。

・・・なのですが、この作品は良いところも悪いところもはっきりしていて、それらを全て加味すれば「普通」に収まるのであって、プレイヤー次第で評価が分かれる作品と思われます。

このゲームの本当の特徴は・・・

抜きゲーなのに、ヒロインの自己主張が強い。

これがゲーム全体のバランスにも影響を与えています。


例えば、「SPORTSWEAR COMPLEX~ユニフォームを着た女の子に誘惑されまくる~」こんな触れ込みの成人向けDVDがあったら、どんな作品を連想しますか?
個人的にはとことんスケベな主人公がひたすら性的な関係を求めていく内容か、あるいは皆が何も考えずにハーレム的な関係を持つ話になるか・・・そのどちらかを連想します。
どちらの展開になるとしても、登場人物は人格は(始めはあっても最終的には)無いも同然という点では同じであり、ゲームでもこういう作品は多いです。
・・・ですが、この作品はそのどちらとも異なります。
そんな作品には成りようがないのです。

主人公は確かにスケベでだらしがない所はあるものの、体育教師としての信念は強く、ヒロインの成長にかける思いには余念が無く、またヒロインもその部活の中では抜群の実力があるだけあって、スポーツに対しては非常に真剣に臨み、それは崩れることはありません。
物語も壮大で感動的な展開になる訳でもなく、ご都合主義も結構キツいところはあるものの・・・それでもヒロインの魅力に花を添えるには十分な内容で・・・明るいラブコメ調の作品ではあるものの、ゲームの題名等からくるイメージとは裏腹に結構真っ直ぐな内容です。

例えば上記のヒロインにテニス部の白戸 兎という少女がいますが、上記の紹介では「頭は悪いがパワーがウリのキャラ」・・・確かにそうなのですが、本当は「頭が悪く考えるのが苦手だが、その分体力の鍛錬には余念が無くトレーニングで音を上げることが殆ど無い直情的な性格のプレイヤー。強力なサーブで圧倒したままゲームを支配するスタイルを得意として、学園の中でも強い立場であるテニス部の中でも、彼女に真っ当に立ち向かえるものがいないほどの超高校生級の実力者である。・・・が、パワーの配分を考えるような頭脳的なプレーは苦手で、相性によってはかなりの苦戦を強いられることもある。」・・・これが本当の彼女の姿です。
「何、このテニス漫画の主人公」・・・と思われるほど細かく設定がいて、細かい台詞一つとっても上記の設定に矛盾する発言は殆どありません。実際、彼女を主役にしたテニス漫画はその気になれば十分に作れそうです。
彼女のこういった性格を理解して気に入った方なら、十分に魅力的なヒロインとして映えることでしょう。
(アンナの食欲が序盤と終盤では全然違うだろ!・・とか矛盾もそれなりにありますが(笑)。)

・・・ですが、これらのヒロイン性を生かすためには「極端にヒロインを辱めるプレイ」や「何も考えずにハーレム的に関係を持つ」展開とは相反する要素であり、実際にこのゲームではそのような展開はありません。
これはテキストを飛ばしながらプレイする方や、ましてやCG、シーン閲覧100%適用パッチのようなツールを使用する方から見れば意識すらしてもらえない部分でもあり・・・・ただの抜きゲーとして考えるなら、「期待していたものとは違った」という評価を下す方もいます。

・・・ただ物語に付き合える方から見ればありがちとはいえ明るい雰囲気のラブコメで、攻略対象全員がスポーツ少女だけあって通常の作品よりも活気があり、作品全体を通してネガティブな要素が少ない良作と見ることもできます。
実際そういう評価を下している方もいますし、こちらもその部分を認めて「並評価+1」という評価にしています。
特に篠原 香津美は、これっきりにするには勿体無いほどキャラが立っているので、またどこかで見れたら・・と思っています。

spocon_10.png
・・・あと悪評価を下す方が多い理由の一つに、システム関連の不備が多い点があります。
同社のHPでも修正パッチが配布されていますが、理由は不明ですがBGMが突如ぶつ切りになったりすることに不快感を覚えるという意見があり、こちらもパッチ未適用(ゲームの内容自体に変化が無いため)でこの症状になったことがあります。
これは場合によっては曲の音質や、BGMがリピート再生に向いていないものがあるために途切れて聞こえることがあるといった製品の仕様上のものもあるのでは?と思えるものがあり、完全な解決は望めないかもしれません。
(ただし、ONS上ではやや緩和されている印象もあるので、気になる方は変換した上でのプレイを推奨。)

・・・さらには上記の画面のヒロイン選択ですね。
このゲームでは計4回選択できるのですが、4回とも同じヒロインにしないとシナリオに矛盾が生ずる箇所がある点で・・・こちらもオリジナルと同じ仕様にしているので、できるなら同一のヒロインの選択をお願いしたいところです。
最初から1回のみ選択にすれば良いだけのような気がしますが・・・1回選択のみで悪評価が下された例は個人的には聞いたことが無いですし。

こちらが「普通」と考えたのはこの点も含めています。
これらが改善されるか、あるいは気にならない方なら、さらに評価を+1にすることが出来るかもしれません。



spocon_t0.png
これらの部分を全て味わえるわけではありませんが、少しでも理解できる方がいればと思い、体験版のコンバータを用意しました。
(プログラムの性質上、あまり互換性が無いため意外と苦労しました。)
体験版ではヒロイン選択の一歩手前までプレイ可能で、さらに各ヒロインのHシーンが一つずつプレイ可能です。
通常のゲームよりも多めに楽しめますので、出来ればプレイしてみてください。




・・・さてこれからは、移植の後記です。
技術的に支援をお願いできればと思い書いている部分もありますので、腕に覚えのある方はご一読願います。

3週間ほど前に、「あと1週間で記事にする」と書いて結果としては嘘になってしまったのですが・・
開発自体は2週間前に「一部のキャラをクリア可能の中途版ではなく完成させよう」と思い、1週間前は「アストロノーツの他の作品で気になる点があるので合わせて調べよう」と思い、その両方を行って今に至っただけで・・・
結果的に遅れはしましたが報告したいことも増えたので、ご容赦ください。


それでは、まずspocon_1.plのエラーについて。
spocon_q0.png
上記に画面のようにエラーが大量発生します。
自分では駆逐しきれませんでした。

移植には関係ない部分が拾えないだけなので、エラーを無視すれば変換可能なため放置しています。
ただし、環境によっては1kari2.txt(一時ファイル)が作成できずに変換できない可能性もありえます。
このために報告次第では、すぽコン!コンバータの公開停止もあり得るかもしれません。
大勢の方が変換可能なら、そのままですが・・・体験版でも同じ症状になるので有効な報告がかのうなかたは、よろしくお願いします。


あとは、アストロノーツの他の作品の移植状況について。

上記のように不完全ではあるものの、ある程度の汎用性が認められるので体験版を介して移植状況を確認してみました。
その結果・・・・・

アストロノーツ・シリウスの
spocon_x0.png
聖エステラ学院の七人の魔女(2013年3月発売)
・・・すぽコン!とは一転してダークな雰囲気の作品ですね。


アストロノーツ・スピカの
spocon_x1.png
えれくと!(2012年6月発売)
アストロノーツ・スピカはより物語性を高めたブランドのせいか?
他の作品よりも評価が高めですね。

両作品は体験版が起動可能であることが分かりました。
(ただし起動確認のみの確認のため、あくまで立ち上げたままです。)
恐らく製品版も同様に作成可能と思われます。


・・・・ですが、一部の作品は起動不可です。

同じくアストロノーツ・スピカの
spocon_x2.png
あおぞらストライプ(2013年8月発売)
・・・こちらは起動不可ですね。
スクリプト抽出とは無関係のタイトル画面だけ作ってみました。

恐らくはアストロノーツ・アリアの
魔導書の司書(2013年6月発売)も不可と思われます。

原因はspocon_1.plが無限ループに入るため、1kari2.txtが作成不可なのが原因です。
エラーならともかく、無限ループの場合は足がかりが無い場合は原因を特定できないため、お手上げでした。

上記のエラーの件と関連があるかは分かりませんが、この件が解決できれば移植可能な公算が高くなります。


本来ならこのようが愚痴をいうのはアレなのですが、腕の立つ親切な方は報告を頂ければ助かります。
こちらも素人なんで、言うだけならいいでしょ?
・・・・もし何も報告が無い場合は遺憾ながら(本当はたいして遺憾でもないのですがこう言った方がちょっと格好良いので)放置します。


・・・あとわざわざ言うまでも無いことですが、同社のウルスラグナやデモニオンシリーズは移植不可です。
どちらもADVではないからです。
こちらが移植可能なのは、テキスト形式のゲームのみです。
一応、念のため・・・・・・

今後の予定は、こういった反応を伺ってからにするかもしれません。
必要があれば聖エステラ学院の七人の魔女やえれくと!の体験版作りを本格的に制作することも考えますし、上記の記事で書かれた点で有効な対策が出来れば、しばらくはアストロノーツ系の作品を作るかもしれませんし、他社の作品を作るかもしれません。

今の地点では、未定・・・ということで。




さらに・・・あとは雑記ですね。

以前書いたアニメ版艦これ・・・・個人的には今期では一番楽しんでいますね。
いやもう・・・いろいろとやってくれて、というかやらかしてくれていて希代の迷作の感がハンパないです。

・・・でも1話の例外も無く、次回の展開が全く読めなかったのは事実でこれはとても楽しみでした。
11話まで行って結局何をやりたい作品なのか意味不明というのは、個人的には初めてです。
さすがに9話の提督死亡?回や10話の吹雪は夢では俺の嫁展開は予想の斜め上3つは行っていましたが・・・・

主題歌「海色」の歌詞にはちょっとした感動すら覚えましたし・・・



あとは、大勢の方が恐らく驚いた任天堂とDeNAの連携と新ハードNXの発表について。
既に多くの方が意見を申し上げていると思うので多くを語るべきではないのかもしれませんが、一つだけどうしても納得できない点として・・・

何故、具体的には何も決まっていないのに今発表したのか?

・・・この点だけは度し難いものを感じました。


理由なんで考えるまでも無い・・・今が3月だからだ。
3月中にビッグニュースを発表して任天堂の株価が上がれば、3月期の決算をより良い数字を残せるからだ。
・・・・・でも、その代償があまりにも大きすぎる。

まず決算を多少良い数字を残しても、それは任天堂全体にはそれ程意味は無い。(具体的なものが何も無いので、どうせすぐに下がるから恒久的な利益にならない。)
これで得をするのは役員が引責される危険が下がる・・・それも一時的に。ただこれだけだと思う。
・・・でも、株主に対して数年は辞めないと岩田社長は言っているだし反対意見も無いのだから、数字はどうあれ引責の危険は少ない。
むしろそんな事のためにどれだけのものを失うのか・・・これが重要だ。

最大の問題はWiiUと3DSの市場価値が大幅に下がること。
WiiUは最後の大作になるかもしれないゼノブレイドクロス(正直あまり売れないとは思うけど)が来月発売になるのに、これでは購入を控える動きが出来てしまう。新ハードがあるのなら、WiiUの将来性は否定されたの同然なので・・・・
ある意味3DSはさらに深刻で、2015年後半の目玉ソフトはファイアーエムブレムifと妖怪ウォッチ3くらいしかない。
・・・もしかしたらポケモンZやモンハン新作の隠し玉があるのか?・・・と思ったけど、そんなリソースがあるならNXに回すだろうし・・・・(モンハンはカプコンが契約を更新したという噂もあるらしく、依然NXに出る可能性は高い)
これで、今年も同様の市場を維持できるか?・・・といえば疑わしいと思わざるを得ない。

NXは発表が来年になるのだから、どんなに急いでも発売は2016年後半だと思う。
・・・・それまでどうやって利益を確保するのだろうか?

もし今回の発表を半年遅らせていたら・・・少なくともWiiUと3DSにはまだ希望を持たせることは出来た。
これ程のリスクを負うのに、役員の首だけを守るための犠牲としては大きすぎないだろうか?

任天堂にはこちらは厳しく書くことが多いが、それはかつての任天堂と比べて落差が激しいから裏切られている感があるからだ。
例えば、64の頃には任天堂は多くのクリエイターから尊敬されていた。
当時の任天堂の作品は完成寸前まで制作したら、一度すべて破棄して問題点を挙げた後に再度作り直すというとんでも無い手間を掛けて作られたものがあり、それが神ゲーレベルのやり応えがある・・・例えばそんな話をよく聞いたものだ。

・・でも3DSに入ってからの任天堂は、そういったものを感じさせるところが殆ど無い。
続編を作っても多くの作品が前作よりも評価を下げている。
・・・少なくともこちらがプレイした作品は、消化不足の印象が強い作品が多い。
ゲームはアイデアだ、というがこんな作りこみではアイデアも生かしようがない・・・一体、何があってここまでの変化があったのだろうか?

・・・それにしても3年前はゲーム業界はVITAいじめみたいなものを感じて個人的にやるせないものを感じたことはあった。
それがたった3年で当時は10倍差近い販売台数を誇った3DSに危機感すらある。
さすがにこれは予想していなかった。

個人的にはNXはDeNAとの連携の関係上、Androidがベースの可能性が高く・・・それにコントローラーや消費電力が低めのグラボをつけた程度だと思う。それくらいでないと短期に開発は無理で、性能はVITAと同程度で価格は3万・・・短期開発で実現可能なスペックはこの程度だと思う・・・これをサードはレベルファイブとカプコンと任天堂くらいしか専用のソフトを出してくれそうになく、セキュリティがザルのAndroidで・・・・しかもパートナーがガチャレベルのものしか造ったことがないDeNA・・・・これが岩田社長の言う「情熱」なのだろうか?

別にこちらは任天堂を敵視するつもりも、任天堂のゲームを楽しんでいる方に水を差そうとも思っていない(任天堂信者は嫌いだが・・)、まして潰れて欲しいとも思ってはいない。
強いて言えば、「任天堂は常に一番だ」と無理やり主張することを止めてもう一度謙虚にゲームを作る姿勢に戻ってもらいたいだけなのだが・・・最近はユーザーではなく、株主に対する言い訳しか言っていない印象しかない。

マリオやポケモンをいつまでも見ていたいという方の気持ちは理解できるし敬意も持てる。
でも岩田社長や宮本氏の顔をいつまでも見ていたい・・・・多くの方はおそらくそんな事は考えてはいない。
この差を解ってほしい・・・そう思うことはある。

・・・・最後はただの愚痴になってしまってごめんなさい。


それでは。



スポンサーサイト
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
02 ≪│2015/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。