スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

え~~~、今日は1月19日です。
この地点で、こんな挨拶をする人がいるとは普通はありえないのでしょうが・・・自分はやっちゃいます。

あけましておめでとうございます!!

それでは改めて、近況をお話します。

コンバータの製作ですが、最近は少しお休みしています。
最近はず~~~と、ホビー関連に打ち込んでいます。
コンバータを止めようとは思っていないのですが、一度始めると自分で納得のいく形になるまでは収まりの付かない性格なので・・・もう少しだけ続けさせてください。
自身のブログの評価を振り返れば、

コンバータ >>>>> ホビー >= その他雑記

というのは十分に承知しているので・・・ある程度のキリが付いたら、再開しようと思います。


さて・・・・そのホビー関連ですが、とりあえず80年代のサンライズ発のリアルロボットアニメ路線(ガンダム以外)に集中して取り組んでいます。
こういう枠組みだと、興味のある方が相当限定されてしまう欠点はあるものの・・・この時期の作品には他の時代には存在しないエネルギーあるいはオーラみたいなものがあります。
ロボットアニメ自体は未だに多数製作されていますが最近はキャラ、登場人物の比重がかなり大きいのに対してこの時代のものは本当にロボットが主役であり、非常に挑戦的な試みが数多くなされていて、未だに強く惹かれている方も多いです。

問題があるとするなら、むしろこちらがそういった魅力を、今まだ興味が無かった方々に伝えられるだけの力量があるか・・・この一点にあると思います。

当初はとりあえず、1984年2月から放送された「重戦機エルガイム」を中心に行う予定でした。
実は自分はこの「重戦機エルガイム」が大好きでもうどうしようもない・・というわけではないのですが(オイ!)、たまたま手持ちで関連のアイテムを多めに持っていたので始めたのですが・・・ついでに他の作品のアイテムも集めているうちに収まりが付かなくなってしまいました。

もちろん、最初に取り掛かるのはエルガイムであることは既に決定事項ではあるのですが、とりあえず現在の状況を作品別にまとめることで記事にしてみようと思います。



重戦機 エルガイム
[製作目標達成率:80~90%]
k6_02.jpg
[記事の概要]
この記事の主題は「貧乏戦機エルガイム」です。
いや・・・・もう本当にお金が無いのなんのって!
エルガイムの場合は登場メカも多いので・・・

という訳で、出来るだけ節約した状況でエルガイムのメカ達を充実して揃えることにしました。
ただ、いくら節約しても出来が悪いのがいくらあっても意味がないので、ある程度の質も追求しています。
でもそれだと節約という主題からは外れそう・・・・う~~~ん。


今回の記事は30年前の当時物のプラモデルが中心になります。
製作したキットは10体以上で一回の記事で紹介するには量が多すぎるので・・・

part I :反乱軍編(主人公側)
part II:ポセイダル軍編(敵側)


の2回に分けていこうと思います。



IMG_0019[1]
折角なので、各編の記事の一部を紹介。

part I :反乱軍編では最も立体化された回数の多いエルガイムMk.Iを30年前のものから最近の物まで代表的なものを集めて紹介する予定です。

さて、この写真を見て見分けが出来る方はおりますでしょうか?
色に関してリペイントしているものもあるので、参考にはなりません。
形で判断してね!

勿論Mk.I、Mk.IIだけでなく、ディザードをはじめ反乱軍のメカは可能な限り登場させる予定です。



IMG_0016[1]
part II:ポセイダル軍編からも写真を一枚拝借。

バッシュのrobot魂版は好評ですが高くて買えません。とにかく1円でも安く、これこそが信条!
という訳で、当時もののキットを作成。

ですが正直な話、当時物のキットのバッシュはいろいろと微妙な印象。
なるべくお手軽な作業でプロポーションの改修作業を行い、割と見れるくらいにはなったかと。
(その代わり、可動に関してはほぼ捨てる形になってしまいましたが。)

ところで、エルガイムMk.Iとバッシュには意外な共通点があることはご存知でしょうか?
割りお有名な話かもしれませんが、続きは記事の本文で。

この記事のために新作のプラモデルを10体以上製作中(というか既に完成させている)ので、この作品が好きな方はしばらくお待ちください。





蒼き流星 レイズナー
[製作目標達成率:25%]
IMG_0015[1]

立体物が意外と手に入りやすかったので(さすがに全てとはいきませんが)、こちらも記事にしてみようと思います。
一時は諦めていた、レイズナーとレイズナーMk.II(TV未登場)とのツーショット、何気に凄く嬉しいです。

レイズナーの方は当時物(1/72)ですが・・・まだ仮りに仕上げた状態で、これから作りこもうと思います。



k6_06.jpg
[記事の概要]
レイズナーのプラモデルといえば、モデラーからは出来が悪いと痛烈に批判されることが多いです。
というわけで、記事の主題ですが・・・・

レイズナーのプラモデルは、本当にそれ程出来が悪かったのか?

ただ少なくともSPT(この作品のロボットの総称)に関してはデザインは良かった物が多かったような・・・・
雑魚メカが何気に格好良かったり・・・今までの作品には無いラインに挑戦していて、現代のロボットアニメには無い挑戦的なものを感じました。

まだまだ未製作のキットが多いですがキットの調達は8割方終わっていますので、いずれは記事にしたいと思います。





銀河漂流 バイファム
[製作目標達成率:30%]
k6_07.jpg
[記事の概要]

銀河漂流バイファムもある程度のキットが入手できたので、こちらの記事の概要も・・・・

左がHCM(ハイコンプリートモデル:当時の高級アクションフィギュア)、右が現在製作中のキット(さらに手を加える予定)です。
ご覧の通り、同じスケールでも頭一つ分くらいの身長差があります。
当時からこのシリーズはプロポーションの再現度が高く一定の評価を得ています。
そして左のHCMは設定画にかなり近く、この点に於いては不満がありません。

当初は関節の移植による可動範囲の拡大とかを考えていたのですが・・・このシリーズは、当時のガンプラですら一部に採用されなかったポリキャップをいち早く全てのキットに採用するなどかなり意欲的で、(今の基準と比べれば当然劣るものの)個人的にはそれ程不満もないので別方向に方針を変えようか、と。

確かに設定画には近いのですが・・・当時のロボットアニメでは等身などはアニメーター代わりと好き勝手に変更していて、バイファムの場合は多くの作画で等身が高めに描かれているため、結果的には当時のキットの仕上がりはやや鈍くさい印象があります。
このため作画のイメージにお手軽に近づけることを中心に作業を行いました。
(ただ・・・割と安易なやり方故に、あまり手本といえる仕上がりにはならないかも?)


k6_08.jpg
僚機であるネオファム、トランファムは勿論のこと、敵側の機体(この作品ではARVといいます)にもスポットを当てて精力的に製作中です。
・・・という訳で、バイファムファンの方がいたらその方向けにここで問題です。

上記の写真には致命的な誤りが一点あります、それはどこでしょう?

本当にこの作品に詳しい方なら分かるはず!
・・ただ適当に番組を見た方なら正解は判らないと思います。
正解は記事を載せる時に載せますので、お楽しみに。




戦闘メカ ザブングル
[製作目標達成率:10%未満]
ザブングルは一つの目標とするべきタイトルではありますが、なかなか一筋縄ではいかない印象があります。
今回は、現状をまとめてみます。



IMG_0816[1]
まずはキットを入手する必要があるわけですが・・・一部がプレミア化しているのが問題。
ガバメント、プロメウス、オストリッチタイプとかは、結構な金額になると思います。

さすがに厳しい・・・と思ったら、静岡の某ショップでガバメントの1/144が600円(定価400円)で売っていたので早速買うことにしました。
1/144だと、どれも普通に買えるのか・・・?
何が基準で一部が高騰しているのか・・・・・謎だ。


IMG_0009.jpg
IMG_0818.jpg
ただ買うだけでは意味が無いので、早速作ってみました。
ガチで仕上げるのが目標なため、組み立て、合わせ目消し、エアブラシでのメインの塗装を終えたのが上記の写真です。
ここから細かい部品を取り付けて仕上げ処理を行えば完成なのですが、どういう路線で仕上げようが結論がでず、上記の状態で止まっています。

格好悪いと思う方もいるかもしれませんが、メカというものは乗っている人物によっても大きく印象が変わります。
この機体はティンプという、主人公の両親を殺した悪役というかライバルが乗る機体です。
このためかスーパーロボット大戦のようなゲームでもよく見かけるため、割りと有名な機体でもあります。



IMG_0013[1]
というわけで主役機であるザブングルタイプ(超合金魂、半分ジャンク)と比較してみました。
やはりこの2機が揃うだけで、ファンの方ならグッとくるものがあるのではないでしょうか?



IMG_0824[1]
・・・でも、ザブングルのイメージならもっとハチャメチャなショットを撮るのが作品のイメージ似合います。
以外にも超合金魂の方が良いポーズを取れないのが、少し残念なところ。



IMG_0828[1]
折角なのでさらにショットを追加。
他作品の有名どころを合わせて大きさの対比をしてみました。
もう一体は・・・当時から出来が悪くて有名だった(らしい)、1/144のザブングルのキットです。



IMG_0829[1]
超合金魂版と焦点を当てたショットも追加。
こういった比較画像では模型誌等では旧キットは未塗装状態で、新製品を良く見せようとするB社の思惑を感じさせる写真が多いのですが、片方は未塗装、もう片方はフル塗装ではあまりにアンフェアなので、塗装させた状態で比較しました。
新製品だけを無理にでも良く見せるようなやり方は、個人的には好みません。
(そうは言っても出来が悪いことで有名なキットをガチで作る気もなれず、最低限の部分塗装で終わらせていますが。)

・・・でも当時からシリーズ最低評価の旧キットと、シリーズの中でも指折りに評価の高い超合金魂版ではさすがに隔世の感は否めず。
旧キットも味があるとは思いますが・・・ある意味、昔懐かしのウルトラ怪獣のソフビフィギュアに愛着を抱くくらいの感性が要求されるような気も・・・つまり、相当に上級者向けの楽しみ方かと。



IMG_0837[1]
この記事には日記的な意味もあるので、しつこくショットを一枚追加。
右のキットは、同じ日に仕上げたヘビーメタルのアーロンです。
これは「重戦機エルガイム」で主人公が最初に戦ったヘビーメタル(この作品でのロボットの総称)で、そういう意味では一番の雑魚といえる機体なのですが・・・この作品ではどの機体にもそれないの見せ場があるので、この機体にもそれなりの活躍をします。
詳細は・・・・重戦機エルガイム part II:ポセイダル軍編の記事で語ろうかと思います。

それにしてもガバメントタイプが定価400円で、アローンが定価300円・・・
こちらが以前購入した1/350宇宙戦艦ヤマト(定価48,600円:ちゃんと塗装、完成させて飾ってますよ!)を一個買う代金で、これらが一体何個買えたことか・・・・・
最近のアイテムは、とにかく高すぎです。

またこのアーロンがエルガイム関連で購入予定の最後のキットでもあります。
それもここまで仕上げました。後は・・・・・



IMG_0833[1]
ついでに・・・その辺で転がっていた野良ギャリアと野良クラブを捕まえて、もう一枚。
以上、ザブングルの経過報告?でした。続きは記事で・・いつか語れるといいなぁ・・・





聖戦士 ダンバイン
[製作目標達成率:3%]
IMG_0813[1]
一応、将来的な目標として・・・ダンバインも検討中です。
ただ・・・この記事を歓迎できる方なら想像できるかもしれませんが、

ダンバインは鬼門です。

とにかく技術的、経済的、時間的・・・全ての面においてもっとも高い基準が要求されるのがダンバインという作品です。
この作品に詳しい方がいるなら、理由は分かります・・・・よね?

・・・・というわけで現状でできるのはこの一枚の写真だけです。

ズワースがハイパー化しているような対比ですが、イメージとしてはこれで丁度良いような・・・?





太陽の牙 ダグラム
[製作目標達成率:1%未満]
IMG_0834[1]
ダンバインとは別方向に鬼門なのがダグラム。
まだ何もしていません。

・・・ただ一応、こんな物があります。
手を出せるのは、一体いつになるのやら。




とりあえず、ここ数ヶ月掛けて手掛けたキットの一部のスクショを載せて記事にしてみました。
次回は・・・・余程の反対意見が無い限り、重戦機エルガイム part I :反乱軍編でいこうかと思います。

ブログ形式である以上、周囲の意見をある程度は反映させたいので・・・ホビー関連が不評のようなら、無理に続けようとは思いません。
ただ、それでも・・・・

重戦機エルガイム part I :反乱軍編
重戦機エルガイム part II:ポセイダル軍編
蒼き流星 レイズナー
銀河漂流 バイファム


ここまでは、記事にすることは確定です。
(それくらいはやらないと気が済まないくらいの労力は払っているつもりです。)
ただ・・・コンバータ関連もあまり触れていないと勘も鈍るので、エルガイムの後はホビーと両展開でいこうかと考えています。

もし・・・ザブングルやダグラムを見たい方がいるのなら、それは応援次第かもしれませんのでよろしくお願いします。
個人的には、是非にも作りたいけどね・・・



それでは、重戦機エルガイム part I :反乱軍編の記事で再びお会いしましょう。
今年もよろしく、またね~~~~~。

それにしても、明日から何をしようか?
とりあえずデュラッヘの改造が終わったから、次は表面処理→塗装かな?
う~~~~ん・・・・・・

スポンサーサイト

ホビー関連:艦これ特集

あけましておめでとうございます・・・・・とはさすがに言えませんね。
お久しぶりです、HARUです。
記事や返事が遅れて、本当にごめんなさい。

ようやくホビー関連の記事が一つ出来たので、早速いきたいと思います。
それでは、艦これ特集いってみましょう!!!




戦艦 大和
(AGP「アーマーガールズプロジェクト大和」:バンダイ)
k1_00.jpg
k1_99.jpg


日本人で戦艦 大和を知らない人がいるのか?・・と思えるほど知名度の高い艦艇。
かつての朝廷のなめの由来となった、大和国の名前を使われるほどの戦果を期待されていた。

世界最高峰の威力を持つ46センチ主砲、非常に高い防御力を誇りつつも重量は最小限に抑える集中防御思想を徹底させたり・・・・と数え上げたらキリが無いほどの技術の粋を集めて建造され、この艦を作るために編み出された技術の数々は後の日本の工業力を築く礎となったと言われている。
また3,000を超える船員の生活を賄うだけあってか、この艦そのものが一つの町とも言える規模であり・・艦内にはラムネの製造工場もあるなど居住性の高さにおいても世界最高水準であった。

ただ・・・それ故に最前線に出る機会も少なめで活躍もあまり無く、居住性の高さもあってか「大和ホテル」と揶揄されることもあり、このことはアニメ版の艦これでもネタにされていた。

非常に高い防御力を誇りつつも、1945年4月7日にアメリカ軍の徹底した集中砲火により沈没。
これは大和に期待されていた大艦巨砲主義の終焉であり、日本の連合艦隊は洋上での行動能力を失い艦隊として出撃することは二度と無くなり、当時の内閣は大和の沈没の報で敗戦を現実として考えるようになったと言われる。

戦後も大和の沈没の物語は幾度と無く映画化され、数十年に渡り断続的に製作されたSF作品「宇宙戦艦ヤマト」のモチーフになるなど、今となっても日本人の文化から切り離せないほどの存在感がある。
日本で住むのなら、戦艦 大和という単語を一度も聞かずに一生を送るのは難しいのかもしれない。


さて・・・・先日予告した通り今回の紹介する艦これ商品の一番手、AGP「アーマーガールズプロジェクト大和」です。
艦これにおいても最人気キャラである大和の初の立体化、さらに高水準のアクションフィギュアということで発売当初はプレミアが付くほどの大人気でした。

ただ・・・・・実際の製品の仕上がりは予想を裏切って雑な仕上がりだったためかブーイングが続出。
期待が大きかったためかネット上では炎上ものの騒ぎになったことは有名です。
もう発売してから1年以上も経ち、新作「大和改」も発売された現在で今更大和の記事を書くことに何か意味があるのか?
・・・こう思う方もいるとは思いますが、今回は今までの紹介記事では無かった切り口でレビューをしようと思います。


記事の主眼は、短時間で効率の良い改修作業について。
この商品を問題点を指摘し、修正することでかつて期待されていたAGP大和のイメージに近づけようと思います。
では、気になった点を一つずつ挙げていくことにしましょう。


もっさい髪型
k1_01[1]

この商品の最大の非難ポイントです。
とにかく雑で表面はデコボコ、塗装もかなり雑です。
写真は改修後ですが、ここは気合をこめて美人にしましょう。

ここで役に立つのは、1000番のフィニッシングペーパー(タミヤ)とガンダムマーカー極細(茶色)。
デコボコや気泡がある箇所を時間を掛けてゆっくりを削っていきます。
塗装が一部剥がれることがありますが、そこはガンダムマーカーでリタッチします。
激しく剥がれた場合は塗料で塗りたいところですが、当初はこれで十分な成果が出ます。
(ただ経年劣化もマーカーだと早いので、より安定した仕上がりを期待したいのなら塗料で行った方が良いです。)

絶対に気をつけなければならない点が2つあり、一つはあまり分解しようとしないこと。
例えばポニーテール基部のように無理に外すと構造上、破損する可能性が高いです。
煩わしいかもしれませんが、すぐに取れそうに無い部品はつけたままで改修作業を行ったほうが無難です。

そして最も重要なのは、こまめに手を洗うこと
気になったら、何度も洗いましょう。
削った塗料が細かい粉末になって手に付着しますが・・・・そんな手で薄い、あるいは明るい色の部品に触れたら、二度と直せないほどに汚れてしまいます。
こちらは、これで一つの表情パーツを失いました。
小さいフィギュアということあり、それほど時間は掛からないのでとにかく時間を掛けて丁寧に直しましょう。


k1_02[1]
それが終わったら、ガンダムマーカー極細(茶色、灰色)でフィギュアの各所のスミ入れを行います。
とにかく丁寧に。
元の造形自体は相当しっかりしているため、しばらくしたら・・・見違えたくらい魅力がアップしています。



もっさい主砲
k1_03[1]
何故か誰も指摘しない問題箇所です。
(実際、こちらも手を付けられずに終わっています。)
先端を見れば解ると思いますが、申し訳程度に小さく穴が開いている程度で印象がダウンです。

そんなところ気にするか?・・・と思う方もいるのでしょうが、こういう所こそフィギュアの印象を上げるには重要です。

k1_04.jpg
公式絵を見る限りでは砲等は相当な肉厚であるようです・・・が、納得いかないのが本音です。
こちらは2ミリ以上の大き目のピンバイスで大きく開口しようを思いましたが、破損が怖いため断念しました。

プラスチックの成型に詳しい方なら解ると思いますが、プラスチックで円筒の正確な再現は難しいです。
実際、高級な艦船モデルでは真鍮製の砲塔が付属しているか、オプションパーツをして販売されています。
出来るなら、代わりとなる砲塔に差し替えたいところですが・・・

でも今のバンダイにそれお願いして採用されたら、定価18,000円とか大幅に価格アップは避けられないところ。
そう考えれば、このままでいいのかな・・・・?


k1_05.jpg
ただ、艤装の他の部分なら話は別です。
艤装については文句のつけようが無い・・・とか高評価が多いようですが、実際には仕上がりは雑で、複数の素材を使用しているため、単色のはずなのに微妙な色違いや、接着剤の後がべったりと付いていたり・・・と気になる点が多数。

ここはまず、ガンダムマーカー極細(黒色、灰色)の出番。
丁寧にスミ入れを行います。
基本は灰色、穴と思える部分は黒で。
これにより色の違いを軽減、簡単なグラデ効果や精密感アップと2重、3重の効果があります。
砲塔裏の情報量は多く、全て終わらせるのに数時間は掛かるかもしれませんが、ここは根気よくいきましょう。

・・・そしてそれが終わったら、仕上げのトップコート(つや消し)。
コツはさっと、僅かに吹いて完全に乾いたら納得できるまで繰り返し。
(一度にやろうとすると、ABS製の部品が最悪割れます。)

やや危険を伴う作業ですが、効果は圧倒的に見栄えが良くなるためリスクを差し引いてもやる価値ありです。
(もちろん自己責任で、こちらは一切責任を負いません。)


k1_07.jpg
以上、AGP大和でした。
ここまでやると当初多くの方が憧れていた、見本に限りなく近い仕上がりになります。
完成フィギュアは手を加えるとジャンク品扱いになって売れなくなるので、手を出さないのが原則です。

ただ・・・売るつもりが無いのなら、僅かに手を加えたら美人になるのが解ってて何もしないというのは非常に勿体無いので、ここは思い切って行ったほうは良いです。
少なくとも、AGP大和にいたっては効果が絶大です。
本当にかなり良くなるので持っている方は検討してみてください。



重巡 高雄
(AGP「アーマーガールズプロジェクト高雄」:バンダイ)
k2_00.jpg
k2_99.jpg
日本の重巡の中でも最高性能を誇る高雄型の一番艦。

外観の特徴としては異様に大きな艦橋があり、漫画「ジパング」をはじめ幾度かネタにされることもある。
実際、戦後にイージス艦「こんごう」を建造した際にはその艦橋の大きさから高雄型をもう一度作るのか?・・と言われたこともあったが、それだけ時代を先読みしていたデザインであったのかもしれない。

その性能の高さもあってか艦長は選りすぐりの優秀な提督が付くことが多く、艦娘の高雄が何処か上品な雰囲気が漂うのはこのあたりの史実を参考にしている可能性が高い。
艦娘の中では二番艦の愛宕とともに服装も独特だが、これは高雄と愛宕がいくつかの海難事故に見舞われて改修工事を受けたことが由来と思われる。

彼女の代表するセリフに「馬鹿め、と言ってさしあげますわ」という好戦的なのか上品なのかよく解らないものがあるが、幾多の戦歴に混じって味方に対して誤射するといった不名誉な記録もあり、ある意味馬鹿と言われて差し上げているところも、無くはない。

レイテ沖海戦で艦尾を損傷、修理中に終戦を迎えたため最後まで生き残った数少ない艦の一つである。
アニメ版艦これでも、ある程度史実を踏まえて生死を決めている描写があるが、それを考えるなら長門、北上、響など終戦まで生き残った艦は今後のメディア展開を考えても最後まで生き残る可能性は高く、そういった意味では今からでも安心して応援できる艦娘と言える。


さて・・・人気はあるけど(個人的にも好きだけど)、お金が無くて変えない愛宕の変わりに衝動的に予約してしまった高雄だけがありますので、レビューしようと思います。
大和と違い、こちらは一切手を加えていません。
せめて艤装のチェーンは金属製に・・・とか思って部品を探しているうちに、価格がプレミア化して戸惑っているうちに何も出来なくなった感じでしょうか?
・・・ただ実は、何も手を加えなくてもAGP大和並みの満足感があるため、改修に意欲がわかなかったというのも本音です。
では早速、紹介していきましょう。


k2_01.jpg
高雄、愛宕といえば最もセクシーなボディを持っている印象がありますが、高雄は超ミニのタイトスカートのためより色気が強調されている感じです。
表情パーツの一つの恥じらい顔がある意味、非常に良く目立ちます。


k2_02.jpg
k2_03.jpg
カメラの性能が悪いせいか、下着が見える角度で表情まで見えるように取れないので、思い切って寝そべらせてみました。
スカートというより、水着のパレオのレベルの短さで、黒いガーター付きの下着って・・・・物凄いセクハラですね。
実際、僅かでもローアングルにしたら絶対に見えてしまうため、小スケールのフィギュアにしてはかなり色っぽいです。


k2_04.jpg
このフィギュアの残念な特徴の一つに、表情パーツが4つもあるのに全て怒リ顔のため仕草が限られてしまうことです。
アニメとかは、一番優美な表情があったキャラなのに・・・・何で?

・・・ただおかげで「貴様、いつまで見ているか!」的なポーズには事欠きません。
もしかしたら、ここまで堂々とセクハラをしたバンダイへのささやかな復讐か・・・?
あるいは担当の方が「高雄にはハイヒールで踏まれたい」とか思っていてその思いが結実した?、いや、まさかね・・・


k2_05.jpg
そして怒りのまま、艤装を装着。
基本的にスタンド推奨なのですが、足を広げればこれだけトップヘビーなバランスなのに自立します。
これには驚き。
ただ、長時間あるいは高所に飾るならスタンドを付けないととんでもない事になりそうです・・・・


k2_06.jpg
k2_07.jpg
最後の表情パーツは横目線での睨み顔。
公式絵でこの表情なので仕方がないのですが、面白みには欠けます。
あえてアクションで使うなら、このように砲塔を一つの方向に集中して・・・・ちょっと苦しいかな?


k2_08.jpg
以上、AGP高雄でした。
とにかく表情に笑顔系が一切無いのが、何気に凄い。
角度限定で恥じらい顔がデレ顔に見えなくはないですが、それはそれでひどくマニアックなような・・・

何だか妙に背徳感があり、もしかしたら高価格なのはそこに需要があるから・・・・というのは気のせいか?
他の高雄のフィギュアは明るい表情が多いため、余計に目立ちます。

全体的に小さいため割高感もかなりありますが、仕上げはとても丁寧で気に入ったなら買うのも一興です。
それにしてもAGPカテゴリーは謎アイテムが集中する印象が・・・一体何故??????



軽巡 川内改二
(プライズフィギュア:セガ)
k3_00.jpg
k3_99.jpg
当初、8隻まで建造が予定されていた川内型の一番艦。
ワシントン条約を遵守するために3番艦「那珂」までで建造が終わり、さらに後の阿賀野型まで軽巡が建造されなかったために川内は新鋭艦として水雷戦隊の旗艦となり活躍した。
外観としては中央の4本の煙突が目立つが、これは重油の節約のために石炭を併用したら煙が増えてしまい、これに対応するための物である。

1943年11月にブーゲンヒル島沖海戦で味方艦との衝突を避けていた際に敵の集中砲火を浴び、撃沈。

ミッドウェー海戦を除く実戦の作戦が全て夜戦であることを反映させるためか、艦娘の川内は夜戦好きの騒がしい娘とされ、周囲の艦娘からは「夜戦バカ」と言われ煙たがられる事も。
川内の夜戦好きは艦これを代表するネタの一つである。

待望の改二になり、戦力の大幅アップだけでなく妹の神通とともに太ももに探照灯を装備。
より夜戦に適したデザインとなったが・・・


さて、AGP2体だけで記事にするのは何だか寂しいがお金が無いので・・・・ここは思い切ってプライズ品を入手することにしました。
手にした観想は、造型師のレベルはかなり高いということ。
公式絵の川内改二そのものです。
川内自体が、トップレベルで好みなためここはとても嬉しいです。



k3_02.jpg
k3_03.jpg
・・・・が、フルプライスの商品と比べても差がないか?と言われれば、それはノー。
やはり一部の仕上がりは雑です。
とうわけで、ここはリペイントすることにしました。

リペイントの際重要なのは、一切パーツを外せないこと。
接着剤をハンパなく使用しているようで、とても外せません。
ここはそのままマスキングでエアブラシの作業に入ります。

絵師のボブ氏は、表情にピンクのチークを入れるのがトレンドのようで・・・そこはこちらで蛍光カラーで入れました。
結構雰囲気が出ます。
それにしても、もう少しバラせれば作業が楽なのに・・・・良い方法は無いのか?



k3_04.jpg
ただのリペイントだと物足りないので、多少アレンジを。
足のタイツは、透け仕様に変更して少々色っぽくしてみました。



k3_05.jpg
k3_06.jpg
そして下着も、透け仕様。
写真では解りずらいかもしれませんが、ちゃんと肌色が透けています。


k3_07.jpg
以上、プライズフィギュア:川内改二でした。
個人的にはリペイント作業はおススメしたいところ。

元々、艦これは男性向けのコンテンツなため肌の露出は高めでちゃんと作れば十分な魅力を発揮できる物が多いです。
実際にかなり魅力はアップすると思いますし・・・
あ、透けはどうでも良いんで(笑)。
パーツがバラせない関係で、塗装にも限界はありますが・・・価格も安いので、練習用に手を出すには丁度良いのかもしれません。



潜水艦 伊401
(プライズフィギュア:タイトー)
k4_00.jpg
k4_99.jpg
分類でいうなら潜水空母に属する「伊号四百型潜水艦」の2番艦。
原子力潜水艦を除けば、世界最大のサイズを誇る。

特徴は地球を1周半できる航続距離と、さらに艦載機を3機まで搭載できるため従来ではありえなかった超遠距離での空襲といった未知の作戦を行うことが出来る秘密兵器的な存在である。
実際、パナマ運河を単艦で爆撃する計画もあったらしいが、実行されることは無かった。

竣工が1945年1月と非常に遅く実戦に投入される前に終戦を迎え接収。
実験の後、米軍によって海没処分となる。

艦これと同様に第2次大戦の艦艇をモチーフにした「蒼き鋼のアルペジオ」では伊401のメンタルモデルであるイオナがメインヒロインとなっている。
何故彼女が主役的な存在になったのかは不明だが、伊401の持つ秘密兵器的な可能性に魅力を感じたからかも知れない。


・・・というわけで個人的にはあまり思い入れが無かったしおいちゃんです。
ただ箱を開けて、そのレベルの高さにびっくり。
造型そのものも確かなのですが、塗装も本当に丁寧。

顔に関しては完璧で、全く手を加えていません。
この部分に関してはフルプライスの商品を比べても全く引けを取りません、マジでびっくり。

ただ・・・・成型は雑で足はとんでもないレベルの鮫肌。ある意味石のような質感です、これは勿体無い!!
というわけで、600~1000番のフィニッシングペーパーで10分ほど成型を・・・・実はこれだけで十分なレベル。
しおいちゃんが好きなら、これで十分だと思います。



k4_01.jpg
k4_02.jpg
k4_04.jpg
・・・・が、我が鎮守府では新たな秘密兵器を導入することになりました。
それがこの「透けスクール水着」。略してスケスク?
これを導入した成果、意味は・・・・・実はこちらもさっぱりです(爆笑)。


k4_05.jpg
とりあえず、艤装を外すとこんな感じ。
大きなダボ穴が目立ちます。


k4_06.jpg
k4_07.jpg
k4_08.jpg
k4_09.jpg
あと、偽装の出来も大したもの。
全く手を加えていませんが、それでもこの細かさ。
手を加えれば、さらに良くなるのでしょうが・・・・我が鎮守府では、スケスクの拡充こそが急務で、一切の余裕が無かった・・・・・・



k4_10.jpg
以上、プライズフィギュア:伊401でした。
・・・自分でやっといて何ですが、透けは余計です(笑)。
きっちり作れば本当にフルプライス級の商品で、最近のプライズ品のレベルの高さを実感しました。





・・・・・以上、艦これ特集でした。
正直な話、結構頑張ったつもりでも読んだ方が満足いくかといえば正直・・・・?な感じです。

あ~~~~、あと先日80年代のロボットアニメのプラモデルを所望する意見があったので、とりあえず1体仕上げました。

大丈夫、誰もが認める間違いなく80年代を代表するロボットアニメですyo!
・・・・というわけで、





k5_00.jpg
k5_02.jpg
k5_03.jpg
k5_04.jpg
Dr.スランプ アラレちゃん
(Dr.スランプ ファンタジードラゴン:バンダイ)

です!



あ~~~~、頼むから物を投げないで!!
だが敢えて言わせていただく!

Dr.スランプはロボットアニメですよ!

・・・フッ、どうだ、誰も反論できまい!!!



k5_05.jpg
キットは間違いなく30年以上前の年代物です。
・・・ただ、部分的には今の物よりも凝っています。
例えばドラゴンがくわえている手綱ですが・・・

本物の皮製。

これにプラ製の金具を一個ずつ塗装して、はめていきます。
止め方も基本、普通のベルトと一緒で・・・(ヘルメットの紐と同じ構造)、実際強く締めたり緩めたりも可能。
よく出来ています。


k5_06.jpg
k5_07.jpg
アラレちゃんも可愛く出来ています。
今考えればとても可愛い上に性的なアピールは殆ど無いという、奇跡的なキャラデザインです。
ただ、瞳デカールとかは無いので全て筆塗り。マジ地獄級の難度です。



k5_08.jpg
鳥さんのマンガ家(というか作者)のフィギュアも付属。
下の文字が書かれた円が500円玉とほぼ同じ大きさです。

鳥山 明といえばドラゴンボールですが、Dr.スランプの方が遊び心はずっと上。
ドラゴンボールは日本どころか、もはや世界を代表する漫画になりましたが、無理に続けたために作者を枯らしてしまった印象もあります。
この時のような遊び心を保ったまま終わっていれば、まだワンチャンあったかな・・・・・?と思うと、少し寂しいです。






k6_00.jpg
以上、艦これ記事は5人を紹介してこれで終了。
この画面に写った5人全員をフルコンプするまで、皆さん頑張ってください(出来るものなら)。

コメントの返事、これからのブログについては後日追記します。
ごめんなさい、それでは。


プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
12 ≪│2016/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。