Adovanced漢はやっぱりエミュレータ!~その後のPCSX2~・・の仮報告(1)

さて・・・エミュレータ最後の記事は、PS2用エミュレータのPCSX2の最新事情です。
前回、記事にしたのに何を今更?

いえいえ、前回とはあらゆる意味で事情が異なります!

とにかくCore-i7の性能と相まって、えらく実用的になっています。
前回では・・・ギャルゲーなら結構いけるけど、他は・・・一応動かせるかな?
こんな感じでしたが、今回は違います。

数本動かして気づいたのですが、既に一部のソフトは実機以上の速度で動くものもあります。ということは・・・・・


ニヤリ。


・・・・ああ、悪魔のささやきが来てしまった。
こうなると、いろいろと実験したくなってきます。

というわけで、まず最初にいくつかの実験の成果を挙げてみます。
まずはご覧あれ。


注意点

今回のPCSX2はOpenGL系のドライバに対応したグラボが必須のため、Core-i5のノートとの動作比較は行いません。以下の環境のみです。

Core-i7:Core-i7 870(2.93GHz) + Geforce GT220 + pcsx2-0.9.7-r3878


また、各作品の文字の色が、動作状況を表しています。

青色:実機並み、あるいは実機以上に動きます。(画像化け等を考慮に入れていないので、完全再現ではないです。)
緑色:再現性は良いが、速度等に問題がある。(プレイそのものに支障は無いのが前提。)
黄橙色:起動は出来るが、プレイする上で大きな問題がある。(少なくともクリアは無理。)
赤色:起動不可、あるいは100%不可避の状態でフリーズする。

これ以外の色(例えば青に近い緑)とかはやや処理落ちはあるが、よく動く・・といった中間的な意味だと思ってください。


改善例その1:すっごい、アルカナハート2
SuggoiArcanaHeart2.jpg
Core-i7での動作状況:PS2実機で問題になった処理落ちは殆ど見られず・・・実機以上の快適さを誇る。

通称、「ひっどい、アルカナハート2」。
元がPS2より上位の基盤で作成されたゲームで、PS2版ではその辺りを全く考慮せずに「忠実」に移植した。
単純に遅いだけでなく、処理落ち中は原則コマンドを受け付けないため・・・処理落ちに合わせて入力しないと、まともに技も出せないダメ移植。

アルカナハートは、3をPS3やXBOX360で出して既に好評を得ているが・・・PCSX2では実機以上の処理が出来るのなら、と思い挑戦。
結果は・・・少なくとも処理落ちは殆ど見られず・・・ただし、連続技まで出来るかどうかは自分の腕では解らない(泣)。簡単に決められそうなレベルのものは普通に出せそうではありますが・・・とにかく、印象としてはかなり快適です。
すっごい面白さを素直に味わえます。

2Dの格闘系は・・・・基本的にかなりのレベルで再現性が高く、実用性が高いです。
・・・が、ギルティギア アクセントコア プラスなど、起動そのものが実質不可など問題のある作品も結構あるので、記事の本編で出来るだけ詳しく書く予定です。


エミュレータとは、単純にオリジナルを再現するだけではなく、場合によっては実機以上の質を見込めるのが面白いです。今回はまず、PS2実機では動作に問題があり・・・このように動作がオリジナルより良くなった例をいくつか挙げていきます。



改善例その2:天外魔境III NAMIDA
Tengai3.jpg
Core-i7での動作状況:PS2実機で問題になったロード時間の長さは相当改善され、実機以上の快適さを誇る。画像が一部、崩れがちだが個人的にはあまり気にならず。

鳴り物入りで登場した感があったが・・建物であれば、大きさにかかわらず入ればロード、出てもロード。
しかも十秒はかかる。戦闘も同様。
恐らくマップデータとかのメモリの割り当てなどが問題があり、このようになってしまったのでは?と思われる。スクエニが作っていたら、こんなことにはならなかったのでは?
・・・そんなこんなで、不評に終わってしまった作品。

Core-i7では実機並みの動作と、isoデータで動かすのでロード時間が3秒以下に短縮されてるので、割と普通に遊べるゲームになっている。この状態なら、クレームとかもあまり来ないと思います。

ただ・・・PS2でPCエンジン並みのゲーム感覚はさすがにそのまんまなので(笑)・・・懐かしさを覚える方ならなんとか?・・と言った感じは否めませんが。
ロード時間が気になるなら、isoデータをSSDに入れるという手もあるが・・・・



改善例その3:Dear My Friend
DearMyFriend.jpg
Core-i7での動作状況:PS2実機で問題になった立ち絵のロードの処理は全くといって良いほど問題なし。快適に遊べます。

Lightから発売された同ゲームの移植版。
PS2実機では異常なまでのディスクのアクセスがあり、「ドライブが壊れるんじゃ?」と不安になる方も多かったとか。(というか、実際に壊れた例もあったらしい。)
たとえ壊れなかったにしても、アクセスに時間がかかるため(立ち絵1枚につき1秒くらい?)・・・やっぱり不評。

iso化すれば、アクセスに関しては有利になるし、Core-i7という高速CPUの手助けもあってか・・・全くストレス無く遊べます。

ただ、PS2版の要素を全て盛り込んだComplete EditionがPCで出ているので意味は無い?
・・・いや、PS2版は460円と安いので、先にこちらをプレイして気に入ったら・・・という選択肢はあります。気になる方は、お試しあれ。



改善例その4:トリガーハートエグゼリカ エンハンスド
TriggerHeatExelicaEnhanced_1.jpg
Core-i7での動作状況:PS2版で問題となった処理落ちが・・完全ではないですが改善されてます。欲を言わなければ、割と十分では?

タイトルだけ見ると何のゲームだろう?・・・と思うかもしれませんが、元はアーケードの縦シューティング。

何体かフィギュア化されているが、特にアルター版の評価が高い(というか、気合入りすぎ)。・・・コアな人気はあると思われる。

アルター製フィギュア(Amazon.com)

TriggerHeatExelicaEnhanced_2.jpg
ただし、このゲームを作った童というメーカーは全ての点で二流の感があり、全体的に見劣りするところがある・・・特にPS2版は、元がNAOMI基盤の作品なのに・・・上位機種で処理落ちする点で評価は厳しい。
ただしこのメーカーは、ユーザーフレンドリーという点ではかなりのもので、追加要素も充実したPS2版はこのまま捨て置くのは少々惜しい。

そこでPCSX2の出番となるわけだが・・・完全ではないものの、結構改善されている。
より高速なマシンなら、処理落ちは完全に解消されるかもしれない。後日の楽しみが増えたかな?

このゲームは攻略の甲斐は相応にある作品なので、上位のパソコンをお持ちの方は試してみるのもいいかもしれない。気に入ったら、フィギュアを手元に置いて楽しむのもいいかもね。



改善例その5:イース I & II エターナルストーリーズYsIII.jpg
Core-i7での動作状況:PS2実機で問題になったロード時間は・・・個人的には我慢できるレベルではないかと。

PC版のリメイクされたイースのI と IIをカップリングして移植した作品。微妙な出来の追加要素もあり。
高画質なPC版のデータをほぼそのまま利用しているため、画質は良いのだが・・・・
PS2との性能差を考えていないため、ロード時間がやたら長い。ダメ移植としては、割と典型的なパターン。

スクリーンショットのロダの木のロードには1分近く掛かる。
デモによっては、デモそのものの時間よりロード時間の方が長かったり、装備の変更をするだけもロードで・・・とにかく待たされます。
このソフトの出来や売り上げが問題になったかどうかは解らないが、この作品を最後に移植元のデジキューブは倒産している。

PCSX2では・・・上記のロダの木では、確かに待たされますが・・10秒は掛かりません。
装備の変更程度では、ロードしているかどうかも解らないほど。
デモが一部、途中で飛んでしまうという問題がありますが・・・「こんなものかな?」と我慢できる程度です。これで不満なら、素直にPC版をやりましょう(笑)。

・・・・でもこの作品も、忠実な移植なだけ、マシなのかもしれない。III、IV、Vの3部作はPCSX2でも動かせるのだが(IVは設定に工夫が必要)・・・・・・・はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~、あれはとても語れない。買うなら覚悟しませう。



改善例その6:ソウルキャリバーIII
SoulCaliburIII.jpg
Core-i7での動作状況:PS2実機で問題になったアレは・・・・良くなっているのだろうか?

ぶっちゃけ、この作品は改善されているのか・・・・?
この作品の最大の問題は、メモリーカード破壊バグ。

発売前からこのバグには気づいていたにも関わらず、対処がお粗末だったために一部のユーザーを激怒させた。確かデータの入ったカード内の他のデータを弄ると・・・だったっけ?
こちらでは確認できてはいないものの・・・専用のメモリーカードのデータを作って起動させたほうが無難です。

動作ですが・・・再現性は高いが、対戦中の速度は40~50fpsとやや遅い。
もう少し速い環境を用意できる方なら、あるいは・・・・


参照例:ソウルキャリバーII
SoulCaliburII.jpg
Core-i7での動作状況:画面がわずかに化けるが・・・再現性は高い。速度は、オリジナルの9割くらい?

参考までに、前作のソウルキャリバーIIの画像も。
カサンドラ(左)の髪の毛がよく見るとおかしいが・・・これはエミュの仕様。
速度はこちらだと遅延はあまり気になりませんが・・・

画質が段違い!

3年の進歩は早い・・・・比較のために、あえて載せました。
こういう比較もエミュだとやりやすいですね。



・・・とまぁ、ざっと改善されている(?)例を挙げてみました。
以前紹介した記事とは比較にならないくらい好印象だったので、徹底比較してみることにしました。
・・・・・が、試したソフトは150本もあるため、一気に載せるのはどうかと・・・

だが、より実用的な内容にするためには、詳細を語りたい。
手を抜いたら、自分好みの内容ではなくなってしまう。


今回は試験的に、格闘系を中心にまとめてみました。
記事に書かれているゲームの内容については、あくまで私評です。
ご了承ください。



The King of Fighters 98 Ultimate Match
KOF98UM.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

前回の記事で改善されたらいいな、とか書いていましたが・・・・
こちらでは、実機と違いが解らないくらいの出来になっています。
誰かWindows用のジョイスティックもっている方は、どこまで動くが教えてもらいたい気も・・・こちらは、連続技とか苦手なので・・・・確かめようがなかったりします。



The King of Fighters 2002 Ultimate Match
KOF2002UM.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

こちらは改善された闘劇バージョンではなく、初期バージョンによる動作確認です。
余程のことがない限り、闘劇バージョンも動いてくれるとは思いますが・・・・

KOFの対戦ツールの決定版の地位を確立しつつある作品、かなり良い感じだと思うのですが・・・・ハイエンドのマシンをお持ちの方、エミュでどうでしょう?



The King of Fighters 2003
KOF2003.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並みだが・・・できれば本文も参考にして頂けたら、と。

対戦のバランスの悪さが度々指摘された作品だが、PS2版はバランスの改善、背景の3D化、BGMのアレンジ等、移植で必要とされていることは全て行っている充実した内容。

背景やBGMは、ネオジオ版も選ぶことが出来るが・・・PCSX2では、実は負担が大きそうな背景:3D、BGM:アレンジの方がやや軽い感じがする・・・が、そう感じるだけかもしれない・・・と、ややはっきりしない。3Dの背景だとわずかに化けることはあるが・・・・気になるほどでもない。
気になる方は、ソフトを買って実際に試すといいかも・・・300円で売っているし。



The King of Fighters XI
KOFXi.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

流通価格は2003と比べれば、高め。
オリジナルの高評価と、追加要素の充実の相乗効果か?
背景やBGMは、オリジナルと同じですが。

ただこの作品、消えたキャラと新参キャラがかなり多いので・・・
プレイ感覚は別物に近い。

新キャラはやや強く設定されることがこの手のゲームでは多いのだが、このゲームでは容赦なく弱い。プレイしてみて、かなり実験的に思えるが・・・それで評価が高いのは、ユーザーの研究あればこそ。
こういうゲームが市場で通じるという事実は、個人的にはとても嬉しいですね。

CPU戦のボスキャラはかなり強いので、エミュレータらしくステートセーブを利用できるので、ある意味実機以上に楽しめるかも?



KOF MAXIMUM IMPACT Regulation A
KOFMIRA.jpg
Core-i7での動作状況:速度は50~55fps、オリジナルの9割くらい?
グラフィックの再現性はより高くなっている。


以前から動いていたのですが、画像化けと処理落ちがキツくて・・・遊べるとまではいえませんでしたが・・・画像は実機並み、速度もあまり気にはなりません。
比べれば、わずかに遅いかな?・・・という程度です。

十分遊べるとは思いますが。



サムライスピリッツ天下一剣客伝
SamraiSpiritsVI.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

メーカー側の極度の自粛反応により、残虐表現の徹底廃止。
元々好評だったのに、何故か行った声優総入れ替え。
背景にいたっては、日本どころか江戸時代かどうかも怪しい。

これらの微妙な調整が重なって・・・・プレイ感覚はサムライスピリッツらしさが殆ど無く、古来のファンであればある程違和感を覚える作品。

ただ一応の完結編として作られただけあって、労力としては十分すぎることをやっていて・・・今見てもあまりに惜しいところがある。肌に合えば、楽しめる作品なのですが。

PCSX2で動作させる場合、注意すべき点が一つ。
全作セットされた、サムライスピリッツ六番勝負では・・・キャラが化けて、まともにプレイできないかも?上記の画面は、単品で販売された製品版のものです。
でもまぁ、200円で売ってるし・・・エミュのために買ってもいいのでは?



ネオジオバトルコロシアム
NEOGEOBattleColloseum.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

CPU戦を出来るだけ短いプレイ時間にするシステムにした結果、アーケードから消えるのも短かった感がある残念な作品。

ただシステム面を除けば好評な部分も多く、PS2版になってから受け入れたユーザーも多いらしい(この辺りは改善されているので)。

ドット絵に関しても上記のアスラ(左)の絵はこのゲームでしか見られず、評価も高い。
でもアスラの真のチャームポイントは半ケツなので、このゲームでは拝めないのさ(笑)。

どうでもいいが格ゲーでは、半ケツの男性が結構いる。
あまり考えたくはないのだが・・・・需要があってのことなのだろうか、う~~~~~ん。



Street Fighter III 3rd Strike
SFIII3rd.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

デビュー時の1998年なら、最高水準であったグラフィックも・・・今となってはかなり地味な印象があります。

ただしこのゲームは地味ではあっても、非常に堅実な作りで・・・III特有のブロッキングを除けばシステムで振り回せることもありません。つまりは格闘の本来の魅力である、駆け引きという一点において、純粋に味わうことが出来ます。
事実、適当にCPU戦をこなしているだけで、「ああ、格ゲーをやったなぁ!」という満足感が得られるのが、このゲームの最大の魅力ではないでしょうか?

PS2版の移植にあたっての追加要素はほぼゼロですが、この作品は2D格闘ゲームの一つの完成形なので問題は無いです。

対戦に付き合ってくれるお友達を見つけることが出来れば、一生遊べる対戦ツールとして機能します。エミュでもいかがですか?



CAPCOM VS SNK2 Millionare Fight 2001
CapcomVSSNK2.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

取り立てて欠点らしい所はない良作で将来作られた作品も、この作品が手本となっているものがいくつかある。

でも個人的にはあまり好きではない。
カプコンが作ったためか、作り慣れたカプコンのキャラを中心にバランスを建てているためかSNKキャラは猛威をふるえない。同じように技は出せても、リーチや判定は異なるため違和感がある。実際、対戦ではカプコン側の使用率がかなり高い。

エミュレータではネット対戦が出来ないので、CPU戦があまり充実していないのも痛い。
CPU戦のやりこみ要素は・・・キャラの性格をよく掴んでいる勝ち台詞をチェックするくらいか?こちらは良くできている。

それらを差し引いても、良作と呼ぶには十分であるので持っていて損は無いとは思いますが・・・



SNK VS CAPCOM SVC CHAOS
SVCChaos.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

売り出した時期が悪かったせいもあるが、高く評価する方は少なめ。
コマンド入力判定が厳しく・・・なかなか技が出なかったり、全体的に雰囲気が寂しいなど・・確かに第一印象は芳しくないところもある。

ただ隠しキャラを除けばバランスは結構良く・・・スクリーンショットのような対戦前の言葉の掛け合いは、全てのキャラの組み合わせで用意されている。
全部見るのは結構大変で、やり込み要素と言えなくもない。

SNK側が作ったので、当然SNKのキャラは暴れまわれるし、カプコンだから不利というわけではない。地味だが言われている程、悪くはないです。
ただこのゲームでは技を手軽に出せるようになるには練習が必須なので・・・人は選びますが。



北斗の拳 審判の双蒼星 拳豪列伝
HokutoNoKen.jpg
Core-i7での動作状況:速度は50~55fps、オリジナルの9割くらい?

北斗の拳のゲームに名作無し。何故かゲーム業界ではよく言われているような・・・ではこのゲームは?
実はほぼ全キャラに即死連続技があり、バランスどころの騒ぎではない。
別の意味で、世紀末を味わえる作品になっています。

でも全員が持っているならそれはそれで・・・と気に入っている方もいるらしく、固定ファンはいる模様。

またこの作品、原作愛に関しては相当なものがあります。声優も可能な限り、原作に忠実。

PCSX2では重くなることが、たまにある程度。十分良い感じですよ。



戦国BASARA X
SengokuBasaraX.jpg
Core-i7での動作状況:速度は50~55fps、オリジナルの9割くらい?

小足払いからの即死連続技を始め凶悪な技ばかり見つかり、バランスも悪く・・・と早々に消えたアーケード版。カプコンからも、黒歴史扱いされている?
PS2版は、仕様で連続技が決められず・・・とこちらも悪く言われることが多い。

ただそのおかげで、お求め安い価格なのも確か。
即死連続技は難度が高いものが多く、適当にCPU戦をこなしたり、ライトユーザー同士で対戦をする上では十分元が取れると思います。
やり込んでも相手をしてくれる方が殆どいない・・・ただそれだけの話です。

演出は光るものがありますし、エミュのテスト程度なら十分過ぎるほどの作品です。
Core-i7でも重くなることはありますが・・・これも贅沢言うな、と言いたくなるレベルであると思います。

くどいようですが、予備知識に惑わされず試していただける方がいると嬉しいです。



起動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合 VS ZAFT II Plus
GundamRvsZII.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

画面写真では、デストロイガンダムがボスキャラのような佇まいを見せておりますが・・・このような画面でも、全く処理落ちは見られません。
画像化けも全くといっていい程ありません。3D格闘としては、屈指の再限度。

既にガンダムVSガンダムに世代交代は終わっていますが・・・この作品自体は、かなりの高評価です。あえてエミュでプレイされるのも良いのでは?



Virtua Fighter 4 Evolution
VF4Evolution.jpg
Core-i7での動作状況:対戦中の速度は40~50fpsとやや遅い。人物は問題は無いが、背景がわずかに画像が崩れる。

バーチャファイター4のアッパーバージョン

殺人柔道家の日守 剛など、やたら濃い新キャラが参戦。

このゲームは、クエストモードというゲームセンターでのバーチャで全国制覇を目指す、と言うオリジナルストーリーモードがある。
所詮オフラインだが、500人分の対戦データが入っている。
オンラインだと時期がずれると過疎るので、こういったモードがあると嬉しい。
ダミーでも何でも良いから、対戦データはいっぱい欲しいですよね?

こういったモードがどのゲームでも付いてくれるといいのに・・・

PCSX2では速度と背景にやや難がありますが・・・普通に遊べます。



MELTY BLOOD ACTRESS AGAIN
MeltyBloodActressAgain.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

個人的にはFinal Tuned以来なのですが・・・・・いつの間にか、空の境界の両儀式が参戦しています。
対戦では腕の差があまりに出てしまいそうですが、かなり進化しています。

同人ソフト上がりということもありマニアックな印象はあるものの・・・・CPU戦と対戦がここまでハイレベルに整っている作品はそうはないと思います。

いくつかのキャラは正直似ていないので、ハイレゾ化されたりしたら・・・次世代機でも十分通用するはず。その点だけが惜しい。

・・・というか、この作品はまだ終わって欲しくない。

セイバー VS アルクェイドが実現するまでは、終わるな!

何年も前から思っていたんだが・・・やはり権利問題等で無理か・・・あまりにも惜しい。



幽遊白書 Forever
YuyuFoever.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

ポリゴンこそは荒いが・・・やってみると原作の再現度が意外と高く、結構満足できる作品。結構ニヤリとさせられるシーンも多いです。

幽助役の佐々木望の声代わりだけが、とにかく惜しい。

PCSX2では処理落ちも殆ど見られないことも嬉しいところ。
原作ファンなら、抑えておいて損は無いはずです。



幽遊白書 死闘、暗黒武術会120%
YuyuShtouAnkokubujutukai120.jpg
Core-i7での動作状況:ほぼ完全に実機並み。

キャラクターのモデリングは及第点、Foreverよりもずっと綺麗。
ただ・・・・戦闘がバーチャファイターみたいになり、幽遊白書のキャラクターと噛み合っていない。キャラゲーなのに、リアル志向というのはどうしても違和感が・・
前作のForeverは大味だが、幽遊白書らしさという点で勝っているため、評価は低め。

ただバーチャ的な戦闘を受け入れられれば、ストーリーモードもそれなりに楽しく、遊べないわけではないうえ、PCSX2の再現性もとても高い。

変わり種のキャラゲーだと思えば・・・・少なくとも、手抜き作品ではないのでその辺は誤解無きよう。



・・・・と、今回はこれまで。
まだあと100本はあるな・・・・・どうしようか?
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード