スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなゲーム買おうよ・・・・

コンバータに関しては、随時製作中・・・なのですがまだ記事に出来そうに無いので、閑話休題としてとりあえずまた芸が無いですが、ゲーム業界の記事を書こうと思います。

何というか・・・最近はとにかくゲームが売れていないです。
任天堂もソニーも、売れなくて悲鳴をあげているというのが本音なのではないでしょうか?

今回はそんな両社の最近の苦悩を纏めてみました。
できればこれを読んでどちらの会社のゲームでも良いから、買う気になってくれれば・・・という方がいれば、と思います。

現状では恐らく干上がる寸前、本当にどちらも何があってもおかしくないような・・・とにかく買ってあげてください。出来は良いから。


任天堂の場合


何か最近は3DSがそんなに嫌いでもないのに、必要以上に叩いた感じがします。
先に2つどうしても褒めておきたいことがあります。

1つは、「3DSは予想よりも完成されたハード」という事。
正直な話、性能は確かに低いですが3DSだけでもゲームライフが成立出来るほどのボリュームのソフトは出ています。そういう意味では売れても納得できます。
あと1つは「ソフトの価格が時間が経ってもあまり落ちていない」事です。
以前のゼルダの伝説も3,000円以下で買うことは未だに困難です。
かなりの数が流通していてなおかつ価格が下がらないのは、それにふさわしい評価があると見るのが妥当です。

以前に書いた記事の時よりも、遥かに頑張っている・・これは確かです。
その辺りは評価すべきです。

でも任天堂は知っての通り、かなりの大赤字。
そしてこの赤字は今年になって増えると思っています。

何故なら3DSは3つの失敗、WiiUは4つの不安を既に抱えています。
まずはこの話から。



3DSの失敗の1つは、無理矢理主役に据えてしまったこと。

任天堂はこの1年でWiiとDSを実質切り捨ててしまったため、これからは3DSとWiiUの2台で頑張らなければなりません。

徐々にそうなるのは間違いないですが、ここまで急にやることはなかった。
Wiiは1,200万台、DSは3,200万台という圧倒的な販売数を誇るのだから延命策を考えるべきだった。DSはより専用的な教育機にするとか、別の活用法もあったはずなのだ。
ただ今さら盛り返すにも、もう遅い。
これ程巨大な市場は今後作れないのに、何をそこまで焦ったのでしょう?
ソフト1本あたりの利益率が高いWiiを切り捨てたのも大きすぎますし・・・



2つ目の失敗は、あまりに性能が低いこと。

FWのバージョンアップで、ようやくPSP並み。
発売当初は、7年前のPSPより性能が低くて値段が高い・・・どうしようもない印象がありました。実際、スマホやVITAに大きく見劣りしていますしね。

ただ噂ではVITAにも負けない高級機にする予定だったのですが、試作機がバグだらけでとても商品化できそうになかったので、削りに削って今の形に・・・かつてPS3並、という噂が立ったのはそういった試作機のことなのかも?
ただ、当初がバグだらけでもあと半年・・いや3ヶ月発売を遅らせればもっと向上できたはず。現状で売れていても・・・どの機種よりも見劣りしている以上、商品の寿命は短くなるのは自明の理、かと。今はライトユーザーも目が肥えてますし・・・



3つ目の失敗は、あまりに極端な値下げを行ったこと。

3DSは、2012年3月までには国内の販売数だけで500万台は売れると思います。
でも・・・1万円も値下げしたら、単純に500億円損することになるのでは?

任天堂は、この春には赤字を解消できると言っていますが・・・
例えば3DSは新品を1台につき6本購入してやっと黒字になるといわれています。
つまり500万台売れたのなら、3,000万本ソフトが売れないということか・・?
マリオ3D、マリカ7、モンハン3Gはよく売れたけど・・3月までの3本の合計は400万本強(出荷数ではなく販売数)、確かにこの3本はミリオンですが、それ以外はゼルダの50万本、ニンテンドッグズ47万、レイトン、イナイレは38万本・・・とかなり売り上げが落ち、10位くらいの売り上げだと15万本前後と、かなり落ちていきます。
恐らくは、今までの全ソフトの累計は1,000万本、出荷数は1,500万本くらいでは?
消化率は65%と計算すれば、妥当と思います。
あと数ヶ月で1,500万本の出荷なんて、一体どうやって・・・?
ラビリンスの彼方や、エースコンバットも売り上げは5万に届かない・・・とにかく重要なサードが売れないのは相変わらずです。
任天堂だけ売れたハードは、全て失敗に終わっているのは言わずもがな。

春にはパルテナの鏡、キングダムハーツ、ファイヤーエンブレム、ポケモンプラスノブナガと出ますが・・・4本合わせて200万本販売すれば凄い、というところでしょうか?

今年でミリオンいけそうなのは、どうぶつの森、2Dマリオ、まだ見ぬモンハン4・・3DSのみでこのラインナップで会社を食い繋げられるのか?

いくら売れたといっても、あまりに乱暴なやり方が目について実際に大赤字でした。
ただ任天堂は電通の手助けがあるとはいえ、販売の天才。
手腕を期待したいところです。



もう一つの主役であるWiiUは発売1年前にして不安と期待が大きいですが、既に4つの疑問(というより不安)があります。



1つは性能と仕様。

いろいろと噂されていますが、XBOX360の2倍のポリゴン数になる・・・こう言われています。これが正しいとすると・・PS3にも劣りますし、XBOX360とも大差が無く・・6年以上前のものと互角かそれ以下となると、やはり期待までは出来ない感があります。

さらにHDDには非対応は確定的。補助記憶装置はSDカードになりそうです。
SDカードはHDDと比べ、価格、容量、耐久性、速度と4点に劣ります。
利点は任天堂側に負担が少ない・・・これだけです。
次世代機向けソフトにはアップデート、DLC向けにHDDが必須のため、性能以上に出遅れる可能性があります。
さらにディスクドライブはビデオ再生機能の無いブルーレイ片層1面になりそう。
前作のWiiが、ビデオの再生機能をカットしたDVDドライブにすることで、DVD関連の特許料を払わずに済み、かつ独自規格と称することでソフト開発側に使用料を科すことができた・・これと同じでしょうか?
それは賢いのですが、ビデオが見れない分だけ商品の寿命が短くなり、他社のロイヤリティの上乗せのせいでサードが軒並み逃げていったWiiと同じ仕組みでは、商品としての寿命が再び問題になります。もう少しサード寄りの規格にしようとは思わなかったのでしょうか?
恐らくはコントローラーも価格と耐久性から、感圧式の1点操作になりそうですが・・・今時スマホでもそんな仕様のものは無い(粗悪な中華PADくらい?)ので、そこを突かれると苦しそうですし・・・特に海外では酷評される可能性も。



2つ目の不安は価格。

これだけ徹底的に価格を抑える工夫をしてあるにも拘らず、価格は予想よりも高くなるという噂が多い。
独自規格の多さと、高性能機を作るのに慣れていないため、開発費は安くできませんし・・さらにはあのコントローラーも安くはないでしょう。

一時は4万7000円前後という噂もありましたが、それではPS3より性能の劣る機体を倍の値段で売る・・というありえない内容なのですが・・それでも2万5000円ではとても売ることは出来ないでしょう。ソニーもマイクロソフトも研究を重ねた末で現在の価格で売れるのだから、任天堂がいきなりそんなことをすれば3DS以上の逆鞘になります。

あくまで個人的には・・3万4800円で売れれば勉強したな?という感じですが・・
この値段でも、予想を覆してPS3以上の性能ならOKな気もしますが・・さて?



3つ目はハードの開発状況。

今年出るハードなのに、開発中のソフトの画面はほぼ皆無。
先月、4人同時プレイの動画が出ましたが・・・コントローラーは有線で、ソフトのグラのレベルが低い。
10年前のゲームキューブの同時プレイと同じレベルのように見えたが・・・
以前、WiiUのリモコンの受信関係の部品が安く作りすぎて機能しなかったため、開発者には有線のコントローラーが支給されているという噂がありましたがが、あれから半年近く経ってそんな動画を流すのに何の意味が・・・

他社を油断させるためのフェイクだとしたらかなりの役者だが、株価が下がっている状況でそんなパフォーマンスは無理のような・・・?
先月末にようやく開発キットの最終段階が配られたと聞くが・・・この状況で、十分な量のロンチタイトルが揃うのだろうか?

また任天堂はネットワーク関連のノウハウが大きく遅れている。
実際、任天堂のネットサービスに関してはアカウントが無い。
これは、ソニーやマイクロソフトのハードでは機体を壊していても、購入履歴が残るので再ダウンロードしたり、同社の別の機体を買っても同じサービスを利用できるに対して、任天堂の機体は壊してしまうと、かつて買ったDL販売のソフト等は買い直さなければいけなくなるということだ。
さらには一旦販売したソフトのバージョンアップも難しい。
商品寿命が短く、他商品とのタイアップが前提となる現代では時代遅れな感がある。
こういったサービスの展開の遅さも、開発の遅延の一端と判断するべきか?

結果的に売れれば、こういった事も帳消しになるでしょうが・・不安が広がっている状況で情報が少ないことは好ましいことではない・・・さて?



4つは株価。

どんな会社も金が無ければ十分な開発は望めない。
だが、任天堂は赤字だけではなく株価も下がり続けています。
(一時よりは持ち直したようだが。)

この状況ではとても余裕は無いし、WiiUについては発表がある度に株価はむしろ下がっています。特に海外では3DSともども厳しい見方になりがちです。
海外の専門家は、「短期間に株価を大幅に回復する術が無い。」と言う方といますし・

このままでは、価格、性能ともに相当評価に値するものを発表しなければ、少なくとも今年度に於いては赤字の材料にしかならない予感が・・・焦ってはいけないが、焦りたくて仕方が無い状況。どうなるのか・・・・?



・・・と不安ばかりをあげてきたが、他ならともかく売るのがあの販売上手な任天堂なので、日本では結構売れるとは思います。
元々基本性能が高いので、多少は騙されそうですが?・・満足はいく方が多いでしょう。
ただ海外では?商品の寿命はどのくらいか?・・・不安材料がいつにも増して多いので、任天堂神話を維持できるのかどうなのか、興味は尽きません。
個人的にはWiiUは余程の好情報が無い限り、発売間際には買いませんが・・・皆様はどうでしょうか?

逆にこれだけの材料が揃って大ヒットしたのなら、任天堂の手腕は天下一品と呼んでよさそうです。実際その可能性もありますし・・・


IMG_0096[1]
任天堂のソフトを購入うえで最も厄介なのは、ソフトの評価は相当先にならないと解らないこと。出版物は任天堂のチェック、Amazon.comは信者と言われるファンで囲ってしまって過剰な良評価が付いてしまい、結局あてになりません。
任天堂にこちらが及び腰なのは、周りの評価を信用して買ったのに「どこがそんなに良いの?」というのがいくつかあったため、会社そのものを信用できない印象を持ってしまったことがあります。
マリオ3D →ボリューム不足、マリオカート7→以前とあまりに代わり映えしない・・どちらも良く出来てはいるけど・・・そういう意見がある程度飛び交っていないのは普通に不自然です。どちらも相当急いで作ったのは事実なんだし。
最近の例外では、どうしてもファンが黙っていないモンハン3Gでしょうか?
あれは非常に適切な内容で信用は出来そうです。

今回のバイオハザード リベレーションズも例によって異常な高評価に及び腰だったのですが・・・実は体験版よりも良い感じ。信者の過剰評価なんて受け流せば良かった。
強制日本語吹き替えと思いきや、字幕、言語ともにバイリンガル・・・細かいところまで気を配った良作です。
これが1年前に「こんなものか・・・」と思った同じハードとは思えない!
3DSはそんなに悪くはないが、元を取れたな?と思えたのはこれだけ。

確かに将来PS3やVITAでリメイクされるかもしれない・・そう思うところもありますが、どの道3DS版が売れなければ元も子も無いし、3DSには3DSなりの良さもあると思います。
VITAのアンチャには及びませんが、個人的にはそういった印象を抜いて1本のゲームとして評価をしたいので・・・

まだ最後までやっていないので、ボリュームと従来の世界観に沿っているか?・・とかは評価は出来ませんが・・初週が19万本、ということは通例ならこの倍が売り上げになるのがセオリーなのでハーフミリオンには届かずか?
かなり頑張っているのは確かなので、ハーフには届いても良いとは思うのですが・・ボリューム面では既に海外からも叩かれているようなのでこれが限界か?
3DSでもやる時はやる、と思える個人的には唯一のソフトなのに・・・

ちなみにモンハンやラグナロクオデッセイのようなあからさまに時間が掛かりそうなソフトは絶対やりません。それならコンバータを作ったほうが良いので・・・ごめんなさい。



nin0.png
余談ですが、任天堂に対して何か棘があるような文章になってしまうのは、任天堂よりも任天堂信者(妊娠、任豚、豚も含めて)が嫌になってくることがあります。
いや、ソニーだろうとMSだろうと信者は嫌なものですが・・・任天堂信者はやりすぎるエピソードが多い。
最近は3DSのイメージキャラクターはマリオじゃなくて、この豚ちゃんだったけ?
と勘違いすることも・・・・疲れているのかな?

「3DSは目に悪い」と述べた眼科医にしつこく絡んだり、3DSを非難したゲーム開発者に大量の嫌がらせのメールを送って無理矢理謝罪させたり、Amazon.comでソニーのソフトにデタラメな批判をしたり、任天堂を批判したブログの個人情報を勝手に公開したり、Wikipediaで任天堂社員が書いたようなベタな内容に仕上げたり・・・


nin1.png
・・・で、さらにはこんなように秘密警察ごっこのようなスレまであるらしい。
批判かどうかは、この私の独断だってさ!・・・・アホか。
ちなみに今はこのスレを立てた方は活動をしていないようですが・・・反省もしていないところが幼稚で恐い。
お望みの通り、任天堂は批判しない。だが信者は批判したい・・これなら満足か、信者くん?

ネットから少しでも外れれば、こういった手合いがごく一部の少数であることは解るので、少なくとも任天堂が悪いわけではないのだろう・・・・
でもいい加減、しつこいのは勘弁願いたいものです。
こちらは任天堂もソニーも等身大で評価したいだけなのですが・・・この数年で任天堂の赤字が続いたら、暴れるのか大人しくなるのか・・・・?




ソニーの場合

さて、ソニーの方ですが・・・・とにかく新型のVITAが売れていない。
この一言に尽きます。

どうしてもこちらはソニー寄りの意見になりがちですが・・・とりあえず、VITAは性能的には申し分が無いハードだと思います。

先の任天堂と較べてその言い方は・・・という方はいると思います。
でも本当に出来は良い。
確かにフリーズはありました、でもそれでも良いと思える。

WiiUには劣るものの、それに近いことができて自由に持ち出せる性能。
それ程の性能なのにタフなバッテリーと、綺麗な有機ELディスプレイ。
大きさはネックと言えばその通りなのですが、画面も大きいのでその点もそれほど悪くない。PSPもこの大きさでも良いのでは?と思えることも。
価格も高いけど、性能から考えれば安すぎるくらいなのですが・・・
難点を挙げるなら、扱いにくさとFWの仕様、そして本体の耐久性くらいでしょうか?

そしてソフトは平均点で付けるなら、これ程携帯機で良いハードは無いと言い切れます。ソフトが無いって・・ドラクエやFF、モンハンが無いだけでこの言われようなのか?
でも値下げ前の3DSもアレだったし・・・・

・・・・でも実際に売れていないよね。

任天堂の10分の1くらいしか台数は売れていません。明らかに発売当初の3DS以下。
贔屓目で見てはいけないが、本当に不思議なくらい売れていない。

去年も3DSが本体の割りにソフトが異様に売れないことに首を傾げたくなりましたが・・こちらも謎。どちらも今までありえなかったような状況で、影でどんな動きがあればこうなるのかは謎です。

ネガキャンといってもさすがに時効になりつつあるので、いつまでも同じ件で騒ぐのもおかしい。


でもソニーが撤退することは絶対に無いでしょう。

VITAは逆鞘ではなく、売れれば黒字なので撤退に意味は無いです。
ついでに言えば、ソフトも予想以上に順調に出ています。
販売数は3DSが落ち着いてVITAも相変わらずなので・・結果的に差は埋まりつつあります。

サードパーティから見れば、開発キットもロイヤリティも安く、開発しやすく利益も出しやすい。さらにはDL販売も割りと好調。
みんなのGOLF6は10万本ということになっているが、DL販売も含めれば15~16万本は売れているようです。
実際、ディスガイア3を出した日本一ソフトウェアはVITA版が売れたことを理由に(パッケージ版は約2万本)、業績を情報修正しています。確かに一般的なサードは任天堂よりは売れているし・・VITAの方が良いように思えますが・・・

・・・・でも実際に売れていないよね。

現状で開発中のソフトは必ず売るでしょうが・・・新規開発してくれる会社はあるのだろうか?・・でも3DSも苦しそう。あちらは3DS専用にグラを書き換えるのが必須なので意外と手間も掛かるはず。ムービー再生すら1ヶ月くらい要することもある特殊な仕様のようですし・・・そもそも報われるほど売れていない。
現状では、どっちが良いのかは判断が難しいです。


さて・・くらい話ばかりなので、閑話休題。
VITAの新規購入ソフトのレビューを追加します。
あまり参考にはならないかもしれませんが、どうぞ。


GRAVITY DAZE
2012-02-10-200010.jpg
さて・・・・VITAの顔役とも言えるソフトがようやく登場。
GRAVITY DAZEは自分は、体験版を厳しい評価をしたが製品版はどうか?
結論を言えば、良く出来ています。

体験版は異様なボリュームの無さ、テンポの悪さと操作のやり辛さが批判点ですが、製品版をしばらくプレイしているうちに印象が変わりました。

「つまらない」と言う方は結構います。
ただし、それは1時間くらいで止めたのではないでしょうか?
このゲームは最初に慣れるまでに数時間は掛かり、その間は時間を投資する必要があり我慢の子というところがあります。多分、これが最大の欠点でしょう。
でもこのゲームは良く出来ています。

操作のしづらさはどうしようもないですが反射神経が要るわけでもなく、結構慣れてきます。テンポに関しては実は能力強化でいくらでも良くなるため、次第に快感になります。新しいシステムですが、意外と慣れるのも早いのは良いですね。

新感覚というのは事実なのですが未プレイの方には解りづらいので・・・
あえて例えれば、Grand Theft AutoやL.A.ノワールとかを出したRockstar Gameがマリオみたいのを作れば、こんな感じになるのでは?・・当たらずとも遠からず、かな?
始めに出来るだけ緻密に街を作り上げ、それからジャンプアクションとストーリーを付けて、さらにプラスアルファ・・・それがGRAVITY DAZEです。
一見やや雑な絵ですが、町並みも通行人も見ていて楽しい。一見の価値があります。

批判票の中には、「任天堂のマリオと一緒にしないでください。」というのもあるが、実はこちらも同意見。
GRAVITY DAZEとマリオ3Dは同じ3Dのジャンプアクション、両社の新型ハードの顔役的存在、評価が高いと共通点は多いが印象は大幅に違う。
GRAVITY DAZEは奥深さと新鮮味では勝っているが、取っ付きの良さという点ではマリオに劣ります。つまりは・・

マリオ→「10人のうち10人がそこそこ満足がいくソフト」
GRAVITY DAZE→「10人のうち何人かは満足できないが、着いて行ける方には強い魅力があるソフト」


それぞれが目指す形はこんなところだと思います。
・・・でも、これってとても面白いですよね?
何故なら、これはお互いの会社の印象そのものです。
10人に印象良く見せる任天堂と、一部の方に魅せつけるソニー・・まさに互いに望む形を反映したソフトに仕上がったのではないのでしょうか?

もしこれを読んでいる方で、3DSもVITAも持ってない方がいたら3DSはマリオのみ、VITAはGRAVITY DAZEのみをそれぞれ5時間ずつプレイしてみると良いと思います。
もしこれで任天堂が気に入ったのならそのまま任天堂を、ソニーが気に入ったのならソニーを応援するのも良いでしょう。両社とも、将来像も含めてこんな感じがします。
(どちらかが業界から撤退すれば別ですが。)

この2つはほぼ同時期に出たのは、偶然でしょうが興味深い。
ゲームソフト1本でここまで考え方に差があるのか・・と思うと本当に感慨深いです。



ラグナロクオデッセイ
IMG_0038[1]
先に書きましたが、こんなに露骨に時間が掛かりそうなゲームは買いませんので体験版のレビューです。

それ故にあてになるかどうかは解りませんが、とても良く出来ています。
VITAの体験版の中では、これが一番です。
(ちなみにVITAではPSP用のソフトの体験版は入手できません。PSPもCFW化した状態では、手に入れづらいので・・)

ガンホーという韓国のメーカーでは評価しづらいかもしれませんが、実は製作はゲームアーツ。スマブラを初めとした、日本きってのアクションゲームのメーカーです。
その会社が作ったモンハンタイプのRPGなのですが・・
ジャンプ斬りをしただけも解りますが・・・結構荒削りな印象が強いです。絵も綺麗ですが、やや荒い。やはり本家ほどのノウハウを一気に作るのは無理があります。
ただし、この手のゲームの肝であるボス戦闘は実にやりがいがある内容です。
評価も口コミが広がり、高くなっているようですし・・しばらくはモンハンの代わりになると思います。
販売業者も期待しているようですが、このまま徐々にDLCを反映させてジワ売れを狙いつつもリメイクした続編を作って頂ければ、人気シリーズになりそうです。
別にモンハンが出ても、こちらはこちらでそれなりに売れると思いますし・・

「買っても損はしない。」
これが率直な感想。
これ以上知りたい方は、体験版を手に取ってください。



WIPE OUT 2048
2012-02-13-034955.jpg

操作感覚が独特です。
自機がレースゲームとしては異様に遅く、加速レーンに上手に乗り続けるのが唯一の攻略方法です。代わりに空を飛んでいるせいか、異様に良く効きます。

とにかくロード時間が長く・・・とても長く、強制的に操作感覚に慣れなくてはいけませんが・・・とにかく絵が素晴らしい。
本当に据え置き機並みのグラフィックです。

F-ZEROに近い感じで、人は選びますが・・・携帯機でこれ以上のグラは望めそうにないので、安いこともあり体験版をプレイして気に入ったら即買いで良いと思います。

評価ならこのソフト、VITAでは地味にトップクラスです。



あと、残りはVITAで購入したPSPソフトのプチレビューです。
個人の趣味でファルコムばかりですが、レビューを自分で追加したい方はどうぞよろしく!(絶対来ないのでこんな気前のいいことを書けるのは、秘密だ(苦笑)。)


英雄伝説 空の軌跡FC DL価格:2,980円
IMG_0033[1]
ファルコムが以前出したドラゴンスレイヤーVIの6番目の作品。
この作品が好評で、軌跡シリーズの起点となります。
・・でどうかと言えば正直、ごく普通のコマンド形式RPGです。
ただRPGの老舗が徹底的にユーザーフレンドリーに作っただけあって、とにかく良心的 。特徴が無い作品は嫌だ、と言う方以外なら誰にでもおススメできる作品です。
・・初めて見た時、「PSPでこんなに絵が綺麗なんだ!」とマジで驚いたけど・・今となってはね・・でも、全ての点で今でも満足できる作品だとは思います。
続編、VITAで早くゥ~~~~。


イースI & II クロニクルズ DL価格:2,980円
IMG_0036[1]
25年前にパソコンで大ヒットした作品のリメイク。
2本分入っていますけど、2本合わせても普通のRPGよりも短いくらいです。
作品のリメイクは十数年前で、全て2Dですが普通に丁寧なリメイクで十分普通に楽しめますが・・戦闘はただの体当たりと原始的。
そこを割り切れれば、丁寧に作られた良作です。
いまや古典的な作品ですが、スクショ見てOKそうならどうぞ。


イース フェルガナの誓い DL価格:2,980円
IMG_0095[1]
これだけ諸事情でPSPgoです。折角なのでついでに。
イースVIの後に開発されたIIIのリメイク版です。
後者のVIと似たような内容なのですが、もの凄く快適に動きます。
ゲーム自体も非常に良く作り込まれていますが、プログラム的にも大幅に進化。
完成度と、プログラムのテクニックの巧みさではPSPではかなりの上位に入ります。
ただし短いうえ、アクションのテクニックは相応に要求されます。
このため万人向けとは言い難いかも?


イースVI ナピシュテムの匣 DL価格:2,980円
IMG_0064[1]
PSP版はPC版の忠実移植ですが、とにかく処理落ちしやすいことが問題になりましたが・・VITAでは処理落ちは殆どしないようです。
ゲーム自体はPSPでもかなり書き込まれた良作レベルの作品。
絵と音楽とテンポの良さがシリーズ通してのウリ。
スクショで出来を判断してください。多分想像通りの作品です。


イースVII DL価格:2,980円
IMG_0067[1]
フルポリゴンに演出は進化しましたが、書き込み具合は落ちているかも?
最新作らしく、今時のゲームの流行も取り入れたバランスの良い作品です。
突出したものはないものの国内、海外問わず高評価。
いろいろ取り入れすぎてイースらしくないところもありますが、結構良いとは思います。それにしても当初からイースは7部作の予定らしいですが、この後どうするんだろ?


ペルソナ3ポータブル DL価格:2,300円
IMG_0043[1]
PS StoreのDL販売は中古ソフトより割高な商品が多い中、この作品はむしろ割安感もある作品。従来の猟奇的でダークな印象ではなく、代わりに学生らしく学生生活や恋愛要素を取り入れた新しいスタイルのペルソナで、アニメ化もされたペルソナ4もシステム的にはPS2版のペルソナ3と基本的には一緒です。
・・・で、PSP版では性能差も合わせて演出が大幅に簡素になりその点ではやや寂しい印象があるものの、その分テンポが良くなり、周回要素の強い本作にはかえって合っていると好評な作品。オリジナルのバランスの悪さの解消や、女主人公の追加も好評。
やり込み要素も充実の内容だが、完全版というべきPS2版のペルソナ3フェスの一部のシナリオが入っていないのでどちらが良いかは一概に言えない。
演出がややシンプルなのでPS2版経験者向けか?という気もしますが、VITAでベタ移植?の4が出るので予習として買うのも良いかも?


メタルスラッグ コンプリート DL価格:2,070円
IMG_0106[1]
アーケードの1~6と、2の改良版であるXの計7本が入ってDL価格が2,070円とお買い得なソフト。VITAでも十分に綺麗です。
普通に無限コンティニューなので、適当に縛りプレイを科せばソフトの寿命も長持ちすると思います。
魂の入ったドット絵の書き込みは職人芸。気分転換には向いているでしょう。


初音ミク Project Daiva Extend DL価格:4,700円
IMG_0055[1]
後にアーケードになりヒットした音ゲー、Project Daivaの3作目。
PVが綺麗になっているのが購入基準ですが、元がPSPなので・・・こんなものです。
一部の曲の難度が無理ゲーということと、前作よりも収録曲数が減っているなどバランス的には前作の方が良かったという声も。
DL価格が安いこともあり、初めて買うなら前作の2ndを買った方が良いかも?



IMG_0083[1]
でもこう言っては何だけど・・・最近で最もおススメできるのは3DSでもVITAでも無い。
iphone用の怒首領蜂 大往生(450円)とダライアスバースト(1200円)。
どちらも高品質で、何よりやたら安い。
ipadならアーケード並みの操作性も確保、死角無し。

IMG_0079[1]
iphoneとipadは出来ることは同じ?・・いや、少なくともそう答えるならシューターではない。VITAでもできるけど4,000円だし・・・この差は一体、どこから・・・?
これじゃあ、何をやっても苦しいわけだ。敵わないよ・・・・

PSPのダウンロード版は、基本的に「安くて良い物」で固めて紹介しましたが・・コスパで互角なのはメタルスラッグかペルソナ3ぐらいか・・・く、苦しい。

とまぁ、脱線記事にしてはえらく長いですが・・・今回はこれまで。
次回はかならずコンバータの記事にしますのでよろしく~~~~。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

信者は声がでかいだけで買いもしないキチガイなのであんまり気にしない方がいいと思いますよ。豚しかりゴキしかり。痴漢は箱の人気の下降に伴って消えましたが
ワイプアウトはPSPのパルスがPSPとは思えないグラフィックで驚いた記憶があります
ファルコムはPCのゲームをうまく移植していますよね。個人的にはぐるみんが一番はまりました
3DSは最近ぷよぷよ専用機と化してますね
怖いのは苦手なのでバイオ以外のワンパンチがほしいところです

記事更新お疲れ様です

vita買ってない私が言うのもなんですが、ホントに売れてないですね…零の軌跡のリメイクが出るので買いたいんですが、個人的にガガーブシリーズが好きなので…零の軌跡からギャルゲ要素が入ってきた感があるのは嫌いじゃないですが、あからさまな感じがして…

iOSのアプリは確かに完成度高いですよね
ですが私のiPod touchではiOS5はキツいらしく、音楽聴くだけで落ちる有り様…
古い物を切り捨てていくのはアップルのいいとこでもあり、悪いとこでもあるような…
しかしiOSやアンドロイドなどのスマホでギャルゲやエ○ゲができるのは、個人的に嬉しいですね

寒さが厳しくなってきましたがHARU様も身体に気を付けて下さい
次回の記事も楽しみにしてます

No title

> ぽぅ様

> 信者は声がでかいだけで買いもしないキチガイ

個人的にはそう思うのですが、数が多そうなので他の方がどう思うかも書いてみました。中には犯罪の一歩手前のストーキングまでしている奴までいると聞きますので、「ゲームやったら?」と言いたいですね。結局、何がやりたいんだろう?

Wipe Outは従来より絵が綺麗なだけな感じですが、あの絵は本当に凄いですね。
ファルコムの移植は確かに上手いです。ぐるみんは確かに上手に劣化していましたし・・任天堂には出そうとはしていませんが・・この会社はその方が良いかも?


> airclanon様

零の軌跡はまだギャルゲ要素はまともだと聞いていますが・・・碧の軌跡がハーレムらしいんで・・・あと、Vitaは買えば満足できると思います。

> iOS5はキツい

最新機種向けのようですね・・・旧型iphoneだとキツいバグもあるようですし・・・定期的に機種変更しないと満足できないと思います。

No title

まとめ記事お疲れ様です。
Vita本当に売れていないらしいですね、不満点はあるもののそれを補う良いハードだと思うんですが・・・。

今年は日本ファルコムすごいですね。
イース セルセタの樹海に零の軌跡Evolutionに那由多の軌跡。
那由多に関しては零碧の話の流れを一度切っての完全新作らしいですし。
セルセタと零に関してはVitaの機能を生かせれば面白いでしょうね!
試験的に試せば那由多以降の軌跡シリーズでも使えるでしょうし。

那由多はPSPだけなんですかね?
Vitaでも出ると思っていたんですが・・・。

No title

> Vita本当に売れていないらしいですね

あれほど高性能で、あれほどソフトの出来もよくて、あれほど売れない・・いままでに無かったパターンですね。未だに信じられないほどの苦戦ぶりです。
価格も騒ぐほど高くない、というか安いくらいです。
多分、WiiUの方が割高になりそうですし・・・・

きっかけがあれば、ブレイクしそうですが・・とりあえず、値下げはしないほうが良さそうです。任天堂を見る限りでは・・・・赤字では意味ないですし・・


> 那由多はPSPだけなんですかね?

売り上げ次第でしょうね。
丁寧に作っているのがウリなので焦らず作ってもらうのがこちらの望みです。
セルセタの樹海、零の軌跡Evolutionはこちらも予約して買うつもりです。
期待は大いにしたいところですが・・・セルセタの樹海は情報も少ないので、時間がかかるのでしょうね。
とにかく売れて欲しいので、こちらも微力ながら貢献したいですね。
購入+記事作成程度しか出来ませんが・・・

あと、那由多が完全新作なのは良いと思います。
何はともかく、頑張れファルコム。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。