スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンバータNo.60:聖エステラ学院の七人の魔女

2013年3月にアストロノーツ・シリウスから発売された聖エステラ学園の七人の魔女を劣化移植するためのプログラムです。

URLはこちら。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-s7d2i45bkawcpdnqpjwxjupjiq-1001&uniqid=8349560e-2c8b-49b2-ba03-7298b7405e95

※変換作業に入る前に必ず修正パッチを適用してください。



動作状況

・全キャラ、全ルート攻略可能。
・おまけモードは全て実装(一部、機能が異なります)。
・テキストの一部で文字化け、あるいは表示がおかしい箇所あり。
・効果音に一部再現されていない箇所あり。


変換方法

1:コンバータ全ファイル(赤.pngを含む)、imageUtility(添付ファイル含む)、soundUtility.exe(添付ファイル含む)、mplayer.exeを各.gxpファイルのあるディレクトリに置きます。

画像変換

2:1_画像合成_7witches.batを起動、立ち絵やシステム画像の合成、切り出しを行います。
3:2_画像変換_7witches.batを起動、画像ファイルを変換します。

ムービー変換

4:5_ムービー変換_7witches.batを起動して、ムービーを変換します。

TIPS:iphone、Androidで起動する場合
各ファイルの以下の部分を書き換えてから、画像変換作業を行ってください。

2_画像変換_7witches.bat

@set size1=1024
@set size2=800
@set reseze=100*%size2%/%size1%
@set size3=768
@set size4=600
@set resezey=100*%size4%/%size3%

PSP        iphone、Android
@set size2=360 → @set size2=800
@set size4=270 → @set size4=600



3_ムービー変換_7witches.bat

PSP        iphone、Android
scale=360:270 → scale=800:600


シナリオ変換

5:1kari1make_7witches.txtをimageutility061.exeにドラッグし、1kari1.txtを作成します。
6:7witches_1~2.plを順に起動し、1.txtを作成します。
※7witches_2.plの変換には少々時間が掛かります。

サウンド変換

7:4_サウンド変換_7witches.batを起動して、全ての音楽、音声ファイルの音声変換を行います。


アーカイブ作成

8:arcフォルダを、nsaed.exeにドラッグ、arc.nsaを作成します。


完了及び起動

9:arc.nsa、0.txt、1.txt、Default.ttf、EBOOT.PBP(PSPのみ)、ons.ini(PSPのみ)を任意のフォルダに入れて、各端末のonscripterを起動します。





聖エステラ学院の七人の魔女とは?
7witches_x00.png
2013年3月にアストロノーツ・シリウスから発売された作品です。
同ブランドはアストロノーツの中心的な存在であり、普段はSLG、RPGを作ることが多いのですが、テキスト形式のアドベンチャーゲームに関してはこの作品のみ発売されています。
ただしアストロノーツは元々アトリエかぐや team HeartBeatの中心スタッフが独立して立ち上げたブランドなのですが、同ブランドは虜の姫、夏神、霧谷伯爵家の六姉妹・・・とダークな雰囲気の作品を何度も制作していて、最も得意なジャンルとすら言えます。

今回の聖エステラ学院の七人の魔女はその流れを受け継ぐ作最も新しい作品であり、随所に作りなれていることが伺える作品です。

すぽコン!とはうって変わってダークな雰囲気で展開次第で主人公やヒロインが死亡したり、過激な陵辱シーンになる事もあります。

・・・この辺りは前回の記事と殆ど変わらないですね。
ゲームの概要自体は変わらないので、ここまではほぼ同じになってしまって申し訳ないです。




7witches_k00.png
前回と異なり、上記の画面が本来の完全版のマップです。
こちらとしては、出来る限り同一のキャラを選び続けてもらえれば・・・・
基本的に、こちらもプレイヤーがそう選ぶことを前提に作らせて貰っています。

ちなみに・・・前回の中途版では一人分の立ち絵の合成処理が抜けていたため、中途版の段階で変換された方はお手数ですが画像変換処理を最初からやり直す必要があります。
お手数ですが、アーカイブ(arc,nsa)の作成手続きをやり直してください。






それでは、キャラクター紹介です。
ヒロインは多めですがキャラは割りと立っているので、混同することは無いと思います。


黒羽 鏡花
7witches_k02.png
聖エステラ学院の生徒とは全てが良家、名家に「買われる」ための商品であり、常に優良であることが実質強要されている。
このためか生徒達には活気が欠け、極めて大人しく振舞っているのが普通で学内は異様な雰囲気に満ちている。

その中で勝気な性格を保ち、それどころかいつかは商品になる自分を誇らしげにアピールしているのが彼女であり、その存在は際立っており、同時に少々浮いているとも言える。
学院に慣れていない主人公にとっては気楽に話しかけられる数少ない友人であるのだが、それは彼女にとっても同様のようだ。

彼女の勝気な面は、元が潔癖で抑えが効かない性格からきているらしい。
それが災いしてなかなか友達作りに苦労しているようだ。
だが彼女の場合はそれどころではないトラブルに過去に見舞われているようだが・・・・




滝沢 茉奈
7witches_k03.png
2人部屋が狭いから嫌いという理由で、主人公の寮の部屋の屋根裏に住みついている謎の先輩。
何事も規律重視の学院で、何故そんな事ができるのかは全くの謎である。

良く言えば大らか、悪く言えばわがままでやりたい放題の性格で、屋根裏にいることをいい事に主人公の生活は(恥ずかしい部分を含めて)覗かれまくりで、頭が上がらない。
・・・ただこれだけ謎めいた事ばかりやっている故か、学院の裏の事情にも詳しく味方に回せばかなり頼もしい先輩でもある。

彼女の性格も行動も、どうやら彼女にとっての一番の親友に影響を受けているようだが・・・
茉奈先輩も悪くは無いが、個人的にはその親友の方がさらに好みのため、もっと出番を増やして欲しかったと願う今日この頃であるわけだが・・・どんな人かは、製品版でプレイして確かめてね。




弓館 ドリス
7witches_k04.png
学院一の美少女と噂されている少女でその言動、仕草は自然と男性を惹きつけるものがあるらしく、中には勝手に誘われたと勘違いして言い寄る者も少なくない。
加えて歯に衣を着せぬ強気な発言が多く、このためか彼女の人間関係も荒れがちである。

・・・これで心身共に気丈ならばそれで良いのかもしれない。
だが実際には自分の発言や態度を気にしていて、それに傷つき戸惑いもする・・・心の中の在りようも、強さもどこにでもいる普通の少女である。
・・・・だが彼女の容姿も何気ない仕草も、普通とはかけ離れ非常に目立つせいか落ち着ける環境もなかなか望めなかった。

そんな彼女の心が選んだもの、望んだものは「逃避」である。
・・・幸が不幸か彼女以外では到底得られない、とっておきの逃避手段を得ることができた彼女だが・・・・




南 いすか
7witches_k05.png
聖エステラ学院の生徒は大人しい・・・とはいったもののそれは学内の雰囲気に依るものが多く、基本的にはメンタルは普通の生徒達である。
・・・・だが当然、実際にかなり人見知りで、線の細い印象が強い生徒もいる。

いすかは極度の人見知りであり、人間不信にも陥っているようで現在では親代わりの立場でもある礼拝堂の神父に心を開くのが精一杯の気弱な少女である。
だがそうなったのは事情があり、彼女の家庭は・・・・・・まぁ、何と言うか

超不幸系のヒロインっす!

まぁ・・・一時期のエロゲーが不幸度グランプリが行えるくらいの不幸系のキャラがいっぱい出てきましたから、彼女が特別・・・ということはないかもしれません。

それでも彼女には幸せになってもらいたい・・・そう思いました、まる。




天賀瀬 智美
7witches_k06.png
学院の中でもトップクラスの優等生であり、常に柔和な微笑を絶やさないことで知られる先輩。
・・・だがその裏で下級生に性の手ほどきを幾度となく行っているイケナイ先輩でもある。
この学院での不埒な行動は、過剰なまでの厳罰が待っているのを知っていながら、よくやるものでる。

それだけに留まらず、彼女は友人を引き連れてこんな儀式めいたことを・・・
その名も「黒百合の園」・・・・その名前のイメージ通りのいかがわしい行いも度々行っているようだ。

だが以外にもこの黒百合の園・・・やっている事はともかく、目指すものは意外と健全のようだ。
この会が結成された目的とは・・・・




城之園 杏里
7witches_k07.png
エステラ学院の、高齢になった学園長の代理を務める女性。
明確な役職で呼ばれることがあまり無いようだが、普通の学園で言う教頭の立場である。
正直言って・・・・

このゲーム以外で出ていたら悪役になりそうなキャラである。

聖エステラ学院は身寄りのない生徒を引き取り英才教育を施し、良家、名家に養子として高額で買い取らせるための機関であることを堂々と宣言している。
このため成績、素行の悪い生徒には容赦も迷いもなく厳罰を課すため、生徒からは畏怖の対象になっている。
だが主人公は彼女の決めた枠組みの中にいる限りでは扱いが悪くないと理解しているため、少なくとも畏怖の対象とはなっていないようだ。

生徒に厳しくあたるにはまず自分自身が誇れる存在であることが重要であると誰よりも理解し、生徒には無い魅力のある大人の女性であり、同時に屈強な精神を持った女丈夫でもある。
このためなのか・・・・全ヒロインの中で彼女のみバットエンドが存在しない。
心身ともに磨き上げ、鍛え上げてきた彼女にはバッドエンドフラグさえ寄せ付けないのかもしれない。

・・・そんな彼女ではあるが、こちらとしてはどうしても一言申し上げたい。

貴女がしっかりしていれば、そもそもこんな大事件は起こらなかったのですよ!

一体、どうしたらこれだけの大事の兆候を見逃せられるのか・・・
このゲーム最大の謎の一つである。




室山 和子
7witches_k08.png
この学院の寮母を務める女性。
聖エステラ学院は生徒を商品として売ることが目的である以上、食事に関しては一流のテーブルマナーを身につける必要もある。
彼女はそういった学院の意向をほぼ完全に満たすだけの料理の腕を持ち、高級料理を含めた殆どの料理を一人で受け持つことが出来る非常に優秀な女性である。

・・・ただそれだけのハードルをこなすだけあってか?
その労に見合うだけの下心もしっかりと持ち合わせている。

自分の欲望に素直というか・・・気に入った生徒を「つまみ食い」することにも余談はない。
そのためには搦め手も使うことも躊躇わず、学院側もある程度は見逃しているところもあるようだ。

・・・・そして彼女の狡猾な罠?に掛かりそうになるある主人公に対してある人物が忠告する。
「あの女にハマリすぎないことだ。 取り返しがつかなくなっても知らんぞ」
彼女には、一体何があるのか?



杏里と並ぶ中年女性のヒロインだが、アストロノーツ系(というより前身ともいうべきアトリエかぐや team Heartbeat)の頃もそうだが、こういった女性を無理に若作りするような描写はせず、代わりに非常に濃厚な描写を好んで入れる風潮がある。
この部分を高く評価するファンも存在し、中年女性を攻略するエロゲーの中でも髄一と言えるかどうかは解らないが(その手のジャンルの作品をあまり個人的にはやらない)、この点に関しては定評のある作品を多く作り出している。

あくまでメインの攻略対象は美少女キャラであることはユーザー、メーカー共に承知しているものの、こういった評価が与えられている事が納得できるだけの描写力はある。
中年女性を魅力的に描写したい方にとっては、参考になるかもしれない。

このソフトを入手しようとする多くの方が美少女キャラを攻略目的であることは解るが、この事を頭の片隅に置いておくのも、悪くは無いと思う。




しらせ
7witches_k01.png
エステラ学院では度々生徒が行方不明になるといった、奇妙な噂話が多くある。
・・・そしてそれらの噂の根源として出てくるのが「魔女」である。
いるかどうかも定かではない魔女だが、ある意味エステラ学院を精神的に支配している存在なのかもしれない。

そしてその中でも最も特別視されているのが、「はじまりの魔女」と呼ばれる少女である。

或る者は言う。
「魔女に会った者は、願いがかなう」

或る者は言う。
「魔女に会った者は、魔女にされる」

・・・そして或る者は言う。
「彼女に近づかないほうがいい。深入りすれば、殺されるぞ」

主人公が「はじまりの魔女」に会う時は、常に周囲に鳥や小動物の死体があった。
彼女は周りは常に、謎と死に満ちている。

一体、「はじまりの魔女」とは何者なのだろうか・・・・・




さてこの聖エステラ学院の七人の魔女・・・ゲームとしての評価ですが、実はどう評価すれば良いのか、なかなか難しい。

Amazon.comを見ていると結構低評価が多いのだが、こちらとしてはそこまで悪いとは思わない。
・・・ただ周囲に是非プレイして欲しいと強くおススメできる作品でもない感じです。

攻略キャラは七人プラス一人と多めですがヒロインにはしっかりと個性があり、「髪型が違うだけで中身が同じ」ということはなく・・・話のバリエーションも富んでいます。
少なくとも魅力に欠けるとは思いません。
話としても適度な長さでCG、テキスト共に描写のレベルは高く、話に付き合える方なら確かに面白いとは思います。
ただ・・・反面、緻密さには欠ける印象があります。

この物語の裏では大掛かりな悪事は働いているのですが・・・それを実行する者達は器量が低く、魅力に欠け、人数も十分にいるとは思えません。
目的も決して高みを目指す何かがあるわけでもないせいか連携も弱そうで実際、物語の中でも度々明るみに出そうになります。
それなりにフォローを加えた文章はあるものの、これだけの悪事を成し得た理由は「宝くじレベルの幸運」に恵まれていたとしか思えません。
いわば下衆な悪党が、大事を成そうとするわけですが・・・普通はここまでに至らずバレるはずです。

例えば非常に長編の推理小説を読んだ時、犯人が下衆な小悪党だったらしらけてしまうような気がしませんか?
犯罪者が人間的に魅力に欠ける人物であることは実社会ではよくある事なのである意味「リアル」かもしれません。
ただ読み物である以上、犯人の主張があまりに残念だったなら・・・読む方から見れば「こんな奴を見るために時間と金を投資したのか?」・・・と落胆する方はいると思います。
こういった残念な犯人を普通に出して評価を得られるのは、名探偵コ○ンくらいだとも思います。
・・・これがこの作品に対して適切な例えかどうかは解りませんが、何か強烈に足を引っ張る要素があると思います。
(陵辱シーンにはこれくらい下衆な方が雰囲気が出るというぶっ飛んだ擁護はあるかもしれませんが(笑)。)

元々魔女が七人いる必然性が無い(強いて言えばタイトルの語呂の良さ)ので、ヒロインを一人減らしてでも悪役側に重要な人物を入れて置けば違う評価になっていたかもしれません。
ダークでシリアスな作品では悪役が物語を締めるうえでは重要な役を果たします。
理由があれば人を殺しても良いというわけではないですが、それでもある程度の必然性、整合性なり何か納得できるものがあるかどうかはやはり重要で、それが無いためかどうしても締まりが悪い印象があります。

こう考えてみると、この作品を素直におススメできるのは「おっさんエロゲーマー」でしょうか?
振り返ればサターン時代の名作(河○崎家とか野々○病院とか)のような雰囲気がベースで、エロ要素をメインに2010年代にアップデートしたような印象があります。
確かに昔のエロゲーにはどうしようもない小悪党が跋扈していた印象があるため、そういった作品に慣れた方なら懐かしさを感じて馴染めるのかもしれません。
若手の方なら、とりあえずエロ目的で購入してあまり期待せずに雰囲気を試してみるのが無難かもしれません。
15年前に同じ作品を出していたら名作扱いされていても良さそうですが、今の時代では・・・という気がします。


・・・ただこれも全て終わらせてから言える外野の意見なのかもしれません。
ゲームに限らず、シリアスな作風で評価を得た作家が再び同様の作品を作り上げたのだが評価はイマイチ・・・よくある話ですが、そこで慎重に分析すればその差は「魅力的な悪役がいたかどうか?」・・・この一点だと思えたことが過去にありました。
ただ仮に魅力的な悪役がいたとしても同様の高評価、高い売り上げがあったかといえば別の話で・・時流に乗れなければ結果は同じという可能性は捨て切れません。

そういう意味では、この作品は不幸にも「人気の谷間」にあった作品と言うべきなのかもしれません。
製作したスタッフの素性は決して悪くはなく、話としては読めるとは思うのですが・・・・

ただ悪く言うとしてもこの作品は「描写が冗長で読むのに耐えられないタイプ」ではなく、むしろテンポは良いと思えます。
このため願わくばこの作品を変換を希望される方は最後までプレイする時間を「投資」していただければ・・と思います。
Amazonn.comでの評価の多くが「最後までプレイしていない」という印象があるので必ずしも満足頂ける保証はないものの、できるならそれを承知でプレイして頂ければもう少し高めの評価は得られたかもしれません。
さすがに悪評まみれに晒されるほど、レベルが低い作品ではないはずですが・・・・







とりあえず、アストロノーツ系の作品の移植はこれで一段落はついたということで・・・

そういえば先日のすぽコン!の件ですが・・・・
実は意外と商品化に恵まれています。

(えれくと!とセットとはいえ)画集、アニメ(エロアニメ:全2話)、香津美の枕カバー・・・・・
アニメはハーレムタイプのようですが話の尺の都合上、止むを得ないかと。
あとはフィギュア化されれば・・・・・さすがに苦しいか?

アストロノーツ系では最もメディア化されている作品だと思います。
よければ合わせてチェックしてみてください。




とりあえずは、No.61に向かって準備を進めようと思います。
・・・それでは。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

初歩的な質問になってしまうのですがバッチファイルが認識できなくて困っています。
あまりコマンドプロントに慣れていなく難しそうなら諦めますので、
大雑把な解決案を教えて頂けたら嬉しいです。
環境はwin732bitです。

No title

> 蚕様

情報が不足していて、現状では何も・・・
通常ならダブルクリックで起動できるはずですし・・・コマンドプロンプト上での動作で不具合があるなら、エラーメッセージが出るはずです。
何も情報が得られないことは無いはずですが・・・


プロフィール

HARU

Author:HARU

ブログ開設にあたって
管理人HARUへのメール
メール等ご連絡はこちらにお願いします。
haruharu【アット】gmail.com
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
コンバータリンク集
今まで製作したコンバータのリンク集です。(ブランド別)
=Alcotシトラス様=
・死神の接吻は別離の味

=AXL様=
・恋する乙女と守護の楯
・キミの声が聞こえる
・Princess Frontier
・ひだまり
・Like a Butler
・Like a Butler(体験版)
・かしましコミュニケーション
・かしましコミュニケーション(体験版)

=C-side様=
・赤線街路~昭和33年の初雪~(リニューアルしました!)

=Ciel様=
・フォルト!!
・フォルト!!(体験版)

=CLAPWORKS様=
・もろびとこぞりて

=etude様=
・秋空に舞うコンフェティ

=feng様=
・青空の見える丘
・あかね色に染まる坂
・星空へ架かる橋

=Frontwing様=
・めがちゅ!(リニューアルしました!)
・きみはぐ
・そらうた(Vista対応版)
・ほしうた

=LiLiMi様=
・昇龍戦姫 天夢
・Aion Garden
・あい☆きゃん
・女神大戦

=mixed up様=
・StarTrain
・夏空少女

=PrincessSugar様=
・姫様限定!

=Ricotta様=
・プリンセスラバー!
・ワルキューレロマンツェ

=sugar pot様=
・WIZARD GIRL AMBITIOUS

=あかべぇそふとつぅ様=
・こんな娘がいたら僕はもう・・・
・その横顔を見つめてしまう~a profile~完全版

=キャラメルBOX様=
・処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー

=キャラメルBOXいちご味様=
・とっぱら~ざしきわらしのはなし~

=きゃんでぃそふと様=
・つよきす3学期
・つよきす full edition

=コットンソフト様=
・ナギサの

=すたじおみりすペレット様=
・チュートリアルサマー

=ステージなな様=
・ナルキッソス3rd~Die Dritte Welt~

=チュアブルソフト様=
・あまなつ

=ねこねこソフト様=
・<特集>ONSを通じて、ねこねこソフトの歴史を振り返る。
・Scarlette(スカーレット)
・ラムネ

=ゆずソフト様=
・ぶらばん!おためしばん
・ExE!おためしばん

=暁Works黒様=
・ボクがワタシになった理由~女装計画~

相互リンク
・PSP-君でもできること
管理人:さくりん様

・m-akita's Home Page
管理人:m-akita様

・奥行きの無い世界で―
管理人:ろーえんど様

・ゲーム関連日記
管理人:tales fan様

・ざれの日々の駄文置き場
管理人:ざれ様

・PSPの限界
管理人:さらぶれっど様

・fuの戯言日記
管理人:fu様

・おこのみ!R-18
管理人:エゴ様

・THE PSP攻略+α ~SONYへの挑戦状~
管理人:七次元様

・Herbasブログ
管理人:Herbas様

・ふもっふの暇人日記
管理人:モフ様

・たったひとつの冴えたやり方
管理人:NGSW様

・Snake00の移植日記
管理人:snake00様

・暇人の戯言
管理人:暇人様
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。